BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★★★その悩み、哲学者がすでに答えを出しています 小林昌平

f:id:akinaritodoroki:20190909001512j:plain

目次

はじめに

仕事

自意識・劣等感

人間関係

恋愛・結婚

人生

死・病気

おわりに

 

名言Select

  • 哲学とは生きながら死ぬことを練習することである。
  • 私たちの行為が私たちの人格全体から出てくるとき、私たちは自由である(ベルくリン)
  • 原因によって生じたものは、すべていつか消えてなくなる(縁起という概念)
  • 瞑想することは悩む人から悩みを観察する人になること。
  • 幸せで楽しい体験も、思い出したくもない失敗の体験も、同じように因果でつなぎ合わされて、めぐりあっている(ニーチェ
  • 大文字の他者」に認められるという実感を得ることがなければ、十分に満足することができない。
  • 人は2つの快楽が目の前にあるとき、質の高い方を選ぶ。
  • ゆるしは、自分を傷つけた相手との断絶を解き、相手が最初に犯したあやまちと、その仕返しが連鎖してしまう可能性から、相手と自分を自由にすること。

 

感想

哲学というと敷居が高いですが、日常的な悩みに対して古典的な哲学で答えを示してくれることで、哲学の本来の意味があると思いました。また読み返したい本です。

★★なぜ、優秀な人ほど成長が止まるのか 何歳からでも人生を拓く7つの技法 田坂広志

f:id:akinaritodoroki:20190901095546j:plain

目次

はじめに 「7年遅れのランナー」の成長戦略

序章 なぜ、優秀な人ほど、成長が止まってしまうのか 成長を止める「7つの壁」

第1話 学歴の壁 「優秀さ」の切り替えができない

 棚卸の技法 「経験」から摑んだ「智恵」の棚卸しをする

第2話 経験の壁 失敗を糧として「智恵」を掴めない

 反省の技法 「直後」と「深夜」の追体験を励行する

第3話 感情の壁 感情に支配され、他人の心が分からない

 心理推察の技法 会議では、参加者の「心の動き」を深く読む

第4話 我流の壁 「我流」に陥り、優れた人物から学べない

 私淑の技法 「師」を見つけ、同じ部屋の空気を吸う

第5話 人格の壁 つねに「真面目」に仕事をしてしまう

 多重人格の技法 自分の中に「様々な自分」を育て、使い分ける

第6話 エゴの壁 自分の「エゴ」が見えていない

 自己観察の技法 「自分を見つめるもう一人の自分」を育てる

第7話 他責の壁 失敗の原因を「外」に求めてしまう

 引き受けの技法 起こったトラブルの「意味」を、深く考える

終話 あなたの成長には、まだ「その先」がある

 

気付き

(1)学歴的優秀さと職業的優秀さの違い

学歴的優秀さ(=勉強ができる)とは、論理的思考力と知識の修得力という2つの能力が優れていることを意味している。これに対して、職業的優秀さ(=仕事ができる)とは、さらに高度な直感的判断力と智恵の修得力において優れていることを意味する。仕事の世界においては、論理的に考えて答えが出る問題よりも、感覚や勘といった形で直感的に判断しなければならない問題が多い。

(2)自分の心こそが最高の教材になる

負の感情が動いた経験こそが、人間の学びを深めてくれる。自分自身の経験とそこで味わった感情こそが、人間の心の中ではどのような場面でどのような感情が動くのか、その心の機微を学ぶかけがえのない機会となる。

(3)人格を使い分ける

優れたプロフェッショナルは、自分の中に様々な人格を持ち、それを仕事の場面や状況に応じて、見事に使い分ける。世の中で頭が堅い、融通が利かないと言われるビジネスパーソンは、目の前の状況に対して、一つの人格でしか対応できず、その場の状況に合わせて、柔軟に適切な人格で対応することができないタイプ。様々な人格を場面や状況に応じて適切に使い分けるためには、置かれた状況の判断、周囲の人間の心境の感知、適切な人格の選択、自然な人格の切り替えという一連の作業を瞬時に行う必要があり、精神的な基礎体力(スタミナ)が無ければ、この高度で複雑な行為である「人格の切り替え」はできない。

 

名言Select

我々は、言葉にて語り得るものを語りつくしたとき、言葉にて語り得ぬものを知ることがあるだろう(ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン

 

感想

優秀な人がつまずく壁について整理してあり、またそれに対してどうすればいいかという処方箋があり、面白い本でした。

 

NEXT ACTION

  • 自分の負の感情に注目する。

★★★具体と抽象 世界が変わって見える知性のしくみ 細谷功

f:id:akinaritodoroki:20190818173114j:plain

目次

はじめに

序章 抽象化なくして生きられない

第1章 数と言葉 人間の頭はどこがすごいのか

第2章 デフォルメ すぐれた物まねや似顔絵とは

第3章 精神世界と物質世界 言葉には二つずつ意味がある

第4章 法則とパターン認識 一を聞いて十を知る

第5章 関係性と構造 図解の目的は何か

第6章 往復運動 たとえ話の成否は何で決まるか

第7章 相対的 「おにぎり」は具体か抽象か

第8章 本質 議論がかみ合わないのはなぜか

第9章 自由度 「原作」を読むか「映画」で見るか

第10章 価値観 「上流」と「下流」は世界が違う

第11章 量と質 「分厚い資料」か「一枚の図」か

第12章 二者択一と二項対立 そういうことを言ってるんじゃない?

第13章 ベクトル 哲学、理念、コンセプトの役割とは

第14章 アナロジー 「パクリ」と「アイデア」の違い

第15章 階層 かいつまんで話せるのはなぜか

第16章 バイアス 「本末転倒」は起こるメカニズム

第17章 理想と現実 実行に必要なのは何か

第18章 マジックミラー 「下」からは「上」は見えない

第19章 一方通行 一度手にしたら放せない

第20章 共通と相違 抽象化を妨げるものは何か

終章 抽象化だけでは生きにくい

おわりに

 

気付き

(1)世の永遠の議論

世の永遠の議論の大部分は。どのレベルで話をしているのかという視点が抜け落ちたままで進むため、永遠にかみ合わないことが多い。また、話がコロコロ変わると思われている人も、その人の話がコロコロ変わっているのではなくて、話を聞いている側に問題があることが多い。具体レベルでしか相手の言うことをとらえていないと、少しでも言うことが変わっただけで、心変わりと捉えてしまうからだ。抽象度が上がれば上がるほど、本質的な課題に迫っていくので、そう簡単に変化はしないもの。

(2)抽象的な二項対立と具体的な二者択一

抽象レベルで二項対立を捉えている人は、そこに考える視点(ものごとを考えるための方向性や視点)が出てくる。これに対して具体レベルでのみ見ていると、二項対立も二者択一に見えてしまい、世の中そんなに簡単に二つに分けられないとなってしまう。抽象レベルの方向性だけ示しているだけで、それに対する例外事項をあげはじめて反論をする。これは、全くレベルがかみ合わない議論になる。

(3)視野を広げる

抽象化思考を妨げるのは、自分(自分の仕事・組織・業界)だけが特別・特殊であるという考えである。人間は他人の成功例や失敗例は、あれは自分とは違うと考えがちで、他人に自分の話を一般化されることを嫌う傾向がある。抽象化思考を促すには、多種多様な経験を積むことはもちろん、本を読んだり映画を見たり、芸術を鑑賞することによって実際には経験したことのないことを議事経験することで視野を広げることができる。

 

感想

書いてることは、至極当たり前のように感じます。しかし、この本の価値は、書いてある中身よりも、具体と抽象に関する議論を体系的にまとめている点だと思います。つまり、目次にこそ価値があると感じました。

 

NEXT ACTION

  • 本や映画や芸術で、自分の視野を広げる。

★★★後悔しない超選択術 メンタリストDaiGo

f:id:akinaritodoroki:20190817075053j:plain

目次

第1章 選択の仕方にはスタイルがある

第2章 「後悔しない選択」をするための準備

第3章 「後悔しない選択」をするための習慣

第4章 選択力を鈍らせる5つの落とし穴

第5章 「後悔しない選択」をするトレーニン

 

気付き

(1)意思決定スタイル

意思決定スタイルは、①合理的スタイル、②直感的スタイル、③依存的スタイル、④回避的スタイル、⑤自発的スタイルの5つの分類される。さらに、選択して出た結果をどう受け止めるかにも大きく分けて完璧主義(マキシマイザー)と完了主義(サティスファイザー)の二つのグループがある。それらを掛け合わせると5×2=10通りのパターンとなる。

(2)10-10-10テクニック

重要な選択をしなければならないときは、この選択をした10分後に自分はどう変わるのか、この決断をしたら10か月後に後悔しないかどうか、この道に進んだら10年後に自分は幸せになっているかを考える。短期・中期・長期の3つの未来の視点から選択肢を見極めることで合理的な選択ができる。

(3)選択疲れ回避テクニック

選択疲れを回避し、冴えた頭をキープするためには、①1日にプランを作り、それに従い行動する、②自分の中でルールを作る、③物を増やさないこと。

 

感想

心理学や科学の知識(バイアスなど)を、個人が使えるかたちにまとめてくれているのが素晴らしい点だと思います。

 

NEXT ACTION

  • 衝動に駆られそうになった際には、10分後・10か月後・10年後を思い浮かべる。

★デキる人になる報・連・相入門 山口真一

f:id:akinaritodoroki:20190816144849j:plain

目次

プロローグ 「報・連・相」ができれば仕事が楽しくなる!

Part1 これが正しい指示・命令の受け方だ!

Part2 報告力を鍛える5つのポイント!

Part3 連絡力を鍛えてモレなくスピーディに!

Part4 相談とは上司の知恵を借りること!

Part5 仕事をうまく進める打ち合わせの原則!

 

気付き

(1)報告の類型

報告には基本的なものが3つ:①結果報告、②中間報告、③トラブル報告。そして応用的なもの2つ:④変更報告、⑤情報報告がある。

(2)伝言者の名前を確認する

代理で電話に出た人に伝言を頼む場合は、相手の名前を確認したうえで伝言内容をファックスかメールで送信して記録を残す。

(3)聴き上手になるポイント

①親近、②真摯、③受容、④共感、⑤純粋、⑥謙虚、⑦促進、⑧把握、⑨確認、⑩反応。

 

感想

基本的な内容でした。新入社員向けだと思います。

 

NEXT ACTION

  • 伝言時には伝言者の名前を確認する(自分が伝言する場合も名乗る)。

★★科学的に元気になる方法集めました<ライト版> 堀田秀吾

f:id:akinaritodoroki:20190816111734j:plain

目次

1 まず習慣にしてほしい元気のスイッチ5つ

2 パフォーマンスとテンションを高める習慣

3 元気を出すために「やってはいけない!」習慣

4 心を平静に整えてくれる習慣

5 最高のスタートを切るために朝一番に試したい習慣

6 幸福感を高めてくれる習慣

 

気付き

(1)ぼーっとすると脳は平常時の15倍働き、良いアイデアがわいてくる

(2)コーヒー豆の香りには、睡眠不足や疲労の原因とされている活性酸素によって破壊された脳細胞を呼び戻す効果がある

(3)勝負の直前に不安を書き出すことでパフォーマンスがむしろ高まる

 

感想

既に知っていることもありましたが、科学的に裏付けのある良い習慣がまとめられています。これらを全て実践すれば日々の生活はかなり元気良くなるはずです。

 

NEXT ACTION

  • 漠然とした不安は書きだす(ワーキングメモリを解放する)。
  • やけ酒はしない。

★★漫画 動物が教えてくれる「競争社会で生き残る方法」 麻生羽呂・篠原かをり

f:id:akinaritodoroki:20190816102453j:plain

 

動物の面白い習性から人間社会への学びや教訓を見出している漫画です。

動物の豆知識としても非常に面白かったです。

★★★システム思考 複雑な問題の解決技法(Business Dynamics) ジョン・D・スターマン 枝廣淳子・小田理一郎訳

f:id:akinaritodoroki:20190815230117j:plain

目次

第1章 複雑なシステムにおける学習、複雑なシステムについての学習

第2章 システム・ダイナミクスの実践

第3章 システム思考のプロセス

第4章 ダイナミックなシステムの構造と挙動

第5章 ループ図

第6章 ストックとフロー

第7章 成長のダイナミクス

第8章 人間行動のダイナミクス

第9章 不安定性のダイナミクス

第10章 まとめ-システム・ダイナミクスをうまく活用するための原則

 

感想

学生時代の研究にも使っていた愛読書です。

世の中、ビジネスの見え方が変わる本です。

フィードバック構造や、成長曲線など、理論的に捉えます。

テレビ等といったイノベーションの普及の数式などもあります。

500ページ近くありますが、ビジネスマン、経営者の方におすすめです。

★研究開発プロフェッショナルのための発明バイブル 泉通弘・吉田武弘

f:id:akinaritodoroki:20190720214019j:plain

目次

まえがき

共著者(第1部)からのメッセージ

第1部 特許提案1566件~発明の鉄人からのメッセージ

第2部 発明を提案しよう!~弁理士からのメッセージ

 第1章 特許制度

 第2章 発明の創出

 第3章 特許出願

 第4章 クレームと明細書

 第5章 職務発明

 第6章 審査

 第7章 特許登録後

あとがき

 

特許制度について実務面から学べる本です。

★会社脳の鍛え方 あなたがしていい失敗、してはいけない失敗 小山昇

f:id:akinaritodoroki:20190714213153j:plain

目次

第1章 あなたは失敗するために社会に出ました

第2章 会社は仕事をするところではありません

第3章 あなたはいま、無我夢中で働くべき時期です

第4章 ほんの小さな心掛けがあなたを「仕事ができる人」にします

 

気付き

(1)会社では創意工夫はあまり価値を持たない

本当は創意工夫よりも真似の方がずっと高いスキルを要する。99%の真似、そこに1%の創意工夫を加える。世の中で「革新的」と言われるあまたの製品やサービスも、皆そうして生み出されてきた。

(2)新しい仕事は古い仕事より優先する

お客様や市場は、それこそ分秒の単位で変化している。業績を上げるとは、こういう急速な変化に対して自社・自部門を確実にミートさせるさせていく作業に他ならない。その作業こそ新しい仕事。つまり、特別な事情が無い限り新しい仕事は古い仕事よりも優先度が高い。

(3)能動的か受動的かが楽しさを決める

この世には勉強が嫌いな人はいない。勉強のやり方が嫌いな人がいるだけ。同様に、仕事が嫌いな人はいない。仕事のやり方が嫌いな人はいる。経験を重ねて仕事のやり方が身に付いてくると景色は一変する。

 

感想

新入社員が仕事の基本的なスタンスを身につけるのに良い本だと思いました。

 

NEXT ACTION

  • 新しい仕事を古い仕事より優先する。
  • 失敗して良い範囲で仕事を任せる。

★「叱らない」で部下を育てる技術 叱りゼロプロジェクト

f:id:akinaritodoroki:20190714113631j:plain

目次

序章 なぜ、うまく叱れない上司が増えているのか

第1章 「叱る」ことにまつわる8つのジレンマ

第2章 「叱る」をやめると部下がぐんぐん動き出す!

第3章 「叱らない」からうまくいく!3つの解決策

第4章 「叱らない」でできる!部下を認めて伸ばす20のルール

 

気付き

(1)部下の正しい方向への導き方

①事実と感情を切り分ける。②事実(=問題点)を改善するにはどうすればいいのかを、部下との対話を通して探っていく、③部下の問題、ミスの原因と合わせて改善策を考える。なお、改善策は3つの原因に照らし合わせると考えやすい。ミスの原因は、人に由来するミス(知識・スキル不足、慣れ・過信、集中力・コミュニケーション不備)、道具に由来するミス(煩雑なマニュアル等)、環境に由来するミスがある。

(2)感情と事実を分けるセルフコントロール

まず自分の気持ちに耳を傾ける。セルフトークをしながら自分の気持ちに寄り添って言葉の中に隠れた感情に気付き、冷静な自分を取り戻す。そして一度遠くを見た後に近くを見る。未来のありたい姿に思いを馳せ、そこから現在に目を向けると、目の前の問題がそれほど大きく感じられなくなり、イライラや不安が軽減される。

(3)改善要求はIメッセージで伝える

部下の行動を促すのに効果的な方法がI(アイ)メッセージ。私(I)を主語にして伝えること。「あなたの行動について、私はとても残念に思っている」のように私はこう感じている、こう思うといった表現で伝える。

 

感想

本書で言う「叱る」とは、一般的に言う「怒る」ということにあたると思いました。ポイントは感情を入れずに、論理的に語るということと受け取りました。

 

NEXT ACTION

  • Iメッセージを活用する。
  • プラスのストロークを積極的に与える。

★★プレイングマネジャー入門〜時間がない中で「自分の結果」と「部下の結果」を出すための5つのスキル〜 嶋津 良智

f:id:akinaritodoroki:20190714105716j:plain

目次

第1章 プレイングマネジャーに必要なこと

第2章 「リーダーシップ」を身につけるために

第3章 人間関係を円滑にする「コミュニケーション」

第4章 部下を成長させる「マネジメント」

第5章 プレイヤーとして「効率よく自分の結果を出す」方法

第6章 最強の「チーム」の作り方

第7章 プレイングマネジャーはマネジャーへの登竜門にすぎない

 

気付き

(1)プレイヤーとマネジャーの成功の方程式

プレイヤーの場合は、成果=能力+人格。人格が0でも能力さえあれば成果は上げられる。一方、マネジャーの場合は、成果=能力×人格。どんなに高い能力でも人格が0なれば成果も0になる。プレイヤーとしては優秀だけれどもプレイングマネジャーになったとたん力を発揮できなくなる人はまさしくこのタイプ。

(2)お金と部下の似ている性質

お金は自分たちを、大切に守り、使い、貯めて、増やしてくれる人のところに集まる。部下は自分たちを、何があっても守り、上手に使ってくれ、実績を積ませてくれ、成長させてくれる人のところに集まる。「問題児」も一人でも諦めて見捨てれば、チーム全員を失うことになりかねない。

(3)目標だけでなく目的をきちんと伝える

「なぜその目標に向かってがんばるのか」という目的を部下に伝えている人は少ない。目的という動機の部分が明確になっていないと、ちょっとしたアクシデントが起きただけでも、部下たちはすぐにあきらめてしまう。また部下一人ひとりの目的を明確にしてあげることも必要。自分の理想や夢と、会社から与えられた目標を結び付けてあげることで、部下は高いモチベーションを持って仕事に取り組むようになる。

 

名言Select

  • 正しいことをするのがリーダーで、正しくやるのがマネジャーだ。
  • 上司の究極の仕事は自分の仕事をなくすこと。
  • 才能とは脳に埋め込まれた情報の数である(野村克也)。

 

感想

プレイングマネジャーという立場に焦点を当てた本は珍しく購入しました。苦労しているプレイングマネジャーを応援する本です。

 

NEXT ACTION

  • 目標と目的はセットで伝える。

★★NYの人気セラピストが教える自分で心を手当てする方法 ガイ・ウィンチ

f:id:akinaritodoroki:20190714083916j:plain

目次

INTRODUCTION 体の不調は手当てするのに、なぜ心の不調を放置するのか?

第1章 自分を受け入れてもらえなかったとき -失恋、いじめ、拒絶体験

第2章 誰ともつながっていないと感じるとき -孤独

第3章 大切なものを失ったとき ー喪失、トラウマ

第4章 自分が許せなかったとき -罪悪感

第5章 悩みが頭が離れないとき -とらわれ、抑うつ的反芻

第6章 何もうまくいかないとき -失敗、挫折

第7章 自分が嫌いになってしまったとき -自信のなさ、自己肯定感の低下

 

気付き

(1)拒絶への手当:痛みへの感度を下げる

テレアポの仕事で断られる経験は、何度もやっているうちに以前ほど傷つかなくなる。また、歌や演技のオーディションも何度も受けているうちに落ちてもすぐ立ち直れるようになる。このような変化を脱感作と呼ぶ。苦手な状況に何度もふれるうちにい心が慣れて苦痛が軽減する。日常的な拒絶体験は脱感作で苦痛を軽減できる。デートに誘う、転職活動の面接、新しい友達を作るときなど。

(2)孤独への手当:相手の立場で考える

人のために何かをしようと思っても、相手の求めていることがわからなければうまくいかない。相手の立場で考える(他社視点取得)スキルが不可欠。孤独な人は、他社視点取得能力が弱くなっており、場違いな発言をしたり、おかしな態度をとってしまう。他社視点取得能力を鍛えるには、①まずは自分と他人は違うという前提に立ち、②そのうえで、相手の気持ちを考えてみる。私たちは、親しくなるにつれて、私たちは相手に対する努力をさぼってしまう。どんなに親しい間柄でも自分と相手は違うという前提を忘れてはいけない。

(3)罪悪感とは

罪悪感には自分に対するものと、他人に対するものがある。他人に対する罪悪感は特に心の毒になる場合になる。心に悪影響をおぼよす罪悪感には、主に3つの種類があ:①解消されない罪悪感、②生存者の罪悪感(サバイバーズ・ギルト)、③別れの罪悪感(・裏切りの罪悪感)。

 

感想

心の不調は誰にでもありますが、それを言葉にして整理し、その対処法までまとめてあります。感覚的にわかっていることを、言葉にしてもらえるだけで心が楽になるんだと思います。また、自分だけでなく一般的なこととわかることでも気持ちが楽になると思います。そんな心の不調を軽減してくれる本です。

 

NEXT ACTION

  • 拒絶されてもいずれ慣れるものと理解する。

★できる人の脳が冴える30の習慣 なぜ、できるビジネスマンはチョコレートを食べるのか? 米山公啓

f:id:akinaritodoroki:20190707124530j:plain

目次

はじめに

1章 毎日の生活習慣を変えて、頭をすっきりさせる

2章 集中脳で、仕事が10倍はかどる!

3章 いいアイデアがどっさり出てくる脳の使い方

4章 できる人は、脳によい負荷をかけている

5章 ダントツに成果を出す人の脳の休ませ方

 

気付き

(1)チョコレートで脳をリセットする

脳には同じことを繰り返したいという機能と、新しいことに興味を持つという機能と、二面性がある。それをうまく使っていかないと、仕事の効率も落ちてしまう。脳を休ませリセットすることは、脳に入ってくる情報を、新しい情報だと思わせる効果がある。そのために、脳の別な場所を使ったり、脳の唯一のエネルギーであるブドウ糖を補充しなければいけない。チョコレートはお菓子の中でも一番リラックスさせる効果が高い。午後2時頃に冷やしたチョコレートを食べるのがおすすめ。

(2)片付けをすれば小さなストレスが減る

脳は絶えず刺激を求めてしまうので、飽きてくると、すぐほかのところを見てしまう。だから普段の仕事環境もできるだけ不必要なものを排除して視覚的刺激が少ないようにうすることが重要。整理が面倒であれば、とにかく見えないところにしまうことが大切。また、仕事も片付けると、セロトニンが増えて、脳は安心感を取り戻す。これによって余分なストレスが解消されていく。

(3)忘れる人は成功する

人間が進化してくる過程では、新しいことを覚えるより、忘れる能力があった方がメリットがあったのだろう。だからこそ、努力しないでも忘れられるように、逆に努力しないと記憶できないような記憶のシステムができあがった。どんなにつらいことがあっても、半年もすれば、8割以上の人が以前の精神状態に戻っていく。健忘力をアップするには、ネガティブな記憶をポジティブに考えてみること、意識的に次々と新しいものに飛びつき、トライしてみることが効果的。

 

感想

脳を活性化させるために、身の回りですぐ実践できる行動・習慣をわかりやすく書いてあります。

 

NEXT ACTION

  • 2時にチョコレートを食べて脳をリフレッシュする。
  • 部屋で視覚的刺激になる物は見えないところに移動する。

★”睡眠満足度”があなたの年収を変える!眠りの技法 山本恵一

f:id:akinaritodoroki:20190707095845j:plain

目次

はじめに

CHAPTER1 寝室を整える

CHAPTER2 寝る前の準備で「睡眠満足度」を上げる

CHAPTER3 快眠はカラダの内側から

CHAPTER4 良い目覚めを演出する

CHAPTER5 昼寝&移動中に仮眠をとるコツ

 気付き

(1)ベッドは窓から離れた位置に置くこと

寝室レイアウトは、光と寝床、空調と寝床の位置関係を考えることが大きなポイント。もしも、起床時間を太陽のリズムに合わせたら、夏は目覚めが早いため慢性的な寝不足に、冬は目覚めが遅いため、睡眠リズムが整わず不規則な生活になってしまう。

(2)横向き寝は向きによって違う

身体の右側を下にして寝た場合、各内臓の出口は右向きのため、消化によく、エネルギーを温存できる。身体の左側を下にして寝た場合、心臓が重い肝臓の下になり圧迫される。

(3)人の生体リズム

人の生体リズムは1日を周期とした概日サーカディアンリズム、半日を周期とした半概日サーカメディアンリズム、90分を周期とした超日ウルトラディアンリズムがある。この3つがそれぞれ眠気を誘う。昼食後くらいに眠くなるリズムが半概日リズム。そこで、午後3時までの15~20分程度の昼寝が効果的。

 

感想

睡眠の知識は他の本でも知っていたので、新しく得た知識は少なかったですが、読みやすく良い復習になりました。

 

NEXT ACTION

  • 目覚まし時計ではなく、光で起床する製品(オキロー)を購入する。