BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★★優秀なプレーヤーはなぜ優秀なマネージャーになれないのか? 柴田励司

f:id:akinaritodoroki:20190324113942j:plain

目次

序章 自分のプレースタイルを変える

第1部 優秀なマネージャーになる人の40の習慣

第2部 4つのワークスタイルとマネジメントスタイル

 

気付き

(1)リーダーの志す人の3つのジャンプ

1回目は管理職になった時、2回目はトップマネジメントチーム(経営会議)のメンバーになったとき、3回目は後進に道を譲るとき。ジャンプするとは、それまでとは違う考え方、振舞い方が求められる。同じやり方のままだと必ず失敗する。

(2)優秀なマネージャーとなる人はチームを元気にする

マネージャーとして成果をあげていくには、周りのメンバーからこの人と一緒に働きたいと思われることが必要十分条件。そうなる理由は、この人みたいに仕事ができるようになりたいという仕事上の尊敬を持たれることと、この人は自分を受け入れてくれているという安心感があること。周囲に対して「開いている」人は自分や他人の失敗も成功も全部受け入れる。そして修正も早い。

(3)優秀なマネージャーとなる人はアクションが速い

マネージャーはとくに即応することを意識しなければならない。なぜならそこには常に関係者がいるから。いかに速く関係者にボールを渡すか、ここを意識する。

 

感想

プレーヤーとしては優秀な人がマネージャーになると優秀とは限らないということはよく言われます。プロ野球選手の名選手が名監督になれるとは限らないことと同じです。プレーヤー止まりの人とマネージャーとして活躍できる人の違いをわかりやすく書いてありました。

 

NEXT ACTION

  • 自分を開き、話しかけられやすくし、また人をよく見て声をかける。

★★コーチング以前の上司の常識「教え方」の教科書 古川裕倫

f:id:akinaritodoroki:20190324111815j:plain

目次

第1章 なぜ「教える」が大切なのか?

第2章 まずはここから!教えるときの「心構え」

第3章 部下がみるみる育つ!基本の「教え方」

第4章 どうしてできない?困った部下の「教え方」

第5章 これで一人前!ワンランク上の「教え方」

 

気付き

(1)確認すべき3つの責任

結果責任は上司。②遂行責任は部下。③報告責任は上司。責任の所在を明確にすることでお互いに無責任な仕事にならない。報告にも3つあり、結果報告、経過報告、そして完了報告がある。

(2)叱るときの5つのポイント

①短く、②気付いた時に、③その事柄だけ、④場所を選んで、⑤環境→事柄→能力の順で叱る。話題にも重さがあり、軽い順で挨拶、雑談、環境、事柄・行為、能力、人格という具合。行為を叱っても直らなければ、能力を問う。間違っても人格否定は避ける。

(3)指示するよりも示唆する

部下の成長を感じてきたら細かく命令や指示する段階は終わり。その次のステップは示唆すること。「アレどうなった?」「アレ大丈夫?」とだけ聞く。これをしばらく続けていれば、だんだん「アレ」を当てる確率が高くなっていく。つまり上司の考えていることを自分で考えるようになっていく。

 

感想

4月から僕も後輩を持つようになるということで、教え方の本を初めて読んでみました。教えるという行為は、無思考にやってはならず、考えてやるようにしないといけないと改めて思いました。

 

NEXT ACTION

  • 最初は抽象的な指示ではなく、手順・時間の目安・報告の仕方を明示する。指示はなるべく分割する。

★★マンガでやさしくわかる法人営業 高城幸司

f:id:akinaritodoroki:20190321151737j:plain

目次

プロローグ 法人営業のプロセスを確認しよう

第1章 相手を”つかむ”事前準備

第2章 効果的なアプローチとは

第3章 ヒアリングで課題をあぶり出す

第4章 相手を動かす提案とプレゼン

第5章 結論を引き出すクロージング

エピローグ リピートを生む顧客管理

 

気付き

(1)商談の3つのプロセス

①現場の担当者に好反応をもらうまでのプロセス。営業マンは事前準備、アポイント、初回訪問、ヒアリングを行う。お客様は前向きになり、提案の理解が進む。②現場の担当者がゴーサインを出して、稟議を上げるまでのプロセス。営業マンは提案・プレゼンを行う。お客様は提案の検討を始める。ボトルネックが解消される。③決裁が下りて契約を結ぶまでのプロセス。営業マンはクロージングおよびアフターケアの段階。お客様では結論が出る。

(2)提案書は2種類作る

現場担当者とキーマン(決裁者)では提案を受け入れる基準がそもそも違う。現場担当者を納得させ稟議を上げさせる提案と決裁者に稟議書に判を押させる提案は大きく異なる。現場担当者は、使いやすい、便利などのフレーズにときめく。一方決裁者の心に響くのはコスト削減効果などお金に直結するフレーズ。

(3)3つの営業スタイル

①御用聞き営業。②コンサルティング営業(お客様の話を丁寧に聞き、課題・イシューを把握して、こういうことに困っているんだよねという話を引き出し、それを解決できる提案に繋げる営業方法)、③ソリューション営業(仮説を立てて提案するスタイル。ヒアリングできない場合など、ホームページ等公開情報から相手のニーズを推測して仮説を立てる。的外れな場合が多いが、それが突破口となり未公開情報を引き出すことができたらヒアリングを重ねてコンサルティング営業に切り替える)。

 

感想

すぐに読めて法人営業のエッセンスが詰まっている良い本でした。

 

NEXT ACTION

  • 現場担当者と決裁者で提案方法を変える。
  • 決裁ルートや、競合のアプローチ状況を聞き出すテクニックを身につける。

★★ズブの素人をたった3か月で「稼げる営業」にする仕組み 五十棲剛史

f:id:akinaritodoroki:20190321095815j:plain

目次

はじめに

第1章 あなたの社員育成の考え方、ここが間違っている

第2章 素人社員でも会社の業績がアップする仕組みづくり

第3章 ズブの素人を雇ったほうが、採用戦略はうまくいく

第4章 入社3か月間で、素人社員をここまで育てる

第5章 なぜ「職人技」に頼らないビジネスモデルが求められているのか

おわりに

 

気付き

(1)素人が3か月で結果を出せる仕組み

①ズブの素人でも売りやすい商品化、②見込み客の発掘は会社の仕事、③事前アンケート、④アプローチブック、⑤参考見積書、⑥平均単価を上げるための仕組みを会社側で整える、⑦クレーム対応の仕組みも会社側でつくる。

(2)価値観営業

会社の理念や考え方を、商談の最初の段階で説明すれば、お客様は「なるほど、こんな考え方で会社を経営しているんだな」と納得する。そのとき、相性の合わない方に対して、がんばって見積やプランを作成して営業活動を挑んでも契約には至らないケースが多い。逆に、自社の理念や考え方に納得していただいた方には、その後の商談がすごくスムーズになる。

(3)採用試験で見るべきポイント

①会社の理念やカルチャーに共鳴してくれているかどうか、②基本的なコミュニケーション力があるか、③プラス思考かどうか。

 

感想

営業職は自分の報酬の3倍は稼がないと赤字人材とはよく言われます。つまり、3倍以上稼げるレベルまで新人を一刻も早く育てることができれば黒字人材ばかりになるということです。そのための方法論を解説してある本です。一言で言えば、営業という幅広い仕事を分業化して、なるべく会社側でサポートすること、と受け取りました。著者がリフォーム業界の経験があり、その他の業界にはややわかりづらいかもしれません。

 

NEXT ACTION

  • 営業プロセスを標準化し、経験が無くても話ができるような資料を作る。

★★★なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である 中島聡

f:id:akinaritodoroki:20190310124125j:plain

目次

1 なぜ、あなたの仕事は終わらないのか

2 時間を制する者は、世界を制す

3 「ロケットスタート時間術」はこうして生み出された

4 今すぐ実線 ロケットスタート時間術

5 ロケットスタート時間術を自分のものにする

6 時間を制する者は、人生を制す

 

気付き

(1)ロケットスタート時間術

①「まずはどのくらいかかるかやってみるので、スケジュールの割り出しのために2日ください」と答えて仕事に取り掛かる(見積をするための調査期間をもらう)、②その2日をロケットスタート期間として使い、2日でほぼ完成まで持って行く。③万が一、その2日でほぼ完成まで持っていけなかった場合、これを危機的な状況と認識してスケジュールの見直しを交渉する。

(2)なぜ仕事が終わらないのか

①安請け合いしてしまう。②ギリギリまでやらない。③計画の見積をしない。ラストスパート志向は絶対にダメ。仕事が終わらない人は、得てして後半の応用問題を甘く見ている。仕事が遅くて終わらない人が陥る心理として「評価されるのが怖い」というものがある。できるだけ自分の中の100点に近づけようとしてブラシュアップを繰り返し、時間をかければかけるほど、上司からはクオリティを期待されているような気がして恐怖に拍車がかかる。

(3)やりたい仕事があったら、上司に頼む前にまずやってみる

まずは目に見える成果物(プロトタイプ)を2、3日で完成させて「これどうですか?」「この仕事始めませんか?」と上司のもとに持って行く。このやり方はどんな仕事でも応用できる。

 

名言Select

未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ(アラン・ケイ

ルーがなくてもカレーは作れる(その問題とこの問題は独立している)(ビル・ゲイツ

 

感想

著者の方が本当に優秀なのが伝わってきます。ラストスパート志向が仕事が終わらない諸悪の根源であり、ロケットスタートが大事、このことが理解できただけでも価値があります。

 

NEXT ACTION

  • 依頼された仕事は、即答せずに、少しやってみてスケジュールの見積を作る。

★★まんがで変わる 仕事は楽しいかね? デイル・ドーテン

f:id:akinaritodoroki:20190310121751j:plain

目次

プロローグ 仕事は楽しいかね?

第1章 試してみることに失敗はない

第2章 明日は今日と違う自分になる

第3章 偶然は発明の父

第4章 「この場で」「ただちに」始める

第5章 問題と「仲良く」なる

エピローグ 新しい自分に

 

気付き

(1)この場で、ただちに、始める

自分も周囲も常に変化している。目標というものは、ある意味変化を無視することで成り立っている。そのため計画通りにはいかない。新しい気付きがあれば、すぐに行動に移すことが重要。

(2)思い付きと偶然の出来事は異母兄弟

注意さえ払い始めたら、目にできるありとあらゆるところに偶然が転がっているのがわかる。論理的思考では行きつけない場所がある。

(3)待遇は消極的理由にしか作用しない

仕事が楽しい理由と待遇面との間には、直接の相関関係がほとんどない。その時間が楽しければ、上司に早く帰れと言われようが進んで残業するだろう。

 

名言Select

この国の経済が新たな双子の要素を生み出したことがわかった。今度の双子は社員レベルで生まれている。”退屈”と”不安”という双子だ。きみは、この二つは、同時に生じないと思うだろう。だけど、違う。人々は、したくもない仕事をし、同時にそれを失うことを恐れているんだ。

 

感想

人生はそんなに規則正しいものではない。今日の目標は明日のマンネリ。とにかく大事なのは「試す」こと。それが一番のメッセージです。まんがでわかりやすかったです。

 

NEXT ACTION

  • 身の回りの偶然に注目する。

★JAで「働く」ということ 組合員・地域とどう向き合っていくのか 石田正昭

f:id:akinaritodoroki:20190310112440j:plain

目次

はじめに

第1章 協同組合で「働く」ということ

第2章 JAでも「全員経営」を展開しよう

第3章 実践事例から学ぶ

 

  • 協同組合の職員としての役割は、①労働者としての側面(与えられた職務を全うし、その見返りとして報酬を得る)、②運動者としての側面(協同組合理念を追求する組織者・共働者)となる、③連結者としての側面(組合員・地域住民と役員との橋渡しをする)がある。
  • 知のスパイラルを回す、組織知識創造の一般原理と呼ばれるSECIモデルは、共同化・共感(Combination)、表出化・概念(Externalization)、連結化・分析(Combination)、内面化・実践(Internalization)から成る。経験を通じた暗黙知の共有→対話による概念化→形式知の組み合わせによる物語化→行動を通じ新たな暗黙知の獲得といった流れがある。

★★1440分の使い方 成功者たちの時間管理15の秘訣 ケビン・クルーズ

f:id:akinaritodoroki:20190303213101j:plain

目次

1 1440分の威力

2 適切な優先順位の重要性

3 To Doリストをやめる

4 先延ばし癖を克服する

5 罪悪感なく5時に退社する方法

6 成功者たちのノート術

7 3210メール術

8 グーグル、アップル、ヴァージンの会議術

9 大成功へと導く小さな一言

10 強力なパレートの法則

11 ハーバードの3つの質問

12 テーマのある毎日

13 「一度しか触らない」ルール

14 朝を変えて、人生を変える

15 すべてはエネルギー次第

16 すべてをまとめたE-3C方式

17 まだまだある!

18 7人のビリオネアに学ぶ時間管理の秘訣

19 13人のオリンピック選手に学ぶ時間管理の秘訣

20 239人の起業家に学ぶ時間管理の秘訣

 

気付き

(1)To Doリストをやめる

To Doリストの問題点は①数分しかかからない項目と1時間以上かかる項目が混在する、②重要なタスクよりも急ぎのタスクに安易に飛びつきやすくなる、③不必要なストレスを生むこと。本当よやり遂げたいことがあるなら、きちんと予定を立てなくてはならない。スケジュール表を使って15分単位で一日の予定を組む。

(2)3210メール術

メール処理の時間を一日3回(朝昼晩)だけにし、携帯電話のタイマーを21分に設定し、その時間内に受信箱のメールを0にする。メールを開くたび即座に、今やる(Do)、人に任せる(Delegate)、後でやる(Defer)、削除する(Delete)のいずれかの行動をとる。後でやるを選択することは、ただちにスケジュール表に追加することと同義である。

(3)一度しか触らない

何に対しても、その場ですぐ対処する。たとえば、郵便物の分類と処理もその場で行う。メールも処理が必要な物は、その場でやってしまう。片付けも、処理をする場所に最初から持って行くようにする。

 

名言Select

もともとやらなくてもよいものを効率的に行うことほど無駄なことはない(ピーター・ドラッカー

 

感想

To Doリストと時間管理については自分なりにも方法論を作っていますが、確かにToDoには限界も感じてはいます。勉強になる本でした。

 

NEXT ACTION

  • 携帯電話の通知は不要なものはOFFにする。
  • 朝食にプロテインシェイクを飲む。
  • 一日の最初に最優先のタスクにつぎ込む。

★部屋は自分の心を映す鏡でした。人生が変わる!片づけ&掃除術 伊藤勇司

f:id:akinaritodoroki:20190302100546j:plain

目次

はじめに 部屋と心の悩みは密接につながっている!

第1章 自分の部屋と出会い直そう

第2章 やりたいこと探しに夢中な人な部屋は片づかない!

第3章 やせたいのに痩せられない人の部屋は片づかない!

第4章 理想の相手と出会えないと嘆く人の部屋は片づかない!

第5章 言いたいことが言えない人の部屋は片づかない!

第6章 仕事に自信がない人の部屋は片づかない!

 

気付き

(1)冷蔵庫で自分の考え方が一目瞭然

(2)クローゼットで自分の見せ方がわかる

(3)本棚で自己評価のパターンが見える

 

感想

部屋の状態と精神衛生への影響に興味があって読んでみました。

30分くらいで読めましたが、その分内容も少し薄かったように感じました。

 

NEXT ACTION

  • 着たい服を展示しておいて、それを着る自分をイメージする。

★★東大院生が開発!頭のいい説明は型で決まる 犬塚壮志

f:id:akinaritodoroki:20190127165452j:plain

目次

はじめに

第1講 なぜ、あなたの説明はわかってもらえないのか?

第2講 わかってもらう説明の黄金フォーマット「I」

第3講 わかってもらう説明の黄金フォーマット「K」

第4講 わかってもらう説明の黄金フォーマット「P」

第5講 わかってもらう説明の黄金フォーマット「O」

第6講 わかってもらう説明の黄金フォーマット「L」

第7講 わかってもらう説明の黄金フォーマット「E」

第8講 わかってもらう説明の黄金フォーマット「T」

第9講 できる人だけがもっている3つの極意

 

気付き

(1)説明がわかってもらえない3つの原因

①相手が聴く態勢をとれていない。②そもそも自分自身が内容をよく理解していない。③相手のもっている知識を自分が把握していない。”わかる”とは自分がすでに持っている知識と新しい知識とがつながることであるから、相手の知識を把握することは必須。

(2)説明の型:IKPOLET(イクポレット)法

①興味を引く(Interest)②聴き手のもっている知識や認識にアクセスする(Knowledge)③目的を示す(Purpose)④大枠を見せる(Outline)⑤つなげる(Link)⑥具体化・事例・証拠を示す(Embodiment, Example, Evidence)⑦移転(Transfer)。

(3)相手の理解の深さを測る7つの質問

①これ、どういうものか教えてもらえないかな?(現状把握)②そもそも、これって何?(定義・分類・フレーム)③これはどこに位置する?(全体と部分)④なんでそうなったの?その結果どうなるの?(因果関係)⑤なんのためにやるの?どうやってやったの?(目的と手段)⑥つまりは?具体的には?(抽象化と具体化)⑦証拠は?しくみは?(エビデンスとメカニズム)。

 

感想

説明の方法についての本なので、その説明も分かりやすく、読みやすい本でした。本自体が説明法の具体例になっているからです。先生という立場ではなくても人に教えたり指導したりすることは誰でもあることなので、一般的に役に立つと思いました。

 

NEXT ACTION

  • IKPOLET法を説明に活かす。

★成功している人は、なぜ神社に行くのか? 八木龍平

f:id:akinaritodoroki:20190127162224j:plain

目次

プロローグ 科学者が”商売あがったり”になっても伝えたい「神社の真実」

1章 成功している人は知っていた、神社に仕組まれた秘密の力

2章 知らなきゃもったいない!神さまとご縁が深まる祈り方のルール

3章 世界を動かす見えない仕組み

4章 神社式コミュニケーションで仕事も人間関係もうまくいく

5章 人生を加速させる次元上昇を起こそう

エピローグ 「神社のある日本」という人を幸せにするシステム

 

気付き

(1)願いが叶う神さまへの祈り方

①住所・名前を伝える。名乗るのは神さまへの礼儀。個人を特定することが大事。②神社にお参りできたことへの感謝を伝え、願い事を一言お伝えする。③祝詞はらいたまえ。きよめたまえ。かむながら。まもりたまえ。さきわえたまえ」を唱える。

(2)将来のキーパーソンの見つけ方

キーパーソンほど、大きな集合意識の視点でものを見ている。ビジネスパーソンの場合、具体的には会話の主語に注目する。「私」の範囲が、個人なのか、仲間なのか、会社なのか、社会なのか。会社のキーパーソンは間違いなく会社全体の理想を語る。個人的な不満は出てこないし、自分が所属する派閥グループ有力者への不満を語ることもない。

(3)不満と満足

人間が仕事に満足と不安を感じる要因はまったく別物であると立証されている。物理的条件をよくすれば不満は減るが、満足は増えない。満足を増やすには感謝され認められる経験が必要。満足感を増すには「与える」こと。誰かに何かを与えて喜ばれ感謝されることで人生への満足感が増す。

 

日本書紀ニギハヤヒノミコトは、天磐船に乗って大空を翔めぐり、この地を見つけて天より降り立つにあたって、名付けて「虚空見つ日本(やまと)の国」と言った。・・・日本の名付け親の話。

 

感想

スピリチュアルな部分も多いので、信じるか信じないかはあなた次第的なところがありますが、面白い本でした。

 

NEXT ACTION

  • 赤い下着を履く・・・第1チャクラ(生命力)を活発化させる。
  • 神社にお参りして祈るときには名乗る。

★★星と神話 物語で親しむ星の世界 井辻朱美(監修)

f:id:akinaritodoroki:20190121070734p:plain

 

感想

絵本ですが大人でも面白く読めました。

なぜ作物が育たない冬ができたのか?

それは収穫を司る大地の女神デメテルが…

といった風に、身の回りのことに繋がるのがギリシャ神話の面白い所です。

★★What I Wish I Knew When I Was 20(20歳のときに知っておきたかったこと) スタンフォード大学集中講義 ティナ・シーリグ

f:id:akinaritodoroki:20190120185445j:plain

目次

第1章 スタンフォードの学生売ります 自分の殻を破ろう

第2章 常識破りのサーカス みんなの悩みをチャンスに変えろ

第3章 ビキニを着るか、さもなくば死か ルールは破られるためにある

第4章 財布を取り出してください 機が熟すことなどない

第5章 シリコンバレーの強さの秘密 早く、何度も失敗せよ

第6章 絶対いやだ!工学なんて女がするもんだ 無用なキャリア・アドバイス

第7章 レモネードがヘリコプターに化ける 幸運は自分で呼び込むもの

第8章 矢の周りに的を描く 自己流から抜け出そう

第9章 これ、試験に出ますか? 及第点ではなく最高を目指せ

第10章 実験的な作品 新しい目で世界を見つめてみよう

感謝の言葉

解説 「異質なこと」をする能力 三ツ松 新

 

気付き

(1)自分に許可を出す

人間は二つのタイプに分かれる。自分のやりたいことを誰かに許可されるのを待っている人たちと、自分自身で許可する人たち。自分自身の内面を見つめて、やりたいことを見つける人がいる一方で、外からの力で押されるのをじっと待っている人もいる。常識を疑う許可、世の中を新鮮な目で見る許可、実験する許可、失敗する許可、自分自身で進路を描く許可、そして自分自身の限界を試す許可を、自分自身に与えること。これが20歳のときに知っておきたかったこと。

(2)積極的にリスクを取る

リスクは基本的には五種類に分けられる。①身体的リスク、②社会的リスク、③感情のリスク、④金銭的リスク、⑤知的リスク。自分のリスク・プロファイルを描いてみると自分がどのタイプのリスクを取ろうとするかがわかる。実はほとんどの起業家に大きなリスクを取っているという自覚はない。

(3)矢の周りに的を描く

もっとも優秀な人間(矢)を選んで、その人が得意なことに近い仕事(的)を与える。ほんとうに優秀な人たちに最高の仕事をしてもらえば、驚くほど成果が上がる。能力や興味のないことをやらせるよりもはるかに生産的で本人も充足感を味わえる。重要なのは、適切に補完し合うスキルを備えたチームをつくること。

 

名言Select

キャリアの進歩は、二次元の梯子ではなく、三次元のピラミッドを登るようなものとみるべきだ。ピラミッドの端を横に動くことで、経験という土台をつくることができる。ぐずぐずしているように見えるかもしれないが、この間に習得したスキルや経験が、後々いかに貴重であるかがわかってくる。

 

感想

東大生に大人気の本だそうです。アメリカらしい文章の面白さがあります。人生を変えるかもしれない金言がいっぱい詰まっています。

 

NEXT ACTION

  • リスクの種類を考えてみる。

★★ジャパニーズ・スピリッツの開国力 だから、僕らはグローバル人材をめざす 内田和成(監修)・竹井善昭(著)

f:id:akinaritodoroki:20190120112908p:plain

目次

はじめに 若者よ、世界で生きる力を持て!

第一章 世界で生きる力って何だ?~閉塞感を打ち破り、イノベーションを起こせ~

第二章 世界に通用する価値って何だ?~優れたコンセプトが、優れたビジネスを生む~

第三章 日本企業の開国力は?~コンセプトを具現化する四つの力~

第四章 開国力のある人材とは?~自分自身のオリジナリティが問われるとき~

付録 企業×学生 ホンネ座談会~日本企業のグローバル化と世界で戦える人材とは?~

おわりに

 

気付き

(1)グローバル人材が求められるようになった背景

一つ目は日本市場の縮小。人口減少に伴い生産者も消費者も減ってしまった。二つ目は情報格差がなくなったこと。かつては情報の格差が富の格差であったが、インターネットにより情報のボーダレス化が起きた。それと同時にビジネスもボーダレス化した。三つ目の理由は国と企業と人という三位一体モデルの崩壊。バブル崩壊以前は国が成長すると企業も儲かって、そこで働いている人も潤う成功モデルが成立していた。バブル崩壊後は企業と従業員のウィンウィンの関係が成り立たなくなってしまった。

(2)日本に必要な開国力

これからの日本に必要な人材は二通りあり、ひとつは地域に密着して地域を活性化できる人材、もうひとつは、世界を相手に戦える人材。どちらにも「グローバル人材」という要素が必要になる。必要な力は四つ:①マーケティング力、②開発力、③マネジメント力、④コラボレーション力。マネジメント力とは、時間、人材、技術、知財などあらゆる資源を最も効率的、効果的に使う技術のこと。

(3)モノづくりから仕組みづくりへ

仕組みを作ることで新たなビジネスを生み出そうとするもの、それはITと金融。ITはインターネットという仕組みを生み出し、それによりさまざまなネットビジネスが生まれた。金融ビジネスは、80年代から台頭してきた金融工学の力で膨大な数と規模の金融商品を生み出した。

 

  • 自己主張できる人間とは、自分のスタンスを取ることができる人間。自己主張をしていくうえで大切な要素が論理性と得意技。
  • ブロークン英語で通じるのは、こっちが金を払う場合だけ。

 

感想

世界における日本経済のプレゼンスが低下している…改めて日本に生まれたものとして日本株式会社のためにグローバルに頑張っていこうと思いました。

 

★★まんがで身につく 続ける技術 石田淳

f:id:akinaritodoroki:20190120104610j:plain

目次

Plorogue 「続ける」ために必要なこととは?

Chapter1 「過剰行動」と「不足行動」

Chapter2 足りない行動の増やし方

Chapter3 やめたい行動の減らし方

Chapter4 「続ける技術」で目標を達成する

Epilogue 「続ける技術」があなたを変える

 

気付き

(1)行動とは

行動科学マネジメントのABCモデルでは、行動は3つの要素から成り立っている。A:先行条件(~だから)、B:行動(~する)、C:結果条件(その結果、~になる)。また、コントロールしたい行動をターゲット行動と呼び、過剰行動と不足行動の2種類に分類する。

(2)足りない行動の増やし方

ターゲット行動を増やすためには、①行動のヘルプをつくること、②動機付け条件をつくること、③行動のハードルを低くすることがポイント。不足行動を邪魔するものをライバル行動と呼ぶ。ライバル行動に対しては逆に、行動のヘルプを取る、動機付け条件を取る。

(3)続ける技術:フィードバックで見える化

フィードバックとは、目標の進捗状況を視覚的に把握すること。目標数値の場合は、グラフを記録する(例:ダイエットなど)。行動の場合は、カレンダーなどに行動をしたことをチェックするような見せ方が有効。

 

感想

なんとなく自分で工夫して行動管理はやっていますが、科学的なフレームを知ると参考になります。苦しまずにストイックな生活にはできるはずなので、もっと深く勉強していきたい分野です。

 

NEXT ACTION

  • 増やしたい行動は、細かなきっかけが起こるような仕組みをつくる。ランニングであれば、日常で少しだけ歩いたり走ったりすることを増やす。