BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★★★私はいくら? あなたの価値はたったひとつの「数式」で決まる 野口真人

f:id:akinaritodoroki:20200224152908p:plain

目次

はじめに

第1章 会社はあなたにいくらの価値をつけるのか?

第2章 あなたが「稼げる人」になるために ~将来のキャッシュフローを最大化する

第3章 あなたの「信用力」を上げるために ~割引率を下げる

 

気付き

(1)ファイナンスの基本式

現在価値(PV)=将来の平均キャッシュフロー(CF)÷割引率(R)

PVを高める方法は、分子であるCFを増やす(=稼げる人になる)か、分母であるRを下げる(=信頼される人になる)の二つしかない。過去にいくら稼いでも、稼いだ金額は一円もその人の価値に足されることはないが、その人が将来いくら稼ぐかを知るもっとも重要な指標になる。

 (2)人材は企業にとってもっとも大切な財産

会計上では現金に変わりやすいものほど優れた資産と考える。一方、時価ベースのバランスシートには固定資産のさらに下に「ヒト、ブランド力」という現金化が不可能な項目が追加される。ファイナンスの観点から企業の価値を評価する際には、ヒト、ブランド力が最も重視される。なぜならば、ファイナンスでは将来的にキャッシュを生む力が大きい資産ほど優れた財産と考えるからである。企業の清算価値と株式時価総額の差が大きい会社ほど、人材やブランド力がある。PBR(株価純資産倍率)が高い会社では、商品や工場ではなく、ヒトやブランド力がキャッシュを生んでいる。人材が能力を発揮する余地が大きい分、自分の価値を高めるチャンスも多い。割引率は、正確にはリスクー成長率であるから、少々リスクがともなっても、積極的にチャレンジし実績の成長性を認めてもらえば自分の割引率は下がる。

(3)自社のバリューチェーンを見極める

バリューチェーンを分析することで、競合に対する事業戦略の参考になる。また、自分自身の「稼ぐ力」をより正確に見極めるうえでも、バリューチェーンの把握は必須。営業部門が高い利益を出したからといって、それが100%営業マンたちの功績という訳ではなく、仕入れや開発など、たくさんの人に支えられた結果である。これを忘れると、自分の稼ぐ力を過大評価してしまいがちになる。コストセンターで働く人も、サポート活動を通してバリューチェーンの一端を担っていることを仕事のやりがいにできる。

 

感想

自分の人材としての市場価値という議論はよくあるのですが、ファイナンスの観点で論じることは意外と少なく、とても面白い本でした。ファイナンスを身に付けるかそうでないかで世界の見え方が変わるような気がしました。

 

NEXT ACTION

★★★AIに駆逐されない営業力 実践!インサイトセールス 高橋研

f:id:akinaritodoroki:20200224135449j:plain

目次

序章 今までのやり方では「モノが売れない」時代

第1章 これまでの営業活動でやりがちな、四つの大きな間違い

第2章 他社と比較されないためにしなければいけないこと

第3章 インサイトセールスとは何なのか

第4章 経営トップと何を、どう話せばいいのか?

第5章 インサイトセールスの最大の鍵とは

第6章 こうすればAIに負けない営業力は育つ

第7章 六プラス一、七つの力を育てよう

 

気付き

(1)インサイトセールスの概念

顧客の経営方針は、ビジョンの実現と環境変化への適応がある。インサイト営業①は、ビジョンの実現に繋がる意外性のある提案、インサイト営業②は、環境変化を見越した先回り提案である。これは、従来の課題解決型(ソリューション)営業とは全く異なる。組織では、理念・ビジョン、それを達成するための戦略を担当するのが経営者、戦略を達成するための業務・オペレーションを担当するのが管理職、そして業務を支える外注サービスや商品は各担当者が行う。インサイトセールスは言うまでもなく、経営者層に対して実施すべきもの。経営者は、意外と自分の理念やビジョンを語る機会がなく、経営に対する考えを傾聴する営業パーソンは歓迎される。

(2)良い聞き手の三箇条

まず①観点。聞き上手な人は、相手の関心領域に合わせて会話を進める。そして、その話を熱心に傾聴し、②共感を示す人。しかし、単純に共感、礼賛の意を示しているだけでは、物足らなさを与えてしまう。そこで、自分なりの③意思を持って、相手の話に反応することが大事。時には自分なりの意見をぶつけることで、話をしている側はより手応えを感じる。

(3)合意形成は論理より感情

意思決定に対するコミットメントレベルは、下のレベルから、①抵抗、②不服従、③服従、④支持、⑤コミットとなる。レベル②~④は論理で動く範囲。レベル①と⑤は、論理だけではなく感情で動く領域となる。納得には、理屈面での納得感と感情面での納得感とがある。理屈だけの支持では、実行するのに必要な事柄は自分の役割の範囲内で自分が行うに留まるが、感情面での納得を得れば、提案・決定を自分自身で行ったものと同一視し、必要なことはみずから何でもするようになる。

 

感想

経営者に対してビジョンを実現する手段として自社の製品を売り込むという手法はなんとなくわかっていたつもりでしたが、この本できちんと言語化・図解されました。概念的には結構高度な内容ですが、とても読みやすいです。ここまで実践するのはなかなか大変ですが、参考にしていきたいと思います。

 

NEXT ACTION

  • 経営者層に面談の場を設けていただき、ビジョンの話をすることを心掛ける。話の抽象度を自在に操り、ビジョンの達成の実現のために製品が手段になっていることをうまく語る。話す相手に合わせて抽象度を使い分ける。

★★★一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書 山﨑圭一

f:id:akinaritodoroki:20200224134438j:plain

目次

序章 人類の出現・文明の誕生

第1章 ヨーロッパの歴史

第2章 中東の歴史

第3章 インドの歴史

第4章 中国の歴史

第5章 一体化する世界の時代

第6章 革命の時代

第7章 帝国主義と世界大戦の時代

第8章 近代の中東・インド

第9章 近代の中国

第10章 現代の世界

 

感想

世界史がとにかくわかりやすく、楽しく学ぶことができました。断片的に聞いたことがあるだけの知識が繋がったり、歴史から学べる教訓が得られたりしました。著者のYouTubeの授業も聞いてみたいと思います。また、姉妹版の日本史も購入したいと思います。

★★★嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え 岸見一郎・古賀史健

f:id:akinaritodoroki:20200223133941j:plain

目次

第一夜 トラウマを否定せよ

第二夜 すべての悩みは対人関係

第三夜 他者の課題を切り捨てる

第四夜 世界の中心はどこにあるか

第五夜 「いま、ここ」を真剣に生きる

 

気付き

(1)すべての悩みは対人関係の悩みである

個人だけで完結する悩み(内面の悩み)などというものは存在しない。どんな種類の悩みであれ、そこにはかならず他者の影が介在する。われわれを苦しめる劣等感は客観的な事実ではなく、主観的な解釈である。人には無力な状態から脱したいと願う「優越性の追求」という普遍的な欲求を持っており、劣等感も使い方を間違えなければ、努力や成長の促進剤となる。自らの劣等感をある種の言い訳に使い始めた状態は劣等コンプレックスである。

(2)課題の分離・承認欲求の否定

われわれは「これは誰の課題なのか?」という視点から、自分の課題と他者の課題とを分離していく必要がある。そして、他者の課題には踏み込まない。あらゆる対人関係のトラブルは、他者の課題に土足で踏み込むこと(あるいは、自分の課題に土足で踏み込まれること)によって引き起こされる。それを見分ける方法は「その選択によってもたらされる結末を最終的に引き受けるのは誰か?」を考えること。馬を水辺に連れていくことはできるが、水を呑ませることはできない。自分の信じる最善の道を選ぶだけであり、その選択について他者がどのような評価を下すのか、これは他者の課題であって自分にはどうでもいい話である。自由とは他者から嫌われることである。他者の評価を機にかけず、他者から嫌われることを怖れず、承認されないかもしれないというコストを支払わないかぎり、自分の生き方を貫くことはできない。つまり、自由になれない。

(3)幸福とは、貢献感である

対人関係のゴールは共同体感覚である。それを持てるようになるために必要なのは、自己受容、他者信頼、そして他者貢献である。人間にとっての幸福は、「わたしは共同体にとって有益である」「わたしは誰かの役に立っている」という思いにより自らに価値があることを実感することである。貢献というのは、必ずしも行為ではなく、存在でもいい。承認欲求を通じて得られた貢献感には自由がない。共同体感覚があれば他者からの承認はいらない。一般的な人生には意味はない。人生の意味は、自分自身に与えるものである。

 

名言Select

  • 神よ、願わくばわたしに、変えることのできない物事を受け入れる落ち着きと、変えることのできる物事を変える勇気と、その違いを常に見分ける知恵とをさずけたまえ(ニーバーの祈り)

 

感想

色々なところで聞いてはいましたが、初めて本でアドラー心理学を学びました。「原因論から目的論」など、以上で取り上げていない中でも非常に重要なポイントが他にもたくさんあり、とにかく目から鱗の学びだらけの素晴らしい本でした。また、哲学やマインドフルネスとも大きく関わっている点が驚きでした。アドラー心理学をさらに深く学んでいきたいと思います。

 

NEXT ACTION

  • 他者の課題を切り分け、干渉しない。

★★SUPER MTG スーパー・ミーティング スティーヴン・G・ロゲルバーグ

f:id:akinaritodoroki:20200212064726j:plain

目次

はじめに サイエンス領域で「ミーティング」を研究する

第1部 科学が暴くミーティングの真実 僕らは「会議」をわかっていない

 1章 「ミーティングが多すぎる」 どこにでもある会社の、どこにでもいる社員の不満

 2章 ないと「ない」で問題 「ミーティングのない一日」は嫌

第2部 ミーティングをアップグレードする エビデンスベースの超具体的戦略、それを生む最新の分析

 3章 仕切り役に起きる妄想 「平均より上」バイアスが働く

 4章 48分間ミーティング 「1時間が最適」なんて誰が決めた?

 5章 アジェンダ神話 「プラン」はあればうまくいく?とんでもない

 6章 「人数」の科学 大きいことは悪いこと

 7章 「マンネリ化」は不可避? 「席順」がもたらす無視できない影響

 8章 「感情」が空気感染する 人が合理性より「空気感」で動く

 9章 話し合いパラドックス 黙ったほうが「まともな案」が出る

 10章 電話会議狂騒曲 「そこにいない人」とつつがなく打ち合わせする

 11章 スーパー・ミーティングの補論 確実なメソッド、それを可能にする理論

 

 気付き

(1)7人以上の集団で10%決める力が低下する

意思決定のために集まったグループで、メンバーが7人以上になると、1人増えるごとに効果的な決断力がおよそ10%減少する。また、メンバーの人数が多いほど、グループへの不満や非生産的な行動(個人間の争い、利己的な行動、リソースの無駄づかいなど)が多くなる。

(2)出てない人に「議事録」を渡す

詳細な議事録の役割は3つある。①ミーティング中の発言を正確に記録し、後から参照するときの助けになる。②自分の発言が他の人の耳に届き、記録に残されたことを発言者が確認できる。③ミーティングで決まったことを実行に移す責任者を記録することで、確実に行動につなげるようにする。ミーティングには出席しなかったが、それでも議題になったことに何らかの形で関わっているすべての人に議事録を配ることで、観客ばかりのミーティングになることを防ぐことができる。

(3)2回目で結論を出す

音声だけの会議では、真の合意に達するのは不可能。翌日、オンライン投票の機能を使って、それぞれのメンバーがベストだと思う案に投票することで、ベストでない結論に飛びつかずに済む。たいていのミーティングでは十分に話し合わず、結論を急ぐ傾向にある。最初に出たよさそうな案にみんなが賛成し、それでいいということになってしまうのだ。

 

名言Select

人生の冒険は学ぶことである。人生の目的は成長することである。人生の本質は変化することである。人生の挑戦は困難を乗り越えることである。人生の神髄は思いやりである。人生のチャンスは他者に仕えることである。人生の秘密は大胆に挑戦することである。人生のスパイスは誰かの味方になることである、人生の美しさは与えることである。(ウィリアム・アーサー・ウォード)

 

感想

会議やミーティングを改善したいと思い購入しました。本に対する期待値が上がり過ぎてしまい、期待したほど革新的なメソッドは得られませんでした。

 

NEXT ACTION

  • 議事録は非出席者にも回す。

★★上司の哲学 部下に信頼される20の要諦 江口克彦

f:id:akinaritodoroki:20200211082454j:plain

目次

序 仕事の峠・人生の峠

第一則 夢を与える

第二則 考え方を示す

第三則 ほめる

第四則 熱意を評価する

第五則 能力を引き出す

第六則 耳を傾ける

第七則 仕事を任せる

第八則 差別をしない

第九則 自分より優秀な人材を育てる

第十則 叱った後のフォローをする

第十一則 雑談を大事にする

第十二則 率先垂範する

第十三則 秘密をつくらない

第十四則 声をかける

第十五則 部下を見て話をする

第十六則 「なぜ」を説明する

第十七則 訴える

第十八則 部下に感謝の念を持つ

第十九則 女性の部下を意識しない

第二十則 運をつかむ

結び 人間的成長こそ

 

気付き

(1)方針が全ての物差し

方針とは、考え方+具体的目標+夢のことである。この方針に沿って仕事をしているかを、上司はよく見ておかなければならない。新しいことをやるにも、成功の評価も全て方針に沿っているかどうかで見極める。

(2)ほめるとは、人間の本質を評価すること

なにも口先で心地良いことを言うのがほめることではない。その人物の本質や能力を心の底から評価しているのであれば、叱ることさえ、それはほめることになるのである。要は人間をどう見るかだ。

(3)上司の責任

”長”のつく人間の責任は三つある。一つ目は自分のグループの仕事をやり遂げる責任。二つ目は自分の下にいる部下を育てる責任。そして三つ目は新しい仕事を想像していく責任だ。この三つ目の責任を怠っていると、会社は大きくなっていかない。リストラになるのは上司の怠慢ということに尽きる。

 

名言Select

  •  すべての人を自分より偉いと思って仕事をすれば必ずうまくいくし、とてつもなく大きな仕事ができるものだ(松下幸之助
  • バカンスはあくまで、峠にある茶屋である。茶屋は峠を越えるために疲れた足を休める場所であって、ずっとそこに留まっているものではない。足を休めたら再び歩き出す。ひたすら高い山を目指して、力の限り登り続けていく。それこそが充実した人生と言えるのではないだろうか。

 

感想

晩年の松下幸之助氏のもとで20年以上も働いた著者による松下幸之助哲学書です。松下氏の関連の著書を読むのは初めてですが、さすが伝説の経営者と思わせられる重みがありました。

 

NEXT ACTION

  • 方針に沿った仕事かを常に意識する。
  • 人の本質を見ようと意識する。
  • 新しい仕事を生み出す。

★★★新しい道徳 北野武

f:id:akinaritodoroki:20200209214005p:plain

目次

第一章 道徳はツッコみ放題

第二章 ウサギはカメの相手なんかしない

第三章 原始人に道徳の心はあったか

第四章 道徳は自分で作る

第五章 人類は道徳的に堕落したのか?

 

名言Select

道徳は便宜の異名である。「左側通行」と似たものである。道徳の与えたる恩恵は時間と労力との節約である。道徳の与える損害は完全なる良心の麻痺である。良心は道徳を造るかも知れぬ。しかし道徳は未だ嘗て、良心の良の字も造ったことはない。(芥川龍之介

 

感想

ビートたけしさんの著書は初めて読みましたが、社会に対する視点の鋭さが気持ちいいです。とても面白く夢中で読めました。

★成果にこだわる営業マネージャーは「目標」から逆算する!  野部剛

f:id:akinaritodoroki:20200206214334j:plain

目次

はじめに

1章 営業マネージャーの役割とは何か?

2章 営業活動のプロセスを分解する

3章 ゴールを設定し、必要な行動量を落とし込む

4章 プロセスマネジメントを運用する

5章 ソリューション型営業部隊をつくる、人材育成のポイント

おわりに

 

気付き

(1)2-6-2の法則

集団は2-6-2に分化する。上位2割が「①自己成長モデル」、中位6割が「②現状維持モデル」、下位2割が「③ビジターレベル」。この違いは、気づきと変わるための行動。①は気付きがあり、そして変われる人。②は気付きはあるが変われない人。③は気付きも無く変われない人。

(2)目標達成のための営業力の公式

営業力=①質×②量×③効率化×④戦略。①質の解決策は、各歩留率の引き上げ、平均受注単価の引き上げ、人材品質の見える化。②量の解決策は、計測と見える化による行動量の増加、マネジメントポイントの設定、人員増強、他のマーケティング手法による案件増加、③効率化は、分業・組織化、セールスプロセスの再設計および圧縮、ITツールの活用、リストの絞り込み、④戦略は、目標の設定および再設定、営業会議の見直し、マーケティング戦略の見直し、価格戦略の見直し。

(3)人材育成の3ステップ

「①知らない」から「②わかる」へのステップでは、標準化と共有化。「②わかる」から「③できる」へのステップでは、練習と準備、「③できる」から「④続ける」のステップでは、仕組み化とプロセスマネジメントが必要である。

 

感想

セールスをプロセスに分解し、目標から逆算すること。非常に重要なことですが、当たり前のことであり、新しいアイデアはあまり得られませんでした。

 

NEXT ACTION

  • 営業力の公式を参考に、営業力向上を考える。

★マジ会社に行きたくないんですけど… 25のセルフケアで疲れた心が楽になる 米沢宏・松本桂樹

f:id:akinaritodoroki:20200206073046j:plain

目次

第1章 ストレスをためる仕事の問題と対応策

第2章 気をつけよう!その異変、心の病かも

 

気付き

自分を見つめなおす5つの質問(キャリアストーリー・インタビュー)

①幼少期、憧れていた人物は?、②普段よく観るテレビ番組や雑誌は?、③お気に入りの本や映画は?、④好きな格言や名言は?、⑤幼い頃の思い出は?

 

感想

今自分がそんなに病んでいるわけではないですが(笑)、メンタルヘルスについて気になったのでコンビニで手に取ってみました。中身はよく整理されていて面白かったです。

★★人を動かす(原題:How to win friends and influence people)D.カーネギ―

f:id:akinaritodoroki:20200202085758j:plain

目次

PART1 人を動かす三原則

 1 盗人にも五分の理を認める

 2 重要感を持たせる

 3 人の立場に身を置く

PART2 人に好かれる六原則

 1 誠実な関心を寄せる

 2 笑顔を忘れない

 3 名前を覚える

 4 聞き手にまわる

 5 関心のありかを見ぬく

 6 心からほめる

PART3 人を説得する十二原則

 1 議論をさける

 2 誤りを指摘しない

 3 誤りを認める

 4 おだやかに話す

 5 ”イエス”と答えられる問題を選ぶ

 6 しゃべらせる

 7 思いつかせる

 8 人の身になる

 9 同情を持つ

 10 美しい心情に呼びかける

 11 演出を考える

 12 対抗意識を刺激する

PART4 人を変える九原則

 1 まずほめる

 2 遠まわしに注意を与える

 3 自分のあやまちを話す

 4 命令をしない

 5 顔をつぶさない

 6 わずかなことでもほめる

 7 期待をかける

 8 激励する

 9 喜んで協力させる

付 幸福な家庭をつくる七原則

 1 口やかましくいわない

 2 長所を認める

 3 あら探しをしない

 4 ほめる

 5 ささやかな心づくしを怠らない

 6 礼儀を守る

 7 正しい性の知識を持つ

 

気付き

(1)誤りを指摘しない

誤りを指摘しても人の考えは変わらない。傷つけられたのは論理ではなく感情であるからだ。人に説明をするということは、私は君よりも頭が良い。よくいい聞かせて君の考えを変えてやろうと言っていることに等しい。人を説得したければ、相手に気づかれないようにやることだ。人にものを教えることはできない。みずから気付く手助けができるだけだ。

(2)美しい心情に呼びかける

相手の信用状態が不明なときは、彼を立派な紳士とみなし、そのつもりで取引を進めるとまちがいないと著者は経験で知っている。人間はだれも正直で、義務をはたしたいと思っているのだ。その例外は比較的少ない。人をごまかすような人間でも、相手から心から信頼され、正直で公正な人物として扱われると、なかなか不正なことはできないものなのだ。

(3)まずほめる

 まず相手をほめておくのは、歯科医がまず局部麻酔をするのによく似ている。もちろん、あとでガリガリやられるが、麻酔はその痛みを消してくれる。

 

感想

世界的な名著で、現代ではYouTubeでの要約解説も溢れているような本ですが、改めてんでみました。内容のほとんどは事例であり、ポイントは言われれば当たり前のようなことなのですが、それができていないことばかりです。

 

NEXT ACTION

  • 人を褒める。
  • 名前を覚える。

★★★MIDNSET マインドセット「やればできる!」の研究 キャロル・S・ドゥエック

f:id:akinaritodoroki:20200202083708j:plain

目次

はじめに

第1章 マインドセットとは何か

第2章 マインドセットでここまで違う

第3章 能力と実績とウソホント

第4章 スポーツ -チャンピオンのマインドセット

第5章 ビジネス -マインドセットとリーダーシップ

第6章 つきあい -対人関係のマインドセット

第7章 教育 -マインドセットを培う

第8章 マインドセットをしなやかにしよう

 

気付き

(1)優秀というレッテルをはる危険な褒め方

 子どもに問題を解かせて、頭の良さを褒めた場合は、「硬直マインドセット」になり、新しい問題にチャレンジするのを避けるようになった。ボロを出して自分の能力が疑われるかもしれないことはいっさいやりたがらなくなった。一方、努力を褒めた場合は解けないことを失敗とは思わずに、自分の頭が悪いからとも考えなかった。能力を褒めると知能が下がり、努力を褒めると知能が上がったのである。

(2)いじめと復讐

いじめの根っこにあるのは、人間には優れた者と劣った者がいるという考え方だ。いじめを受けた者が、それにどう反応するかということにも硬直マインドセットが関係している。硬直マインドセットだと激しい復讐心を抱くようになる。しなやかマインドセットであればいじめを自分に対する評価と受け止めるよりもむしろ、いじめる側の心の問題としてとらえる傾向があった。学校全体のマインドセットを変えていくことによって、いじめをなくすことができるのだ。

(3)恋愛こそマインドセットでうまくいく

マインドセットが硬直していると、夫婦関係が悪化した時、①自分の愛する女性は悪人だった、②自分は悪人だ、だから彼女が離れていったのだ、③2人は相性が悪い、だから夫婦関係の修復は不可能だ、のいずれかの結論にしか辿り着かない。しなやかマインドセットであれば、自分の資質、パートナーの資質、人間関係の資質もすべて良い方向に変えていけると信じている。自分も成長するし、パートナーも成長するし、お互いの関係も改善できるのだ。

 

感想

メンタリストDaiGOさんの薦めで購入しました。永遠の議論である「成功に必要なのは才能か努力か」という話の結論は、努力である(べき)ということです。本の中身はこれでもかというほど事例を集めてあり、硬直マインドセットではなくしなやかマインドセットになることが成功の鍵であることが述べられています。すべての教育に関わる職業人、親御さんに読んでもらいたい本です。

 

NEXT ACTION

  • 子どもや仕事の後輩は、能力ではなく努力を褒める。

★★★フィット・フォー・ライフ 健康長寿には「不滅の原則」があった! ハーヴィ・ダイアモンド

f:id:akinaritodoroki:20200130212553p:plain

目次

第一部 生き物としての「人間の原則」ー「フィット・フォー・ライフ」を支える理論と哲学

 第1章 自然の法則に基づく「フィット・フォー・ライフ

 第2章 ダイエットとは何か

 第3章 究極の健康哲学「ナチュラル・ハイジーン」とは何か

 第4章 人間本来の「補給・同化・排泄のサイクル」とは

 第5章 「毒血症」とは何か

 第6章 [原則1] 水分を多く含む食べ物を食べること

 第7章 [原則2] 食べ物は正しく組み合わせて食べること

 第8章 [原則3] 果物を正しく食べること

 第9章 「解毒と排泄」が健康と病気を支配する

 第10章 現代人はタンパク質を取りすぎている

 第11章 牛乳は健康食品などではない

 第12章 食べ物だけでは補えない運動の効能

 第13章 「フィット・フォー・ライフ」は誰もが実現できる

 第14章 最もよく尋ねられる質問への回答

第二部 豊かな人生を送るための「行動プログラム」ー「フィット・フォー・ライフ」実践への道

 第15章 美食が地球と人間をダメにしている

 第16章 朝食は無理に取らなくてもいい

 第17章 フレッシュジュースはエネルギー源の塊

 第18章 エネルギーを浪費しない食べ方

 第19章 「フィット・フォー・ライフ」のための買い物リスト

 第20章 サラダ・パワーとその無限の魅力

 第21章 「フィット・フォー・ライフ」実践のためのガイドライン

 第22章 あなたの幸せと地球のために

第三部 「フィット・フォー・ライフ」のための四週間メニュー

第四部 特選レシピ一覧

第五部 日本の読者のみなさんへ

 Ⅰ 今、アメリカはこうなっている

 Ⅱ 衝撃のデータ、「チャイナ・ヘルス・プロジェクト」

 Ⅲ アメリカから何を学ぶか

 Ⅳ あなた自身の「実行」を促すために

 Ⅴ 日本人向けのメニュー

 

気付き

(1)水分を多く含む食べ物を食べること

もし身体の70%が水で構成されているとしたら、身体を常にベストコンディションにしておくには、水分が少なくとも70%を占める食事をしなければならない、というのが道理にかなってはいないだろうか。地上にある食べ物でこの要求を満たしているのは、果物と野菜だけである。それ以外のものは、凝縮された食べ物なのである。凝縮食品(パン、米、肉、魚、乳製品)は毎日の食事の30%程度に抑えるようにすべきだ。人間の身体に必要なビタミン、ミネラル、タンパク質、アミノ酸酵素、炭水化物、脂肪酸などはすべて果物と野菜でカバーされてしまうのだ。

(2)体のサイクル

12時~20時は補給(摂取と消化、食べることと食べたものを分解)、20時~4時は同化(吸収と利用、体への同化)、4時~12時は排泄(体内の老廃物と食物カスの排出)のサイクルがある。消化に要するエネルギーは水泳を上回る。排泄にも大きなエネルギーが必要である。タンパク質と炭水化物を同時に食べると、体が受け入れられず発酵してしまう。消化を遅らせるだけでなく、妨げる。エネルギーの浪費を招いてしまう。

(3)牛乳は健康食品などではない

牛でさえ大きくなれば牛乳を飲まない。この地球上に決して乳離れしない唯一の哺乳動物は人間である。また、人間は三歳を過ぎるとレニンとラクターゼという消化酵素を焼失し牛乳を消化できなくなる。

 

感想

550ページ近くある大作です。本に書かれていること全て鵜呑みにしないにしても、人生を変えるかもしれない本でした。「地球も体もほとんど水分なんだから、普通に考えて水分の多い食べ物を食べるべき」「普通に考えて、大人の人間が他の動物の乳を飲むのはおかしい」と、"普通"に考えるということの大切さを感じた気がします。午前中の果物食は実践していきたいと思います。

 

NEXT ACTION

  • 午前中は果物しか食べない。
  • 牛乳は控える。

★★誰も農業を知らない: プロ農家だからわかる日本農業の未来  有坪民雄

f:id:akinaritodoroki:20200128075600j:plain

目次

はじめに

第1章 第二次農業機械革命の時代

第2章 無力な農業論が目を曇らせる

第3章 農家も知らない農業の現実

第4章 農業敵視の構造を知る

第5章 新しい血ー新規就農・企業参入

第6章 二一世紀の農業プラン

 

感想

内容は農薬や遺伝子交換から農協組織まで幅広く、一般に誤解されている、あるいは知られていないことをズバリ突いてくる本です。

★老けない人はこれを食べている 牧田善二

f:id:akinaritodoroki:20200126185808j:plain

目次

1章 食べたもので人は老ける。病気になる

2章 いつまでも若くいたければ、これを食べなさい

3章 老けない人が知っている9のルール

 

気付き

(1)タンパク質とブドウ糖を同時に加熱して発生するAGEが老化の原因。唐揚げ、ステーキ、パンケーキ、トースト、焼きおにぎり、たこ焼きなど、こんがりとした焼き色には注意。

(2)身体の中で老化しやすいのが、コラーゲン線維。新陳代謝で入れ替わる速度が、皮膚の表面では40~50日のところが、真皮や血管を作っているコラーゲン線維は14~15年かかる。眼球の水晶体を構成するクリスタリンや間節軟骨を作るコラーゲンは一生入れ替わらない。新陳代謝の遅い場所はAGEがたまり続け老化が進みやすい。

(3)肉類は糖質は少ないがAGEが多い。パンやご飯、フルーツはAGEは少ないが糖質が多い。糖質制限とAGE対策のバランスを考えた時に、ダイエットの必要がある人は糖質制限を優先する。糖質制限もAGE対策も負担にならないようにゆるやかに行う。

 

感想

30個ほどの野菜類やフルーツ、肉類がピックアップされて健康に良い(老化を防ぐ)と紹介されていました。調理方法にもよりますが、カロリーや糖質なども考えて、結論として健康に良い食品と考えていいのか、が知りたいところです。

 

NEXT ACTION

  • こんがりとした焼き色の食品はなるべく避ける。

★図解 眠れなくなるほど面白い糖質の話 牧田善二

f:id:akinaritodoroki:20200126183710j:plain

目次

第1章 糖質の基本

第2章 糖質と健康の関係

第3章 糖質制限の実践

第4章 困ったときのメニュー選び

 

気付き

(1)老化の原因となるAGEは、タンパク質とブドウ糖が結びついて劣化する「糖化」によって発生する。AGEを溜めないためには糖質の摂り過ぎを避け、余分な糖質をなくすことが大切。

(2)糖尿病が引き起こす合併症の中で一番恐ろしいのが糖質病腎症。AGEが原因。進行すると人工透析が必要になる。

(3)夕食では糖質を取り過ぎない方が良い。ビールや日本酒は糖質が多いため、蒸留酒(焼酎、ウイスキー)の方が良い。さらに良いのはワインで痩せる効果がある。

 

感想

ダイエットにおいても糖質制限派とカロリー制限派がいて、食品の良し悪しも賛否両論が絶えない世界なので、この本に書いていあることが全て信用しきってもいけないと思いますが、参考になりました。

 

NEXT ACTION

  • 夜に酒を飲むなら、蒸留酒やワインを選ぶ。