BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★★雑談力が上がる話し方 30秒でうちとける会話のルール 斎藤孝

f:id:akinaritodoroki:20170618224744j:plain

目次

はじめに 「沈黙は怖い。でも雑談は苦手」な人が増えている

第1章 トークや会話術とは違う、雑談の5つのルール

第2章 これで気まずくならない!雑談の基本マナー

第3章 すぐにできる、雑談の鍛え方&ネタの仕入れ

第4章 ビジネスに使える雑談力

第5章 人、マンガ、テレビ。あらゆつ達人からテクを学ぼう

第6章 雑談力は雑草力。厳しい時代を「生きる力」そのもの

おわりに 雑談力は、生きることそのもの

 

気付きTOP3

(1)雑談のベストバランスは、相手8対自分2

話題支配率(相手主体の話題と自分主体の話題の比率)に気を配り、臨機応変に配分することが大切。基本は相手8対自分2が理想。顧客や取引先など仕事関係の人と交わすちょっとした雑談では、自分の話の比率を少し上げて、こちらから自分が発する話題で雑談をリードしていくといい。6対4や7対3でもいい。相手が話し好きの場合は、逆に相手の比率を上げる。

(2)「自意識」「プライド」のハードルを下げるとラクになる

そもそも「うまく話せなくて恥ずかしい」というのは、「話をしている自分が、相手にどう見られているか」という自意識の裏返しとも言える。結局は自分のことだけに意識が行き過ぎている結果として生まれる発想。そこには相手のことを考える気持ちが抜け落ちている。

(3)雑談で、つながりを確認する

雑談を交わすことは、居場所のない、所在のない状況に置かれたとき、自分と周囲のつながりを直接確認できる手段でもある。場の雰囲気を和ませるか、硬くするかは、多数派の人たちの方に責任がある。多数派から少数派やひとりの人に橋を架けてあげるべき。

 

感想

上に書いた3つは、すべて「相手目線」「相手主体」に集約されるのではないかと思います。斬新なアイデアが書いてあるような本ではないですが、雑談における基本的なマインドセットが再確認できました。

 

NEXT ACTION

  • 「話題泥棒」をせず、相手に質問することを基本にする、ひと段落してから自分の話をしてみるということを意識する。

★最高の結果を出す!究極の読書術 新「ビジネス書」のトリセツ 水野俊哉

f:id:akinaritodoroki:20170611220325j:plain

目次

第1章 ビジネス書のフロントライン

第2章 ビジネス書とデートせよ!

第3章 ビジネス書の正しい読み方

第4章 ベストセラーの法則と書き方

第5章 ビジネス書で得た知識をお金に換える方法

第6章 ビジネス書の資料室

 

気付きTOP3

(1)ビジネス書がなぜ身につかないのか

①読むだけで行動しない、②誤読してしまう、③本の選び方が間違っている。

(2)本のMECEな探し方:垂直検索と水平検索

垂直検索とはキーワードと著者で検索する方法、水平検索とは通販サイトのおすすめなど、ネットサーフィンをするように広げていく方法である。MECEリストができれば、大型書店に取り寄せてもらうと良い。

(3)まっとうな速読法

①本を読む目的を明確にする、②目標をたててアファメーションをする、③本を要素分解して大事な部分(特に目次とまえがき)から読む、④集中して一気に読む、⑤何度も繰り返して読む。

 

感想

「ビジネス書」について様々な角度から書かれていますが、本の全体として何が言いたいのかイマイチわかりませんでした。ただ年間1000冊以上を読破する著者にしか書けないであろうビジネス書の系譜や、おすすめのビジネス書リストは貴重だと思います。

 

NEXT ACTION

  • ビジネス書を読む際には、一段メタに考えて読む。著者の目的や、本の構成などを意識しながら読みたい。

★読書をお金に換える技術 千田琢哉

f:id:akinaritodoroki:20170529205013j:plain

目次省略

 

気付きTOP3

(1)「読書→挑戦→対話」の∞サイクルが成功の秘訣

まず本で読んだ通りにはならない。必ず失敗するが、それでいい。勇気をもって一歩踏み出すと、そこには無限の課題が山のように襲い掛かってくる。それを解決するために、今度は人と対話する。すると、本をちゃんと読めていなかったことに気付かされる。そして再び挑戦するのだ。

(2)100冊単位で人脈は入れ替わり、年収がアップしていく

たとえば、売れないセールスマンがとりあえずセールスの本を10冊読むとまず考え方と顔つきが変わる。これまでのように言い訳しなくなるし、売れない原因はすべて自分にあるという意識が芽生え始める。そして実際に本で読んだ内容を行動に移しながら30冊に到達したところで、少しずつだが目に見える結果が出始める。この調子でトライ&エラーをくり返しながら100冊に到達するまでには確実に年収に反映されていることだろう。次のステージとして、セールスマネジャーへの道を歩み始めるかもしれない。

(3)流行に関係なく、好きなジャンルをとことん掘り下げろ

砂場でより深い穴を掘ろうと思ったら、同時に穴の直径も広げなければならない。同様に何か一つの分野を深く掘り下げるためには、ほかの分野も学んだ視野を拡げなければならないのだ。筋トレを掘り下げていくと、必ず栄養学、生物学、化学、医学の壁にぶつかる。だから本格的に筋トレを極めようと思えば、様々な本を読まざるを得ない。

 

感想

本を読むことに対するハードルを下げる話、良い本の探し方、本を読むとき、書評を見るときに注意することなどが50個書かれています。この本自体は一瞬で読めました。読書をお金に換える、という具体的なビジョンが浮かんだわけではありませんが、読書は将来的に自分の稼ぐ力になるということは自信を持つことができました。

 

NEXT ACTION

  • マルクスの「資本論」を簡単に書いている本を3冊買って読む(本に書いてあった、「マルクス資本論を今すぐ読め」「読書日記よりとりあえず試してみる」「読みにくい名著1冊より読みやすい類似本3冊」をミックスしてみました)

★新聞大学 外山滋比古

f:id:akinaritodoroki:20170528192704j:plain

目次

1 ”見出し”読み

2 標準語

3 カタカナ語

4 疑問

5 立つことば・寝ることば

6 社説

7 コラム

8 文芸

9 読書・書評

10 経済知識

11 予報

12 投書欄

13 切り抜き

14 模擬投資

15 個人消息

16 保健衛生

17 広告

18 休み

19 ノロノロ

20 ウサギとカメ

21 ひとつでは多すぎる

22 新聞大学

23 生涯学習

24 生活習慣

25 ”社会の木鐸

26 知能を磨く

27 朝学

28 読み方

 

気付きTOP3

(1)ウサギとカメ:ユニークなゴール設定

ウサギの得意な山登りで勝てるカメは存在しないことくらい、走ってみなくてもわかる。思い違いをしたウサギが競争を挑んできたら、カメは騒がず、目標を池の中の小島にする。そんなレースをしようとするウサギはいない。つまり、カメは不戦勝である。日本というカメが欧州先進国のウサギと張り合うには、ユニークなゴールが必要である。模倣文化では、ユニークなゴールを考え付くことが難しい。まずは自分の頭で考える力をつけないと話にならない。

(2)新聞で得た知識の分類と整理

読んで面白いと思う新聞記事があったら切り抜く。それを分類して袋に入れておく。だんだん袋がふくれていく。ある程度ふくらんだら、袋から取り出して整理する。うまく整理がついたら本が書けるほどになる。

(3)高等教育はノロマ人間を生む

学校教育では生活を停止して毎日軟禁状態で授業を受けるため、生活感覚を弱めるらしい。教育の普及は思わぬ害をもたらしているが、それをはっきり指摘されることもない。

 

感想

著名な著者が書いた新聞に関する本。毎朝の日経新聞が読み切れずにたまってしまう自分が変えられないものかと手に取ってみました。さすがに知性溢れる面白い文章でしたが、話の脱線も多く、即効的に新聞の読み方が変わるようなものではありません。ハウツー本というよりも読み物として楽しめると思います。

 

NEXT ACTION

  • 新聞は、まず見出しをナナメに読む。
  • 一日ひとつ、大きなニュースを手帳に記録し、ストックしてみる。

★★入社1年目を「営業」から始める君へ 髙城幸司

f:id:akinaritodoroki:20170507141903j:plain

目次

PART1 本当は「営業」になりたくなかった君へ

PART2 「話がヘタ」な人ほど結果が出る不思議…お客様との関係のつくり方

PART3 落ち込んだ後に「最高の瞬間」が待っている…営業が楽しくなる仕事のヒント

PART4 枠を外して「自分だけ」のスタイルをつくろう…自分次第で仕事は大きく変わる

PART5 一歩抜き出る人の「会社」との付き合い方…上司や同僚を上手に味方につける

PART6 自分の将来をどうつくるか…営業の経験は、必ず君を助ける

 

気付きTOP3

(1)シナリオをつくる

シナリオ、すなわり商談の目的に合わせて必要な営業トークを準備することが大事。しなりをとして作っておきたいものは、①初対面の時の自己紹介、②お客様のことを知る質問事項、③お客様に質問されそうなことに対する回答、④結論を急ぐべき理由。仕事の準備は疲れた夜よりも朝に行う。約束の15分前には到着してシナリオを確認する。

(2)焼畑型営業と農耕型営業

名刺を3種類分類してみると、①仕事(今後も仕事でつながりが見込める人)、②不要(恐らく二度と会わないと思える人)、③知人(仕事よりも個人的にまた会いたい人)に分かれる。注文は取れてももう会うことはないような焼畑型の営業では自分が成長しない。何回も注文が頂ける、取引先を紹介いただける、仕事抜きでも付き合えるような、次につながる関係を育てる農耕型の営業を目指そう。

(3)運に頼らず勝ちパターンを分析する

勝ちパターンとしては大きく3つある。①優先度の高いお客様をすぐに挙げられる(顧客リストなど)→与えられた時間を効率的に使い、最大成果につなげるセンス、②初対面でも3分で仲良くなれる話術がある(話題の準備)→お客様から信頼を得るためのきっかけ作り、③商談をつなぐアクションプランが立てられる(仕事につながる行動をリスト化)→仕事につなげるシナリオを常に想定しておける。

 

感想

実は自分が「入社1年目を営業から始める」身ということもあり手に取った本です。営業職に対する不安を払拭し、営業の楽しさ、意義、キャリア形成上の強みなどを肯定的に説いてくれる本です。

 

NEXT ACTION

  • 営業に出る際には、事前にシナリオを準備し、営業の前後の時間で準備と振り返りを徹底する。

★話ができる男 バカになれる男 男が惚れる男 「人間的魅力」の育て方 山﨑武也

f:id:akinaritodoroki:20170528105849j:plain

目次

1章 馬鹿になれる男

2章 話がわかる男

3章 喧嘩ができる男

4章 金を使える男

5章 女を尊敬できる男

6章 仕事ができる男

 

気付きTOP3

(1)借りを持ち続ける度量

何か品物をもらったときに、即座に同等の価値ないしは価格のものをお返しとして贈ってはならない。相手に対して、これで貸し借りはなしというメッセージを伝えることにもなる。貸借の切れ目が縁の切れ目。高低のある人間関係を保ち、互角にならないで、お互いに高くなったり低くなったりするのが付き合いを長く保つコツ。

(2)小山の大将より大平原の暴れん坊

仲間うちの陣取り合戦という小さな土俵の上で戦いに勝ったと言って得意になっていてはいけない。新しいものに対して他流試合を挑むつもりでアプローチをすることが大事。山にこもっていては怠けていても自分自身で怠けているかどうかの見分けがつかなくなる。山のサイズに関係なく、その大将になったと思った途端にその山の崩壊が始まると心得ておく。

(3)悪いニュースでも耳に入ってくるようにする

仕事の成果よりも社長の機嫌が評価の基準になってしまうと、社員の目が広く自社の商品やサービスの顧客に向けられずに社長個人の機嫌という目前の狭い標的に焦点を合わせることになり、結果としてマーケットとは乖離してくる。人の上に立つ男は、自分の機嫌によって下の者が左右されているのではなく常に気を配っている必要がある。自分に伝達されるニュースの半分以上が都合の良いニュースであれば、誰かが情報操作を行っていることを疑うべきである。

 

感想

筆者の描く理想の男の像(筆者の生き様)と対局の男はバッサリと切り捨てる書きっぷりと、所々出てくる難しい言葉が特徴的でした。内容的には、当たり前で真っ当なことが書かれている印象です。

 

NEXT ACTION

  • 受けた恩はすぐに「返済」してしまってチャラにしてしまうようなことはしない。世話になることに引け目を感じないようにする。

★★ムダにならない勉強法 樺沢紫苑

f:id:akinaritodoroki:20170507174914j:plain

目次

第1章 勉強によって得られる5つのことと、あなたの勉強がうまくいかない4つの理由

第2章 「楽しい」だけで脳は活性化する 精神科医の「脳楽勉強法」

第3章 人生をリセットする 精神科医の「大人の勉強法4つの戦略」

第4章 まずは基本を学ぶのが第一歩 精神科医の「真似ぶ勉強法」

第5章 インプットとアウトプットを繰り返す 精神科医の「入出力勉強法」

第6章 さらに自己成長が加速する 精神科医の「スーパーアウトプット勉強法」

第7章 「続かない」はこう乗り越える! 精神科医の「10年継続勉強法」

 

気付きTOP3

(1)インプットとアウトプットを繰り返す

勉強を効率よく進めるには、①概観、②インプット、③アウトプット、④フィードバック(短所克服・長所伸展)の4つのステップで進める。インプットした情報を忘れないようにするためには、1週間で3回のアウトプットが必要。アウトプットにはインプットの2倍以上の時間を使う価値がある。そして、インプットするときはアウトプットを前提とすること。

(2)3つの気付きを得ることができれば十分

大人の勉強の目的は、知識を増やすことよりも、自己成長・自己実現のための「気づき」を得ること。気づきを得て、それを行動化していくことが自己成長のために重要。セミナーなどに参加したら、気づきとToDoリストを3つずつ書くこと。脳が一度に記憶して処理できる情報は3つまでであり、それ以上を処理しようとするとパンクしてすべて忘れてしまう。気づきだけでは脳内の知覚、認知が変化するだけで外界に何の変化も及ぼさない。ToDoリストは、気づきを行動に、思考の変化を現実の変化へと変換するツール。

(3)情報と知識のバランスを最適化する

情報は、今が旬であり、時間とともにその価値が劣化していく。それに対して、知識はある種の普遍的な価値を持っている。情報と知識の最適なバランスは2:8くらい。今が旬な新聞、雑誌、ネットで得られるインプットの大半は情報であり、本から得られるインプットは大部分が知識である。多くの人はネット8割、読書2割になっているが、時間配分を逆転させるべきではないか。

 

感想

本の中では、様々な勉強法が出てきますが、その○○勉強法というネーミングが面白いです。やはり一番のメッセージはアウトプットをするということ。何冊も本を読んでも時間が経つと内容を何も覚えていない自分が少し悲しくなって、本に書いてあるようにアウトプットをしてみようかという気持ちになり、このブログを始めました。ブログの構成も割と素直に本に書いてあることに従ってみました。「半年前に食べたもので今の身体ができているように、10年前に読んだ本で今の自分ができている」という言葉を信じて読書を続けていきたいと思います。

 

NEXT ACTION

  • 本を読んだらアウトプットをする(このブログを書く!)。気づきを3つと感想、そしてNEXT ACTIONを書く。

★★絶対ブレない「軸」のつくり方 南壮一郎

f:id:akinaritodoroki:20170507153406j:plain

目次

プロローグ 「やりたいこと」と現実の落差にさまよう日々

第1章 「明日から来てくれ」無職無給の「どん底」にいた僕が、なぜ20分のプレゼンで「楽天イーグルス創業メンバー」を勝ち取ることができたのか?

① スポーツビジネスへの諦めきれぬ想い

② 世界中を駆けずり回って、夢を追う日々

③ すべてを賭けて、スポーツビジネスの世界へ

④ すべての行動が結実した瞬間 楽天・三木谷社長を「20分でその気にさせた」プレゼン

第2章 「夢を語ることはリスクでも何でもない!」自分で決めつけた限界を打ち破る10の言葉

① 「自分の夢は実現しない」と最初から思い込んでいないか?

② 「やりたい!」を中心に据えて、ブレない「軸」をつくろう

③ 自分が変わると、「世界」は変わる

④ 自分の「欲」に素直になろう!

⑤ 待っていてもドアは開かない、自分でこじ開けよう!

⑥ チャンスは「上を向いた人」にだけ舞い降りる

⑦ 「行動して、何も起こらないこと」はマイナスではない

⑧ 「変化」を、ポジティブに受け入れる

⑨ 最期の瞬間に、笑っていられるか

⑩ 全力で駆け抜ける自分を、とことん信じよう!

⑪ 面倒なことにこそ巻き込まれよう!

⑫ 夢を語って迷惑する人はいない

⑬ 人生は「失敗の回数制限」のないゲームだ!

第3章 「自分の欲にもっと素直になろう」 やりたいことを磨いて、ブレない「軸」をつくろう!

① 1000の「やりたいこと」が、「軸」に変わる!

② 強みを「キャッチコピー化」しよう

③ 「情報収集」で夢への最短経路を手に入れよう

④ ブレない軸は、「必然性」を課して鍛えよう

第4章 「一緒に歴史をつくろう」 さりげなく、でも確実に相手を味方にする「巻き込み術」

① やりたいことを応援してもらおう!

② コミュニケーション力を底上げする唯一の方法

③ 「やりたいこと」の応援団を増やす「口説き方」

④ 夢を共有し、仲間を「巻き込む」コミュニケーション

第5章 「待っていてもドアは開かない」 まずは小さな一歩で70点を目指す「行動力の鍛え方」

①行動のハードルは下げられる<1>頭の中で完結させない!「想い」をアウトプットしよう

②行動のハードルは下げられる<2>まずは「スモール・スタート」でいい、「部活感覚」で力試しを!

③ 面倒なことに積極的に首を突っ込もう!

④ 行動することにリスクなんてない

⑤ 最後は「とにかく」行動、「とにかく」会う!

エピローグ 「やりたいこと」を叶えて、「心震える瞬間」を

 

気付きTOP3

(1)3つの手:挙手、拍手、握手

挙手=主体性、拍手=尊敬、握手=友情や和を大切にするということ。毎日は、挙手、拍手、握手の連続であるし、誠意を持って積み重ねることが大切。また、これは行動の指針であるとともに、大切な心のあり方をも示している。

(2)見返りを求めず、「信頼の貯金」を貯める

目先の得ばかり考えずに、目の前にあることに対して一生懸命取り組むと、必ず後になって自分に返ってくる。大切なのは、できる、できないをなるべく早くはっきり伝えること。できると判断したものは、理屈抜きで協力を惜しまない。

(3)70点を基準に考える

新しいことを始めるならば、最初から100点満点を狙う必要はなく、まずは70点を目指すのだ。70点でいいので、とにかく最低限の合格点を取ること、そのための「打ち出し角度」を見極めることが重要。

 

感想

現在ビズリーチ社長の南さんが、かつてスポーツビジネスへの情熱のまま行動し、楽天イーグルスの創業メンバーを勝ち取ったストーリーが第1章に書かれていますが、読み物として面白かったです。自身の経験を通じて、ブレない軸をつくるための熱いメッセージが第2章以降に書かれています。読んだ後、少し心が熱くなるような本です。

 

NEXT ACTION

  • 困っている人から何かを頼まれたら、損得考えずに協力する。

★★★(携帯版)思考は現実化する Think and Grow Rich ナポレオン・ヒル 田中孝顕[訳]

f:id:akinaritodoroki:20170507134505j:plain

目次

序章 思考は現実化する!

第1章 思考は現実化しようとする衝動を秘めている

第2章 願望の設定は、あらゆるものの達成の出発点である

第3章 信念は願望実現の原動力である

第4章 深層自己説得を活用する

第5章 個人的経験と観察力を高める

第6章 脳の中に浮かぶ神羅万象の世界を活用せよ

第7章 体系的な行動計画を立てる

第8章 速やかに決断せよ

第9章 忍耐力を身につける

第10章 マスターマインドの力

第11章 モティベーションを生み出す魔法のアイディア

第12章 潜在意識は海面下の王国である

第13章 頭脳は宇宙が宿る小さな器である

第14章 第六感は英知への殿堂への扉を開く

第15章 強烈な本能を創造的なものに転換せよ

第16章 失敗も生き物である

第17章 悲しみを通して魂にいたれ

第18章 不安という名の七つの亡霊

 

気付きTOP3

(1)願望実現のための6か条

①あなたが実現したいと思う願望を「はっきり」させること。単にお金がたくさん欲しいなどというような願望設定は、まったく無意味なことである。②実現したいと望むものを得るために、あなたはその代わりに何を”差し出す”のかを決めること。この世界は、代償を必要としない報酬など存在しない。③あなたが実現したいと思っている願望を取得する「最終期限」を決めること。④願望実現のための詳細な計画を立てること。そしてまだその準備ができていなくても、迷わずにすぐに行動に移ること。⑤実現したい具体的願望、そのための代償、最終期限、そして詳細な計画、以上の4点を紙に詳しく書くこと。⑥紙に書いたこの宣言を、1日に2回、起床直後と就寝直前に、なるべく大きな声で読むこと。このとき、あなたはもうすでにその願望を実現したものと考え、そう自分に信じ込ませることが大切である。

(2)想像力には二つの型がある

改良的想像力とは、古くからある概念、アイディア、計画などを新しく再構成したものである。発明家はたいていこの想像力で発明をしている。ただ、例外的に天才と世ぼれている人たちだけが、独創的な想像力を使っているだけである。ほとんどは改良的な想像力だけで多くの難題を解決してきている。独創的想像力は、人間の限りある心と無限の英知を直接に結び付けるものである。ヒラメキやインスピレーションを生み出す。いずれの想像力も使えば使うほど鋭敏になる。そして、想像できるものは必ず実現できる。

(3)報酬以上の仕事をせよ

報酬以上の仕事をしてきた人は報酬以下の仕事しかしていない人よりも高い地位につき、高い報酬を得ている。この原則を守る人には二重の報酬を得ることができる。まず第一に、原則に従わない人よりは多くの物質的報酬が得られること。第二に、幸福と満足感が得られるということである。給料袋の中身だけが報酬のすべてだと思っている人は不幸である。給料袋の中身以外の報酬が人に幸福感と満足感を与えてくれるのだ。

 

感想

事業をつくる天才と言われているレバレジーズ株式会社の岩槻知秀社長が、学生時代に「思考は現実化する」を読んで起業を決意したという話を聞いたことがあって、起業を決意させる本とはどんな本なんだろうという興味で購入しました。何度も読み直すべきでしょうが、560ページ以上あるため、なかなか読み直すこともできなさそう。。。願望を具体的に紙に書けということをこれでもかというほどしつこく促されるため、さすがに私も読んだ後、仕事の目標を紙に書いて部屋に貼りました。

 

NEXT ACTION

  • 仕事の目標を紙に書いて部屋に貼る。

★★★成功を習慣化する3つの記憶 横山信弘

f:id:akinaritodoroki:20170507124543p:plain

目次

プロローグ 成功をもたらす3つの記憶装置

第1章 「3つの記憶」の役割 なぜ現代人はチャンスを引き寄せられないのか

第2章 「3つの資産」で成功の土台を築く 脳の中に一枚の宝の地図を描けているか

第3章 「3つの質問」で脳を活性化する 高い目標を正しく設定し、圧倒的な成果を出す方法

第4章 「仲間の記憶」を味方につける なぜ関係資産が整うと加速度的にうまくいくのか

第5章 「3つの記憶」で成功のお花畑を作る あなたにとって、本当の幸せとは何か

エピローグ 動き出さない人に成功も奇跡も訪れない

 

気付きTOP3

(1)「引き寄せの法則」の再現の鍵はワーキングメモリ

人の記憶装置は3つある:①意識を司る「短期記憶=ワーキングメモリ」、②考えるための知識を蓄積する「長期記憶」、③いざというときのインデックス「外部記憶」。引き寄せの法則では、実現したい願望などを紙に書きだす。これが外部記憶になる。次に長期記憶にこのデータを転送する。こうなれば「願望」という切り口を与えるだけで、メモを見なくても考えながら口にできるようになる。自問自答プロセスを繰り返すことで、願望を短期記憶に転送し、データが常駐するようになれば、常にそのデータを想起して脳が処理しようとする。すなわち潜在意識を味方につけている状態になる。願望達成のために必要なデータを取りに無意識に行動するようになり、願望達成に近づく。自分の意識レベルを知る3つの質問:①アバウトな質問、②具体的な切り口を使った質問、③正しい答えを使った質問により願望が外部、長期、短期のどのレベルまで転送されているかがわかる。

(2)10代で旅をし、20代で仲間を作り、30代でリーダーになり、40代からは自分に問いをする

成功の条件として3つの資産がある:①金融資産、②周りとの良好な関係である「関係資産」、③知識、能力、経験といった「自分資産」。脳の中に宝の地図を描いていくためには、まずは脳の柔軟性や基礎体力をつける必要がある。そのためには、旅すなわち空間的な移動が刺激になる。地図に道を残すには、インパクト×回数。人はミラーニューロンにより周りに影響される。社会に出て3年以内に、大きな目標に向かっている仲間を作る。やる気よりもその気。人を育てる立場になると価値観、信条、能力は一気に変わる。地位は人を作る。①アイデンティティ、②信念・価値観、③能力、④行動、⑤環境のうち、①②③を承認して、④にフィードバックする指導が理想。

(3)完璧主義より達成主義

点で考える完璧主義者は、1億円の目標なら1億円ぴったり達成しようとして、あれこれ吟味するが結局時間切れになる。線で考える達成主義者にとって、目標は通過点であり最低ライン。可能性のありそうなものを前向きに大量行動することで、精神的な余裕が生まれる。大量行動を習慣化することによってリスクに鈍感になれる。

 

感想

記憶に残る本でした。3つの記憶、3つの資産、3つの質問、と整理されていて頭に入りやすかったです。少しスピリチュアルなところがある引き寄せの法則を、記憶装置の観点から明快に説明している点が非常に印象に残ります。

 

NEXT ACTION

  • 『思考は現実化する』を読む。そして願望を紙に書く。
  • 後輩への指導は、アイデンティティを否定せずに、行動にフィードバック。

 

★★スタンフォード式最高の睡眠 西野精治

f:id:akinaritodoroki:20170507113109p:plain

目次

プロローグ 「ぐっすり」を追求した究極のスタンフォード・メソッド

0章 「よく寝る」だけでパフォーマンスは上がらない

・知らぬ間にはまる「眠りの借金地獄」

・「理想の睡眠時間」は遺伝子で決まる

・「たっぷりの睡眠」でも脳は不満足

・「黄金の90分」で最高の脳と体をつくり上げる

1章 なぜ人は「人生の3分の1」も眠るのか

・世界のエグゼクティブが大事にする「眠りの共通点」

・睡眠に課せられた「5つのミッション」休息・記憶・ホルモン・免疫力・脳の老廃物除去

・睡眠の終着駅「夢」の不思議

・眠りの質が「覚醒レベル」をこう決める

2章 夜に秘められた「黄金の90分」の法則

・「8時間寝たのに眠い人」と「6時間寝てすっきりした人」

・最初の90分が「黄金」になる3大メリット 自律神経・グロースホルモン・脳のコンディション

・少数精鋭の「睡眠部隊」を味方につける

・「体温」と「脳」に眠りスイッチがある

3章 スタンフォード式 最高の睡眠法

・体温と脳が「最高の睡眠」を生む

・睡眠クオリティを上げる3つの「体温スイッチ」

・入眠をパターン化する「脳のスイッチ」モノトナスの法則・正しい羊の数え方

・脳にも「寝たくない」ときがある?

4章 超究極!熟眠をもたらすスタンフォード式覚醒戦略

・「どう起きているか」でぐっすりか否かが決まる

・睡眠レベルをさらに高める「スタンフォード式覚醒戦略」

5章 「眠気」を制する者が人生を制す

・「睡魔」はあなたの敵か、味方か

・睡魔に打ち勝つスタンフォード式「アンチスリーピング」メソッド

・世界のトップがやっている超一流の仮眠術

・人生の3分の1を変えれば、残りの3分の2も動き出す

エピローグ 睡眠研究の最前線「スタンフォード」で見つけたこと

 

気付きTOP3

(1)ショートスリーパーは遺伝

ショートスリーパーは生体リズムに関係する時計遺伝子に変異があることがわかった。ナポレオンの子はナポレオン。短時間睡眠は遺伝である。ほとんどの人は短眠の遺伝子を持っていない。普通の人は最低でも6時間は寝なければならない。睡眠不足は、インスリン分泌が悪くなり糖尿病になる。レプチンが出ず、グレリンが出て太る。交感神経の緊張状態が続いて高血圧になる。精神が不安定になり、うつ病、依存症になる。寿命が縮む。

(2)最初のノンレム睡眠「黄金の90分」がすべてを決める

夜中まで仕事をしなければならないのであれば、眠気があるときにまず寝てしまい、黄金の90分が終了した最初のレム睡眠のタイミングで起きて、仕事にとりかかるとよい。睡眠量は不十分であっても、質の面では最低条件化の最大限のメリットが得られる。明け方まで仕事をしてから少しだけ眠るのは質が悪い。明け方に深い眠りをとるというのは、地球に逆らうやり方なのだ。

(3)深部体温と皮膚温度の差が縮まると眠くなる

深部体温は日中高くて夜間低いが、皮膚温度はその逆で昼に低くて夜間高い。スムーズな入眠のためには深部体温と皮膚温度の差が2℃以下に縮まっていることが鍵。そのためには寝る90分前に入浴し、一時的に体温を上げてから、その後深部体温が一気に下がるようにする。ちなみに、雪山では深部体温が下がって眠気が出る。同時に生命維持のために無駄なエネルギーを使わないように体がスリープモードに入る。寝てしまうと、深部体温が通常よりもさらに下がって低体温症になり、死に至る。

 

感想

世界的な権威であるスタンフォードで、睡眠一筋に研究している日本人研究者が書いた本で、科学的に信頼できる内容でした。ショートスリーパーには遺伝子的になれないということは、しっかり寝ていいんだという安心につながりました。個人的には雪山で寝たら死ぬのはなぜかという話が面白かったです。

 

NEXT ACTION

  • 朝起きたら太陽の光を浴びる。できれば、外を散歩する。
  • 寝る時間を固定する。22:30→5:30の7時間睡眠を目標。

 

 

★脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法 樺沢紫苑

f:id:akinaritodoroki:20170507110302j:plain

目次

序章 あなたの働き方はあなたの脳が決めている

1 ドーパミン仕事術 幸福物質を自在に操り、モチベーションを上げまくれ!

2 ノルアドレナリン仕事術 恐怖とプレッシャーで仕事効率を上げろ!

3 アドレナリン仕事術 怒りと興奮を味方に変える

4 セロトニン仕事術 癒し物質で、朝仕事の効率化と気分転換

5 メラトニン仕事術 睡眠物質で完全リフレッシュ

6 アセチルコリン仕事術 認知機能とひらめきを高める方法

7 エンドルフィン仕事術 脳内麻薬を味方につける究極の仕事術

 

気付きTOP3

(1)ノルアドレナリンドーパミンの使い分け「北風と太陽」

人間の欲求は「快」を求めるか、「不快」を避けるか。ノルアドレナリン型のモチベーションは、恐怖や不快、叱られることを避けるために頑張るもの。ドーパミン型モチベーションは、楽しさ、ご褒美、褒められるなどの報酬を求めて頑張るもの。ノルアドレナリンは即効性があるため短期集中型で使う。ドーパミンは長期的なモチベーション。ドーパミンを出すステップは、①目標設定、②目標達成をイメージ、③目標をくり返し確認、④楽しみながら実行、⑤目標達成したらご褒美、⑥すぐに高い目標を設定、⑦繰り返す。

(2)映画を見て流す感動の涙がセロトニン神経を鍛える

セロトニン神経を鍛えるには、日光を浴びる、リズム運動、咀嚼などが代表的だが、映画などを見て感動するという「共感」とセロトニンには大きな関係がある。感動の涙を流すとき、前頭前野の血流がよくなり、副交感神経優位のリラックス状態になる。

(3)アセチルコリンを高めるには禁煙すること

アセチルコリンには、ムスカリン受容体とニコチン受容体の2つのスイッチがある。たばこのニコチンによってもアセチルコリンと同様の反応を引き起こす。しかし、たばこからニコチンを摂取していると、脳がアセチルコリンの生成をサボるようになり、ニコチンがなければアセチルコリンが足りない状態になってしまう。これがニコチン依存症。たばこを吸って頭がスッキリしたというのは、普通の状態に戻っているだけ。

 

感想

同じ著者ということもあり、「神・時間術」と内容がかなり重複しているような印象は受けました。代表的な脳内物質について、概要と仕事生活上の使いこなし方を具体的に解説している点では非常に面白い本だと思いました。

 

NEXT ACTION

  • 感動する映画を見に行く。
  • たばこは吸わない。

 

 

★★脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術 樺沢紫苑

f:id:akinaritodoroki:20170507101623j:plain

目次

序章 最高の人生を手に入れる「神・時間術」4つの原則

1 集中力を中心に時間を考える

2 集中力をリセットして時間を生み出す

3 アメリカ式の仕事効率を手に入れる

4 自己投資のために時間を使う

最終目標 楽しむために時間は使う

第1章 脳の機能を最大に生かす集中力の高め方

1 15・45・90の法則

2 雑念排除法

3 制限時間仕事術

第2章 朝の時間を最大に生かす脳のゴールデンタイム仕事術

1 脳のゴールデンタイムを活かす

2 始業直後の30分が大事

3 超・朝活起床術

4 朝一番の仕事術

第3章 昼の時間を最大に生かす午後のリセット術

1 外出ランチ・リセット術

2 脳をリセットする仮眠の技術

3 午後のリセット仕事術

4 午後の仕事術

第4章 夜の時間を最大に生かす運動&睡眠リセット術

1 運動リセット術

2 宵越しのストレスは持たない

3 睡眠にいい生活習慣

4 寝る前15分 活用術

5 寝だめ禁止令

6 成長ホルモン回復術

第5章 仕事の時間を最大に生かす時間創出仕事術

1 フォー・ユー仕事術

2 今でしょ仕事術

3 並行仕事術

第6章 自由時間を最大に生かす自己投資&リフレッシュ術

1 自由時間に仕事はしない

2 自己投資をする

3 能動的に娯楽を楽しむ

4 人生を変えるリラックス時間

 

気付きTOP3

(1)時間のジグソーパズル理論

時間を一次元で考えるのではなく、時間×集中力の二次元平面で考える。時間×集中力(仕事効率)=仕事量。集中力は朝が最も高く、午後になるにつれて低下する。朝の時間は夜の4倍の価値がある。仕事を集中仕事と非集中仕事に分類して、ジグソーパズルのようにそれぞれ適切な時間に当てはまるだけで仕事が圧倒的に効率化して、時間が創り出される。

(2)ToDoリストの活用

仕事も遊びもテレビもリストアップしてから優先順位で並び替える。遊びにもToDoリストを作る。テレビも全て録画してから本当に見たいものだけを見れば時間が削減される。

(3)先に自己投資して、後から時間が増える

自己投資によりスキルが伸びれば、「時間×集中力」の集中力の軸が伸びるため、さらに時間が増える。本を読む時間がないのではなく、本を読まないから時間がない。仕事が終わらないから睡眠時間が足りないのではなく、寝ないから仕事が終わらない。時間がないから運動できないのではなく、運動しないから時間がない。先に自己投資をすれば、さらに時間が生まれる好循環に入ることができる。

 

感想

時間を二次元でとらえるという発想は非常に大きな気付きでした。学生時代は、夜まで無限に残って研究をすることができていたので、朝をだらだら過ごして、夜になってから頑張るといった生活になることもありましたが、朝型に転換して、お尻を決めて集中することが生産性向上のために不可欠であると痛感しました。

 

NEXT ACTION

  • 朝の時間に集中力が必要な仕事を持ってくる。
  • 読書と運動の習慣を徹底する。

★★伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い 柴垣樹郎 小宮謙一

f:id:akinaritodoroki:20170507094415j:plain

 

目次

序章 新人ならではの武器を知れ

第1章 伝説の新人は、スタートが違う。

第2章 伝説の新人は、チャンスのつかみ方が違う。

第3章 伝説の新人は、当事者意識が違う。

第4章 伝説の新人は、目標設定力が違う。

第5章 伝説の新人は、時間の使い方が違う。

第6章 伝説の新人は、解釈力が違う。

第7章 伝説の新人は、好かれ方が違う。

第8章 伝説の新人は、伝え方が違う。

第9章 伝説の新人は、スキルの盗み方が違う。

第10章 伝説の新人は、読書力が違う。

 

気付きTOP3

(1)チャンススパイラル

チャンスはぶっちぎった者に集中する。いい仕事をし続ける人はそれが評判となり、該当分野で案件が生まれたときに、常に第一想起されるようになる。どんな仕事でも相手の求めていること(期待値)を1%上回り続けることで、相手に印象を残し、チャンススパイラルに乗ることができる。「101%の法則」

(2)虫の目、鳥の目、魚の目

近いところで虫のような複眼を使い、様々な角度から注意深く見る。虫には見ることができない広い範囲を鳥の目で高いところから俯瞰する。魚が水の流れや潮の満ち引きを敏感に感じるように世の中の流れを敏感に感じる。

(3)ペーペーシップ

上司や先輩の心の中には、新人がするべきことのあたりまえの基準が明文化されていないながらも出来上がっている。これを指摘される前に行動できると「使える」ヤツと思われる。逆に行動する前に指摘されたらアウト。

 

感想

伝説になるためには、圧倒的な目標設定や勉強量が必要ですが、むしろ当たり前のマインドセットを着実に持って行動することが大前提ということを感じました。この本に書いてある思考習慣の多くは、別のところでも聞く話が多かったからです。しかし、このような基礎を徹底することが大事であることが再確認されました。

 

NEXT ACTION

  • すべての仕事に自分なりの+αを付加して101%にする!