BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★トヨタ流「5S」最強のルール 原マサヒコ

f:id:akinaritodoroki:20190120090148j:plain

目次

プロローグ ドSコンサル女子エリカによる5S活動、始動!

第1章 整理

第2章 整頓

第3章 清掃

第4章 清潔

第5章 躾

エピローグ ドSなエリカの5S活動の成果

 

気付き

(1)整理とは

単にモノを並べ直したり積み直したりするのは「整列」。整理というのは、まず要るモノと要らないモノを区別すること。そして要らないモノを処分していくこと。

(2)整頓とは

見た目としてキレイにモノを配置するのは「陳列」。この場合、使いやすさは考慮されていない。5Sにおける整頓は、要るものを使いやすい場所に置いておくこと。整理では不要なものを捨てたが、その整理を経て残った必要なものを再配置するのが整頓。だから整理をしなければ整頓はできない。

(3)清掃を習慣化することで得られるメリット

①清掃をすることで、自身の心身を磨くことにもなる、②どんな仕事でも通用する普遍的なスキルを身につけることにもなる、③汚れの原因について考えることで、根本原因を考える癖がつく、④朝イチで清掃すると1日準備運動にもなる、⑤清掃で体を動かすことで脳が活性化しアイデアが生まれやすくなる、⑥全員で清掃することでコミュニケーションが生まれやすくなる、⑦働く環境がキレイになることで職場にやる気が生まれる。

 

感想

表紙にあるように2時間で読み切れます。非常に簡単に解説されていますが、トヨタ流ということで、もっと製造業の深いところを期待していました。

 

NEXT ACTION

  • 捨てるモノの基準より、捨てないモノの基準を考える。

★「仕組み」節約術 泉正人

f:id:akinaritodoroki:20190114182626j:plain

目次

はじめに

第1部 「仕組み」節約術 入門

 第1章 なぜ「仕組み」が必要なのか

 第2章 「仕組み」化するメリット

 第3章 お金の支出に「仕組み」を作る

 第4章 続ける「仕組み」を作る

第2部 「仕組み」節約術 実践

 第5章 固定費を削減して、節約生活の土台作り

 第6章 なんとなく、ダラダラの出費を大幅カット

 第7章 せかせかしない、小さなお金の減らし方

 第8章 時間のムダも減らせば、もっと豊かになれる

 第9章 「仕組み」節約術の先にあるもの

おわりに

 

気付き

(1)ほしいものは、その場で買わない

買い物は、①ほしいものがあったらまずメモをとる、②1週間後に自動的にほしいものを思い出すような「仕組み」を作り、それまではすっかり忘れておく、③1週間後に、もうほしくなっていたら購入は見送る、③1週間後にもまだ購入の意思が薄れていなかったら必要な物と判断してネットで最安値を検索したうえで購入する。

(2)自分の時給を計算する

自分の時給は(基本給+残業代+ボーナス)÷総拘束時間で計算される。自分の時給を知ると、時間とお金を同時にコントロールできるようになる。自分の時給を節約の判断基準にすると、毎日100円や200円の節約に時間を割くことのムダがわかり、細かな節約よりも自己投資や自分自身の楽しみのために時間を使えるようになる。

(3)資格取得の判断基準

資格取得を考えたら、その資格を取るために使う自分の労力とお金は、資格取得によってどのくらいで回収できるのかを計算してみる。目安は資格取得に費やしたお金の2倍の金額を資格取得による収入増などで回収できれば価値がある。

 

感想

内容としては、家計の変動費よりも固定費に着目しましょうということをくどくどと説明しているような印象で、具体的なところまで踏み込んでいなかったのが残念です。

 

NEXT ACTION

  • 自分の時給を計算してみる。

★★★まんがでわかる 営業部はバカなのか 北澤孝太郎

f:id:akinaritodoroki:20190114134916j:plain

目次

はじめに

プロローグ

第1章 バッド・イメージを覆せ

第2章 ものが売れる瞬間を逃すな!

第3章 「手間」と「時間」は惜しむな!

第4章 営業力は”努力”で伸ばせ

第5章 戦える組織になるために

おわりに

 

気付き

 ものが売れる瞬間は3つある。①顧客価値を制した瞬間、②贅沢品と必要品のメカニズムを理解して使い分けられた瞬間、③駆引きが上手くいった瞬間。

(1)顧客価値を制する

顧客価値とは、その商品やサービスを選ぶ理由。顧客価値のある商品とは、①買う側に購入の決め手となるものがある。②価格の高低に関わらず、多くのものの中から選ばれる理由がある。③日々の変動を視野に入れ、常に新しく創造されているものがある。

(2)贅沢品と必要品は分けて考える

人が商品を買う時の心理的プロセスは、贅沢品と必要品で異なる。贅沢品(無くても困らないもの)=直感的浮揚(一目ぼれ)ー心理的割引分(メリット・デメリットを冷静に分析する)。差分がプラスなら購入、マイナスなら購入しない。必要品(無いと困る者)=比較検討(価格が妥当か、利便性はあるか)+自己記憶(過去の記憶をたぐり出し加点・減点)。総合点が一番高かった商品を購入、という方程式になる。贅沢品を売るには、ストーリーで話すことが重要。必要品を売るには、抽象度を自在に操ることが重要。

(3)巧妙な駆引きで交渉する

駆引きには3つの鉄則がある。①感情優先の鉄則、②理屈は先行の鉄則、③マーカー(期待値の線)は先方の鉄則。まずは相手に感情をぶつける。感情で押しまくった後にそれだけでは結論を出せなくてどうしても理屈を言わなければならなくなったら、そのときは先方よりも早く理屈を切り出さなければならない。その理屈こそ、感情で押しまくられている先方に取っての逃げ道となり、この逃げ道に先方を追い込む。また、マーカー(期待値の線)は絶対にこちらから引いてはいけない。その時点でこちらの期待値が相手にバレてしまい、交渉の主導権を握られてしまう。このように、最初に感情×理屈、マーカーを先方に引かせた上で、先方が納得するような取引変数を考え、最後に引き算する。つまり、最初は掛け算、次に引き算で駆引きをする。

 

感想

ものが売れる瞬間を方程式で表していることが非常に斬新なアイデアでした。すぐに読める本ですが営業のエッセンスが詰まっています。 

 

NEXT ACTION

  • 抽象度を一度上げてから下ろす話術を身につける。
  • 期待値の線は先に言わない。

★★★医師が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68 牧田善二

f:id:akinaritodoroki:20190114124409j:plain

目次

はじめに

序章 人体のメカニズムに沿った最強の食事 血糖値のコントロールが最大のカギである

第1章 医学的に正しい食べ方20 ダマされる前に知っておきたい食事の新常識

第2章 病気を遠ざけ活力を取り戻す!やせる食事術 糖質制限で心身を整える技術

第3章 24時間のパフォーマンスを最大化する食事術 朝・昼・晩の食事で本来のパワーを高める技術

第4章 見た目・気力・体力を衰えさせない!老けない食事術 若さとしなやかさを取り戻す食べ方

第5章 本来の免疫機能を回復させる!病気にならない食事術 現代人ががんを遠ざけるための食べ方

第6章 100歳まで生きる人に共通する10のルール 世界の統計データが教える長生きの秘訣

おわりに 「わかっていない」とわかることから始めよう

 

気付き

(1)肥満の原因は脂質ではなく糖質(炭水化物)

糖質を取ることによって血中のブドウ糖が過剰になると中性脂肪にかたちを変えて脂質細胞などに溜め込まれる。脂肪を食べたから体に脂肪がたまるわけではない。糖質とは炭水化物のことであり、ごはんやパン、麺類、果物、お菓子、清涼飲料水など様々な食べ物に含まれる。特に液体の糖質は口にしてすぐに血糖値が上がり始めわずか30分後にピークに達する(血糖値スパイク)。

(2)運動は食後すぐに行うのはいい

糖質を食べれば血糖値は上がるが、食後すぐに運動するとその上昇を抑えることができる。

(3)水を1日2リットル飲む

水をたくさん飲むと、単純に血中の糖の濃度が薄まり、それだけで血糖値が下がる。糖尿病になるとのどが渇くのも、血糖値を下げようとするから。また、細胞の代謝には水が必要で、古い汚れた水より新鮮な水の方が良い。硬水は便秘にも効果がある。

 

感想

理学療法士の友人と食事について会話したことをきっかけに、本気で食事を改革しようと思い読みました。炭水化物ダイエットという言葉は聞いたことがありましたが、そのメカニズムが完全に理解できました。それだけでこの本を読んだ価値があります。

 

NEXT ACTION

  • 液体の糖質(缶コーヒー、ジュース)は飲まない。
  • 夕食はなるべく就寝の4時間前までに済ます。

★★多動力 堀江貴文

f:id:akinaritodoroki:20190114121602j:plain

目次

はじめに

第1章 一つの仕事をコツコツやる時代は終わった

第2章 バカ真面目の洗脳を解け

第3章 サルのようにハマり、鳩のように飽きよ

第4章 「自分の時間」を取り戻そう

第5章 自分の分身に働かせる裏技

第6章 世界最速仕事術

第7章 最強メンタルの育て方

第8章 人生に目的なんていらない

おわりに

 

気付き

(1)電話は一方的に人の時間を奪うものだ

インターネットの大きな功績は、非同期通信を手軽にしたことである。そのおかげで隙間時間を活用できるようになった。ミーティングや電話といった動機通信でやる必要のないことは非同期通信で十分。

(2)世の中には原液を作る者と原液を薄める者の2種類がいる

1日は24時間で限られている。その限られた時間は自分にしか思いつかないアイデアを出すことや自分にしかできない発言をすることに集中するべきだ。たとえば、会議で発言した一言が一人歩きして、多くの人間を動かしているか?を考える。

(3)資産が人を駄目にする

「●●をしたい→●●が必要」というのが筋であって「●●をもっている→●●をしないともったいない」というのは大体うまくいかない。1000万円の土地をもっているのならば、それを生かして何かやろうと考えるのではなく、そんな土地はさっさと売ってしまって、1000万円を元手にやりたいことをやればいいのだ。

 

感想

ホリエモンの著書を読むのは実は初めてでした。評判通りの過激な表現はありますが、真っ当なことを言っていると思います。

 

NEXT ACTION

  • 飽きてしまったことを記録する(飽きたことノート)。それは成長の証。
  • 仕事を自分にしかできないことと、自分以外の人でもできることに分けて考える。

★マトリックスで考える人は仕事ができる 野口𠮷昭

f:id:akinaritodoroki:20190106200731j:plain

目次

プロローグ 「マトリックス」で考えるということ

Chapter1 タレント系マトリックス

Chapter2 商品企画系マトリックス

Chapter3 職場課題系マトリックス

Chapter4 人セグメント系マトリックス

Chapter5 自分マーケティングマトリックス

 

気付き

(1)代表的なマトリックス

①ポジショニング分析(縦軸・横軸を設定しプロットする)②PPM:プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント分析(自社の強み・相対的シェアと、市場の魅力度・成長性の2軸で分析)、③SWOT分析(機会・脅威と強み・弱みの2×2の4マスで分析)、④ロードマップ分析(縦・横軸を設定し、未来予想図に向かっての時間軸を設定する)。

(2)マトリックス思考の6STEP

①分析の背景・目的の確認、②軸の要素出し(どんな軸が考えられるか)、③軸の決定、④テーマ・アイデア群のプロット(マトリックスに埋めるもの)、⑤グルーピング・分析フレーム決め(評価基準決め)、⑥分析の結論。

(3)ユニバーサルブランドの類型

①伝統型(100年以上変わらないイメージ、味、効能、信頼:コカ・コーラ養命酒正露丸など)、②伝説型(時が止まり伝説として受け継がれている:ビートルズなど)、③変化対応型(本質を踏襲しつつも時代に合わせ変化:カローラカップヌードルなど)。

 

感想

2軸を設定し、様々なものを位置づけていって分析する。問題点であれば解決策を見出す。そのための強力な思考法です。価値ある内容だと思いますが、少し難しすぎてついていけませんでした。著者の方の発想力と独特の切り口はすごいです。

★★倒産しない強い会社をつくる社長の仕事 原田繁男

f:id:akinaritodoroki:20190106181454j:plain

目次

はじめに

序章 社長が変われば社員も変わる

第1章 経営がわからないと勝ち残れない

第2章 事業の本質がわからないとダメになる

第3章 戦略的思考がないと生き残れない

第4章 懐が深くないと社員が離れていく

 

気付き

(1)正当過失の原則と例外の原則

仕事はまかせても責任はまかせない。会社の方針が誤っていたり、指示・命令の仕方が悪くてクレームなどが生じたら、部下に責任を問うことはできない(正当過失の原則)。また、日常的な業務、反復される業務はルールを作って部下に任せ、例外的な業務(クレーム処理、資金繰りなど)についてだけ社長の任務とする(例外の原則)

(2)目標管理の整理

目標は目的別にみると①業績志向型、②能力向上型があり、実施面からみると、①結果重視型と②プロセス重視型がある。目標管理は業績を上げる仕組みであり、また人事評価にも生かされるべき。さらに目標管理を導入することは会社の問題点を浮き彫りにする。

(3)リスクマネジメントで考えること

最低限必要なリスクマネジメントとして、①製造物責任(PL)法対策、②自然災害、③知的所有権、④経営戦略、⑤環境問題、⑥労働災害・労働安全管理、⑦従業員、⑧企業倒産対策、⑨プロフェッショナルライアビリティー、⑩税務、⑪事業承継・相続対策、⑫生命保険・損害保険、⑬不動産などのリスク対策を考える必要がある。

 

感想

数多くの中小企業の会社をコンサルしてきた経験から、数多くの失敗・倒産例が書かれています。あれも、これも社長の責任、仕事だと書かれているので、社長という職責は大変なんだなぁとつくづく感じます

★会社では教えてもらえない 生産性が高い人の思考整理のキホン 井上龍司

f:id:akinaritodoroki:20190106173241j:plain

目次

はじめに

第1章 頭の中がぐちゃぐちゃ。全然はかどらない!

第2章 どんな仕事もスムーズに進む 思考整理のキホン

第3章 「論理的に考える」が一発で身につく!

第4章 アイデアを効率的にどんどん出せる!

第5章 言いたいことがいつでも伝わる!

 

気付き

(1)思考整理の大原則

①乱れた状態にあるものを整えて、きちんとすること。②無駄なもの、不要なものを処分すること。部屋の整理をするのと同じ。

(2)思考はすべて紙に書く

脳はPCと同じように①ハードディスク(情報の倉庫)②メモリ(情報を処理する作業テーブル)③CPU(処理装置)がある。ハードディスクの情報を直接処理するのではなく、いったんメモリに置くが、脳のメモリは大きくない。紙に書くことでメモリを拡張することができ、効率的になる。

(3)思考整理ができているとイレギュラーに強い

思考整理ができていると、仕事を俯瞰して見たり、柔軟に対応することができる。ただ仕事が速いだけでなく、イレギュラー(突発事態)からの立て直しが速くなる。

 

感想

思考整理ができていればトラブルに強い。言われてみれば当たり前ですが納得しました。トラブル時の緊急判断力は勘や経験もあるかもしれませんが、やはり冷静かつ迅速な状況把握と対策立案だと思います。

 

NEXT ACTION

  • ごちゃごちゃと考えが発散するときは、紙に書いて、表に整理する。

★★「営業職」のための心理学・脳科学 真田秀樹

f:id:akinaritodoroki:20190106141736j:plain

目次

はじめに

営業が脳科学・心理学を知る必要性

営業に求められること

シーン別、脳内状況解説

働き方のアドバイス

営業に使える心理学

営業の方向けの健康知識

健康の豆知識

さいごに

 

気付き

(1)昼寝の効果

NASAが宇宙飛行士を対象に行った実験では、25分間の昼寝で判断力が35%上昇し、150mLのカフェインを摂取するよりも効果は高かった。時間は10~25分程度がベスト。

(2)あえてキリが悪い所で仕事を終わらせてしまう

やりきったことよりも達成できていないことのほうが、より強い印象として残る現象をツァイガルニク効果という。考え事をしながらぼーっとしていても、脳は勝手に働いてくれる。帰宅前にタスクを付箋に書き出して机に貼ってから帰宅することで、タスクを可視化して印象に残らせて、あとは脳で勝手に処理させる。

(3)ロサダ比較

ポジティブ2.9以上に対し、ネガティブが1になるような割合が好ましい。1以上になるとチームの効率が落ちる。ちなみに、怒られて偏桃体が不安や恐怖に侵されると、そこから正常な状態に回復するまで数時間要する。つまり一度でも過度な恐怖状態に陥ってしまうと、その日の全ての仕事の質が落ちてしまう。

 

感想

よく聞いたこともあるものも含め、仕事に使える心理学が辞書のように網羅されています。心理学や健康法についての基本知識を初めて学ぶ際に幅広く得たい方におすすめです。

 

NEXT ACTION

  • 甘いものはビタミンCやたんぱく質を消費してしまうため、なるべく控える。
  • プチ断食に挑戦する。
  • 食物繊維の豊富な野菜類を摂取する。
  • ジャンクフードに含まれる食品添加物亜鉛を消費してしまうため控える。

★★最高のリーダーは、チームの仕事をシンプルにする 阿比留眞二

f:id:akinaritodoroki:20190104143206j:plain

 

目次

はじめに

第1章 最高のリーダーの、仕事を「シンプル」にする力 -会社の「問題」と、自分の「課題」を混同するな

第2章 一流リーダーの、「選択と集中」マネジメント -「やること」「やらないこと」の見極め方

第3章 できるリーダーは、「この方法」で人を動かす -部下マネジメントに小難しい理論はいらない

第4章 結果を出すリーダーの、チームを一つにまとめる技術 -段取り力、指導力、調整力、人間的魅力…

第5章 伸びるリーダーの、仕事を面白くする発想法 -「いいアイデア」の出し方から「信念」のつくり方まで

 

気付き

(1)シンプル力を磨く四つのポイント

①感情の波を小さくする(部下を好き嫌いで判断しない。思考の軸がブレないようにする、②立ち止まる、③長期的な視点を持つ、④社内の人間と戦わない。なお、長期的な視点を持つためには、自分より上位の人の視点で物事を考える。「私が部長だったら」「役員だったら」「社長だったら」

(2)あらゆる仕事を改善する課題解決の技法

①自分(チーム)の課題を挙げる、②その課題の障害となる事象を挙げる、③事業を整理する、④真のテーマと最優先で取り組むことを設定する、⑤「WHY」を五回繰り返す、⑥解決策を考える、⑦具体的なアクションプランを決める。

(3)部下にちょっとした問いかけをする

部下が外に営業に出かけるとき、「今日はどこのエリアを回るんだ?」「今日はどんな方針で営業をする?」と問いかけるだけで、部署の営業成績が30%向上した。質問に答えることで、部下の頭が整理されたり、何かを準備し直したりするようになり、それが好結果につながった。

 

名言Select

上司が部下を育てるという考え方はおこがましい。仕事そのものが部下を育てるのだ。

 

リーダーの存在意義とは、究極的にはたった一つ。常に会社全体の成長・成功に寄与するために存在している。

 

感想

リーダーの意義について、一つの考え方が得られました。漠然とした問題の中で、課題の優先順位をつけ、自分事としてモチベートして、シンプルに分解して振り分け、管理すること。これを意識していきたいと思います。

 

NEXT ACTION

  • 自分より上の立場に立って長期的な視点で物事を考える。
  • 部下ができたら、こまめに質問をする。

★誰にも教えていない営業の裏ワザ トップ営業になれる根回し術 大岩俊之

f:id:akinaritodoroki:20190104134728j:plain

目次

はじめに

第1章 どの会社でも通用した営業方法とは

第2章 どうすれば、信頼関係が築けるのか

第3章 成績を上げてきた、営業の裏ワザ

第4章 信頼を築くコミュニケーション方法

第5章 営業は、雑談がすべて。現在のトレンドに敏感であれ

おわりに

 

 

気付き

(1)クレーム対応を味方につける

クレーム対応はすぐに訪問すること。クレーム対応でいいことは、普段会えないような人と会えること。何かあった時のために、お客様の品質保証部、品質管理部などと仲良くなっておく方がいい。大事になってくると上層部が出てくる。在庫の入れ替えなどがあれば毎日のように担当者と顔を合わせることになり、逆に信頼関係の構築につなげる。

(2)VAKモデルをコミュニケーションに活かす

人間は視覚(Visual)、聴覚(Audience)、体感覚(Kinesthetic)のどれかが優れている(VAKモデル)。たとえば、温泉の露天風呂に入っている時、視覚(色、風景、雰囲気)が印象に残る人、聴覚(水の音、虫の音)、体感覚(ぬくもり、感覚)が印象に残る人がいる。お客様が優位な感覚を分析し、それに話を合わせる。

(3)今、評判のモノを手に入れる

今評判のモノを手に入れると、必ずと言っていいほど話題になる。こちらが口下手であったとしても、相手が近寄ってくる。これを使わない手はない。

 

感想

お客様とは仕事の話をせず雑談に徹する、お客様から自社に怒りの電話をかけてもらい自社を動かす、同業社と仲良くする、メーカーの前で待ち伏せし、取引業者の後を付ける、、、など常識では考えられない営業テクニックが満載です。

 

NEXT ACTION

  • 話題作りのために、流行り物はチェックする。

★★ビジネスチャンスはこんなに身近に!地方自治体に営業に行こう‼ 古田智子

f:id:akinaritodoroki:20190104123146p:plain

目次

序 実績ゼロ!経験者ゼロ!寄せ集め軍団が超有名団体を倒すまでの60日

1章 時代はこんなに変わった!求められているのは対等な「ビジネスパートナー」

2章 おどろきの間口の広さ!地方自治体のお仕事徹底紹介

3章 そもそもお役所ってどんなところ?

4章 地方自治体とお仕事をしよう

5章 徹底攻略!お仕事の受注に欠かせない「予算」の基礎知識

6章 お仕事はこうして獲得しよう

7章 最高に信頼されるビジネス・パートナーになる方法

 

気付き

(1)自治体の予算

自治体の予算は、民間企業と根本的に発想が異なる。地方自治体では予算は議会で議決され、地域課題の解決や住民のニーズを満たすために投入される。原則として予算金額の範囲内で使われるのが原則。リスクを気にするため、事業実績が評価される。自治体予算の7原則とは、①総計予算主義、②単一予算主義、③予算統一、④予算事前議決、⑤会計年度独立、⑥予算単年度主義、⑦予算公開、の原則である。

(2)コンソーシアムの提案

自治体側の要件を満たす前提で、自社だけでは自治体ニーズを満たせなかったり他社との差別化や強みの無効化が難しい場合は、それができる製品やサービスの特徴を持つ他社と組んで提案することもできる(コンソーシアム)。

(3)自治体へのアポイントの取り方

民間企業と同じような営業をしてはいけない。コツは「開示されている行政資料を使う」こと。自治体が公表している行政計画や資料については説明責任があり、そうした公開資料への内容への質問や意見交換を目的としてアポイントを申し入れれば時間を取ってもらえる可能性が高くなる。時間は15分だと短すぎ本気度が疑われ、1時間だと負担になる。30分程度が適当。

 

感想

公共部門に対する営業について勉強したく手に取りました。自治体と仕事をするコツがわかりやすく書かれていました。

 

NEXT ACTION

  • アポイントを取るために、自治体の行政資料に目を通す。また、同規模の自治体の情報を持ってから話に行く。

★★利益を最大にする最強の経営計画 小山昇

f:id:akinaritodoroki:20190104131646j:plain

目次

はじめに 「経営計画」がすべてを変える!

第1章 「経営計画書」は、「立派な会社」をつくる道具

第2章 絶対に会社を潰さない「利益計画」の立て方

第3章 利益を最大化する「経営計画書」のつくり方

第4章 経営計画の「実行」と「定着」の方法

 

気付き

(1)会社経営に必要な3要素

①会社の「ルール」(規則・規定/方針など)、②目指すべき明確な「数字」「スコアボード」(事業構想/経営目標/利益計画など)、③「ルール」と「数字」を明文化した「道具」。たとえば、私たちが野球を見て楽しめるのは、ルールがわかっていて、スコアボードがあり、道具があるから。そのどれかがかけると野球はできない。経営も同じ。

(2)25%の法則

①扱っている商品・サービスの25%が、5年以内に開発した商品であること。②お客様の25%が5年以内に開拓した顧客であること。③働いている従業員の25%が5年以内に採用した人材であること。このうち一つでも該当していれば前年並みの利益が出る。商品もお客様も従業員も25%以上変わっている会社は急伸する。この三つが何も変わってない会社は例外なく業績が下がる。

(3)新規事業に関する方針

①社長または役員が担当する、②3年かけて評価する、③現在の収益を確保したうえで進める、④現業がうまくいっているときにはじめる、⑤銀行をチェック機関として活用する、⑥社歴よりも古いマーケットには参入しない、⑦マーケットのない分野には進出しない、⑧間違ったと思ったらすぐに撤退する、⑨迷ったときはやらない。また、「鉄砲ビジネス」はやらない。鉄砲は単価が高いものの、一度買ったらおしまい。しかし、弾は消耗品。鉄砲ではなく弾を売る方が会社の利益は安定する。

 

感想

小山昇氏は多くの著書を出されていますが、初めて読みました。「思考は現実化する」ではないですが、会社の経営計画をとにかく紙にすることで、その通りになっていくと説かれています。他の著書も読んでみたいと思いました。

 

NEXT ACTION

  • 自分の会社の商品、お客様、従業員が25%新しくなっているかチェックする。

★たった1時間で官公庁ビジネスがわかる本 改訂版 川畑隆一

f:id:akinaritodoroki:20190104125053j:plain

目次

はじめに

第一章 自社を知る

第二章 お客様を知る

第三章 信頼関係つくり

第四章 入札時の心得

第五章 ありがちな営業スタイルと商社の営業スパイラル

第六章 入札形式を知る

第七章 官公庁ビジネスでやってはいけないこと

 

気付き

(1)低入札価格調査

入札価格が予定価格を大きく下回った場合、発注者が業者に対し価格の内訳書などを提出させて適正な施工、役務が可能かどうかを調べる制度。工事に場合において国交省が調査に入る基準は工事によって異なり、予定価格の67~85%の幅で設定される。また国の場合、物品の製造、物品の役務に関しては予定価格の60%で設定される。

(2)仕様提案のポイント

①他社と比較して自社の強み・弱みを把握し他社のウィークポイントを探す。②現場の利用環境、課題の把握をする。③自社の優位項目とお客様のめりとの結び付けをする。④自社の優位項目と建前としての評価項目に結び付ける。⑤技術的要素の評価を行うことが重要である物は総合評価落札方式を提案し技術要素の評価基準は事前に作成し提案する。⑥入札仕様書の構成で仕様書を提案する。⑦お客様が納得して頂き仕様書を作成する。

(3)指名停止処分となる事柄

①談合、②競争妨害、③落札後の辞退、④契約不履行・入札仕様違反、⑤重大な労働災害

 

感想

表題にもある通り1時間で官公庁ビジネスの概要を掴めます。

★★ビジネスチャンスはこんなに身近に!地方自治体に営業に行こう‼ 古田智子

f:id:akinaritodoroki:20190104123146p:plain

目次

序 実績ゼロ!経験者ゼロ!寄せ集め軍団が超有名団体を倒すまでの60日

1章 時代はこんなに変わった!求められているのは対等な「ビジネスパートナー」

2章 おどろきの間口の広さ!地方自治体のお仕事徹底紹介

3章 そもそもお役所ってどんなところ?

4章 地方自治体とお仕事をしよう

5章 徹底攻略!お仕事の受注に欠かせない「予算」の基礎知識

6章 お仕事はこうして獲得しよう

7章 最高に信頼されるビジネス・パートナーになる方法

 

気付き

(1)自治体の予算

自治体の予算は、民間企業と根本的に発想が異なる。地方自治体では予算は議会で議決され、地域課題の解決や住民のニーズを満たすために投入される。原則として予算金額の範囲内で使われるのが原則。リスクを気にするため、事業実績が評価される。自治体予算の7原則とは、①総計予算主義、②単一予算主義、③予算統一、④予算事前議決、⑤会計年度独立、⑥予算単年度主義、⑦予算公開、の原則である。

(2)コンソーシアムの提案

自治体側の要件を満たす前提で、自社だけでは自治体ニーズを満たせなかったり他社との差別化や強みの無効化が難しい場合は、それができる製品やサービスの特徴を持つ他社と組んで提案することもできる(コンソーシアム)。

(3)自治体へのアポイントの取り方

民間企業と同じような営業をしてはいけない。コツは「開示されている行政資料を使う」こと。自治体が公表している行政計画や資料については説明責任があり、そうした公開資料への内容への質問や意見交換を目的としてアポイントを申し入れれば時間を取ってもらえる可能性が高くなる。時間は15分だと短すぎ本気度が疑われ、1時間だと負担になる。30分程度が適当。

 

感想

公共部門に対する営業について勉強したく手に取りました。自治体と仕事をするコツがわかりやすく書かれていました。

 

NEXT ACTION

  • アポイントを取るために、自治体の行政資料に目を通す。また、同規模の自治体の情報を持ってから話に行く。