BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★★伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い 柴垣樹郎 小宮謙一

f:id:akinaritodoroki:20170507094415j:plain

 

目次

序章 新人ならではの武器を知れ

第1章 伝説の新人は、スタートが違う。

第2章 伝説の新人は、チャンスのつかみ方が違う。

第3章 伝説の新人は、当事者意識が違う。

第4章 伝説の新人は、目標設定力が違う。

第5章 伝説の新人は、時間の使い方が違う。

第6章 伝説の新人は、解釈力が違う。

第7章 伝説の新人は、好かれ方が違う。

第8章 伝説の新人は、伝え方が違う。

第9章 伝説の新人は、スキルの盗み方が違う。

第10章 伝説の新人は、読書力が違う。

 

気付きTOP3

(1)チャンススパイラル

チャンスはぶっちぎった者に集中する。いい仕事をし続ける人はそれが評判となり、該当分野で案件が生まれたときに、常に第一想起されるようになる。どんな仕事でも相手の求めていること(期待値)を1%上回り続けることで、相手に印象を残し、チャンススパイラルに乗ることができる。「101%の法則」

(2)虫の目、鳥の目、魚の目

近いところで虫のような複眼を使い、様々な角度から注意深く見る。虫には見ることができない広い範囲を鳥の目で高いところから俯瞰する。魚が水の流れや潮の満ち引きを敏感に感じるように世の中の流れを敏感に感じる。

(3)ペーペーシップ

上司や先輩の心の中には、新人がするべきことのあたりまえの基準が明文化されていないながらも出来上がっている。これを指摘される前に行動できると「使える」ヤツと思われる。逆に行動する前に指摘されたらアウト。

 

感想

伝説になるためには、圧倒的な目標設定や勉強量が必要ですが、むしろ当たり前のマインドセットを着実に持って行動することが大前提ということを感じました。この本に書いてある思考習慣の多くは、別のところでも聞く話が多かったからです。しかし、このような基礎を徹底することが大事であることが再確認されました。

 

NEXT ACTION

  • すべての仕事に自分なりの+αを付加して101%にする!