BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★★雑談力が上がる話し方 30秒でうちとける会話のルール 斎藤孝

f:id:akinaritodoroki:20170618224744j:plain

目次

はじめに 「沈黙は怖い。でも雑談は苦手」な人が増えている

第1章 トークや会話術とは違う、雑談の5つのルール

第2章 これで気まずくならない!雑談の基本マナー

第3章 すぐにできる、雑談の鍛え方&ネタの仕入れ

第4章 ビジネスに使える雑談力

第5章 人、マンガ、テレビ。あらゆつ達人からテクを学ぼう

第6章 雑談力は雑草力。厳しい時代を「生きる力」そのもの

おわりに 雑談力は、生きることそのもの

 

気付きTOP3

(1)雑談のベストバランスは、相手8対自分2

話題支配率(相手主体の話題と自分主体の話題の比率)に気を配り、臨機応変に配分することが大切。基本は相手8対自分2が理想。顧客や取引先など仕事関係の人と交わすちょっとした雑談では、自分の話の比率を少し上げて、こちらから自分が発する話題で雑談をリードしていくといい。6対4や7対3でもいい。相手が話し好きの場合は、逆に相手の比率を上げる。

(2)「自意識」「プライド」のハードルを下げるとラクになる

そもそも「うまく話せなくて恥ずかしい」というのは、「話をしている自分が、相手にどう見られているか」という自意識の裏返しとも言える。結局は自分のことだけに意識が行き過ぎている結果として生まれる発想。そこには相手のことを考える気持ちが抜け落ちている。

(3)雑談で、つながりを確認する

雑談を交わすことは、居場所のない、所在のない状況に置かれたとき、自分と周囲のつながりを直接確認できる手段でもある。場の雰囲気を和ませるか、硬くするかは、多数派の人たちの方に責任がある。多数派から少数派やひとりの人に橋を架けてあげるべき。

 

感想

上に書いた3つは、すべて「相手目線」「相手主体」に集約されるのではないかと思います。斬新なアイデアが書いてあるような本ではないですが、雑談における基本的なマインドセットが再確認できました。

 

NEXT ACTION

  • 「話題泥棒」をせず、相手に質問することを基本にする、ひと段落してから自分の話をしてみるということを意識する。