BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★一流の記憶法 あなたの頭が劇的に良くなり「天才への扉」がひらく 六波羅穣

f:id:akinaritodoroki:20190102121922j:plain

目次

はじめに

第1章 記憶のメカニズム

第2章 記憶の原則

第3章 記憶法

おわりに

 

気付き

(1)記憶の過程

人間の脳だけでなく、パソコンなどでも一般に記憶の過程は三段階:①記銘(符号化)②保持(貯蔵)③想起(検索)

(2)記憶術

記憶術は主に4つの分類がある:①関係法(語呂合わせ、頭文字法など)、②一連法(音楽活用法、物語法、連想結合法)、③変換記憶術、④ペグ法(身体部位法、場所法など)。

(3)記憶の原則

記憶の原則は、注意すること、関連付け、手掛かりの数を増やす、手掛かりの負荷を減らす、情報の記憶しやすさ(すでに記憶しているものを含む、すでに自分の中で関連付けされている)、手続き記憶の活用、忘却への対処などが必要。

 

感想

記憶術については、自分なりにも受験生の頃に確立してきましたが、それが体系的に整理されたように思います。