BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★★まんがで身につく 続ける技術 石田淳

f:id:akinaritodoroki:20190120104610j:plain

目次

Plorogue 「続ける」ために必要なこととは?

Chapter1 「過剰行動」と「不足行動」

Chapter2 足りない行動の増やし方

Chapter3 やめたい行動の減らし方

Chapter4 「続ける技術」で目標を達成する

Epilogue 「続ける技術」があなたを変える

 

気付き

(1)行動とは

行動科学マネジメントのABCモデルでは、行動は3つの要素から成り立っている。A:先行条件(~だから)、B:行動(~する)、C:結果条件(その結果、~になる)。また、コントロールしたい行動をターゲット行動と呼び、過剰行動と不足行動の2種類に分類する。

(2)足りない行動の増やし方

ターゲット行動を増やすためには、①行動のヘルプをつくること、②動機付け条件をつくること、③行動のハードルを低くすることがポイント。不足行動を邪魔するものをライバル行動と呼ぶ。ライバル行動に対しては逆に、行動のヘルプを取る、動機付け条件を取る。

(3)続ける技術:フィードバックで見える化

フィードバックとは、目標の進捗状況を視覚的に把握すること。目標数値の場合は、グラフを記録する(例:ダイエットなど)。行動の場合は、カレンダーなどに行動をしたことをチェックするような見せ方が有効。

 

感想

なんとなく自分で工夫して行動管理はやっていますが、科学的なフレームを知ると参考になります。苦しまずにストイックな生活にはできるはずなので、もっと深く勉強していきたい分野です。

 

NEXT ACTION

  • 増やしたい行動は、細かなきっかけが起こるような仕組みをつくる。ランニングであれば、日常で少しだけ歩いたり走ったりすることを増やす。