BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★★プレイングマネジャー入門〜時間がない中で「自分の結果」と「部下の結果」を出すための5つのスキル〜 嶋津 良智

f:id:akinaritodoroki:20190714105716j:plain

目次

第1章 プレイングマネジャーに必要なこと

第2章 「リーダーシップ」を身につけるために

第3章 人間関係を円滑にする「コミュニケーション」

第4章 部下を成長させる「マネジメント」

第5章 プレイヤーとして「効率よく自分の結果を出す」方法

第6章 最強の「チーム」の作り方

第7章 プレイングマネジャーはマネジャーへの登竜門にすぎない

 

気付き

(1)プレイヤーとマネジャーの成功の方程式

プレイヤーの場合は、成果=能力+人格。人格が0でも能力さえあれば成果は上げられる。一方、マネジャーの場合は、成果=能力×人格。どんなに高い能力でも人格が0なれば成果も0になる。プレイヤーとしては優秀だけれどもプレイングマネジャーになったとたん力を発揮できなくなる人はまさしくこのタイプ。

(2)お金と部下の似ている性質

お金は自分たちを、大切に守り、使い、貯めて、増やしてくれる人のところに集まる。部下は自分たちを、何があっても守り、上手に使ってくれ、実績を積ませてくれ、成長させてくれる人のところに集まる。「問題児」も一人でも諦めて見捨てれば、チーム全員を失うことになりかねない。

(3)目標だけでなく目的をきちんと伝える

「なぜその目標に向かってがんばるのか」という目的を部下に伝えている人は少ない。目的という動機の部分が明確になっていないと、ちょっとしたアクシデントが起きただけでも、部下たちはすぐにあきらめてしまう。また部下一人ひとりの目的を明確にしてあげることも必要。自分の理想や夢と、会社から与えられた目標を結び付けてあげることで、部下は高いモチベーションを持って仕事に取り組むようになる。

 

名言Select

  • 正しいことをするのがリーダーで、正しくやるのがマネジャーだ。
  • 上司の究極の仕事は自分の仕事をなくすこと。
  • 才能とは脳に埋め込まれた情報の数である(野村克也)。

 

感想

プレイングマネジャーという立場に焦点を当てた本は珍しく購入しました。苦労しているプレイングマネジャーを応援する本です。

 

NEXT ACTION

  • 目標と目的はセットで伝える。