BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★知的社会人1年目の本の読み方 山口謠司

f:id:akinaritodoroki:20200419124814j:plain

目次

はじめに

第1章 ”本物の知識”をつける読書こそ知的社会人の基礎の基礎

第2章 「時間」と「労力」をムダにしない本の選び方

第3章 読解力が高まる本の精読術

第4章 本質を見抜く読書術

第5章 研究者的「知識の深堀り術」入門

第6章 「記憶に残し、引き出す」「積ん読防止」のための情報整理術

第7章 ”社会人としての魅力を磨く”本の使い方

 

気付き

(1)学は和漢洋を兼ねよ

学問をするときには、日本の和学と中国の漢学、そして西洋の洋学を学びなさいと言われる。江戸時代までの我が国の文化は、和漢の学によって作られ、明治時代以降はヨーロッパの学問が輸入され、それによって日本は近代国家をつくることになった。漢文は感情を雰囲気で伝えることには非常に長けたいるが、時制を持たないため抽象的な事象を説明したり、物事を分析的に考える思考に向いた言語ではない。日本に関わらず世界中の本を読むことで創造性は無限に広がる。

(2)本質を見抜く3つの基準

本質を見抜く読書法とは、①すべての文章は関連していると考えながら読む、②自分軸をもって本を読む、③ひとつの物事がなぜ起こったのか、その原因を考えながら読むこと。

(3)古典に触れる

古典は人類の叡智の結晶。新刊書の読書を普通の食事と考えるなら、古典の読書はビタミン剤のようなもの。新刊書を10冊読んだら、1冊は古典を読むというようにすると、深い人間観察眼もついていくもの。

 

感想

25万3200冊を読んだという著者。内容は少し抽象的で実用的ではないように感じました。

 

NEXT ACTION

  • 古典も時々読む。