BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★★「原因」と「結果」の法則(原題:AS A MAN THINKETH)ジェームズ・アレン(訳:坂本貢一)

f:id:akinaritodoroki:20200430100536j:plain

目次

はじめに

思いと人格

思いと環境

思いと健康

思いと目標

思いと成功

ビジョン

穏やかな心

 

気付き

(1)原因と結果の法則

人は誰も、内側で考えているとおりの人間である。私たちは、文字どおり自分が考えているとおりの人生を生きている。なかでも人格は、私たちがめぐらしているあらゆる思いの完璧な総和である。

(2)思いと環境

環境は人間を創らない。私たちの環境は私たち自身のことを外側に漏らすのみ。人間は自分の人格の制作者であり、環境の設計者である。私たちは、自分が「望んでいる」ものではなく、自分と「同種の」ものを引き寄せる。

(3)搾取と自由

搾取する者が存在するために、多くの人たちが奴隷のようにして生きている。一方で、奴隷のように生きている人たちがいるために、搾取する者が必要とされている。奴隷のようにして生きている人こそが問題という考え方もある。じつをいうと、搾取する人たちと搾取される人たちは、たがいに協力し合っている。人間は、あらゆる身勝手な欲望を放棄しているとき、搾取する側、される側のどちらにも属さず真に自由な状態にある。

 

感想

聖書に次いで一世紀以上ものあいだ多くの人々に読まれ続けている自己啓発の源流です。30分~1時間もあれば読める文量です。自分が内面で考えていることが、自分自身と人生を創る、至極当たり前のような気もしますが、それが全てです。