BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★★★人生の座標軸 「起業家」の成功方程式 堀義人

f:id:akinaritodoroki:20200504135828j:plain

目次

はじめに

第1章 人生の座標軸

第2章 個人

第3章 家庭人

第4章 組織人

第5章 日本人

第6章 アジア人・地球人

 

気付き

(1)頭で考えることよりも心で感じることを優先する

頭で考えた正しい意思決定よりも、好きだ・嫌いだという感情、面白い・つまらないという感情や直観を大切にする。頭で分析することのみの問題点は、前提条件が揃っていない、あるいは間違っている場合がある。感度分析を行うとわかるのだが、前提条件を少しでも変えてみると分析結果は大幅に変わる。自らの感情や直観はある意味では常に正しい。その正しい感情や直観と、頭で考えた分析・戦略が合致した時のみに、重要な意思決定を行うようにする。

(2)単純化しないと意思決定できない

「複雑性が高い経営の世界から、無駄なものを省いて単純化した後には、碁盤の黒石とと白石の世界が残った」つまり、複雑なものを複雑なまま捉えても、何ら意思決定ができない。ある程度単純化して、相関関係を持たせて、優先順位を付けることによって初めて意思決定ができるようになる。

(3)組織人として成功するための方法論

重要なことは、①自らの信念を持ち個を確立させる。そして能力と人間性を高める。②自らの信念と合致する、勝ち組の良い組織に所属する(あるいは自らがつくる)。③自らの信念と組織の理念・ビジョンを共鳴させて爆発させる。そして、可能な限り自由度が高い責任あるポジションに自らを置く。

 

感想

グロービス創業者である堀氏の著書です。自らのアイデンティティを、個人、家族、会社組織、地域人、日本人、地球人とどこまで広げて考えるかというアイデアは、この本を読む前から持っていましたが、まさしくそれについて書いてある本でした。組織の代表であるだけでなく、5児の父親であり、起業家組織のアジア代表である著者だからこそ書けた、凄い内容です。

 

NEXT ACTION

  • 心はどう感じたのかを問いかけてみる。
  • 家庭でもビジョンを策定する。