BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★頭がいい人の読書術  尾藤 克之

f:id:akinaritodoroki:20201206091923j:plain

目次

はじめに 本がたくさん読めて、アウトプットできて、楽しくなるコツ

第1章 頭がいい人の読書は何が違うのか?

第2章 本は全部読まなくてもかまわない

第3章 頭がいい人は、読んだら忘れない仕組みをつくっている

第4章 頭がいい人のネット・新聞・雑誌の読み方

第5章 頭がいい人は、本を読んで終わりにしない

おわりに 読書をすると、人生が劇的に豊かになる理由

 

気付き

(1)3分の1リーディング

ほとんどの本は、ページの上部分の3分の1を読むだけでも、ある程度の内容を理解することができる。タイポグリセミア(Typoglycemia)現象を利用して、上部分3分の1だけで内容の6~7割はつかむことができる。

(2)読んだ内容を記憶に定着させる

エビングハウスの研究結果のポイントとして、①何かを学ぶ時、それが意味のあるものなら暗記は容易であること、②逆にいみのないものはであればすぐ忘れること、③時間をかけることで、蓄積される情報量も増えてくること、④さらに復習を重ねるごとに、忘れにくくなり定着すること、⑤一気に覚えるのではなく、細かく分けることで効果がアップすること。したがって本を読んで1週間経過したら戻って読む反復読書が効果的。

(3)妄想で解釈に深みを

読書の際に大切なことは、著者の立場に立って読むこと。著者に寄り添い感じながら読むことで自分なりの解釈が生まれる。

 

感想

3分の1リーディングは確かに速読には効果的なように感じました。しかし、著者も本は好きに読んだらいいと言うように、自分も好きに読むならば、そこまで無理して速く読まなくてもいいとも思います...

 

NEXT ACTION

  • 本の復習をする(この記事を見返す)