BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★★★話を聞かない男、地図が読めない女 アラン・ピーズ バーバラ・ピーズ

f:id:akinaritodoroki:20201228121018j:plain

目次

第1章 同じ種なのにここまでちがう?◎偉大なる進化の過程

第2章 そうだったのか!

第3章 すべては頭のなかに◎これは事実?それともフィクション?

第4章 話すこと、聞くこと

第5章 空間能力◎地図と縦列駐車

第6章 思考、態度、感情◎災害の発生しやすいところ

第7章 不思議な化学変化

第8章 男は男、でも・・・

第9章 男と女とセックスと

第10章 結婚、愛、ロマンス

第11章 新しい未来へ

 

気付き

(1)男の脳、女の脳

私たちの思考や行動を決めるのは、胎児期に作られる脳の配線とホルモンの働きである。脳の配線と、全身を駆け巡るホルモン。私たちがこの世に誕生するずっと前から、この二つが行動と思考を支配している。決まった状況でどう行動するかという本能は、突きつめれば遺伝子が決めているのである。肉体上は男でも、大なり小なり女っぽい脳を持っている人は全体の15~20%存在すると考えられ、その多くはゲイになる。また女の約10%は男っぽい脳の持ち主だ。

(2)女はレーダー探知機である

女は家族が無事に生きていけるよう、子どもたちが病気でないか、お腹をすかせていないか、怒ったり落ち込んだりしていないか、ちょっとした変化にも気づかなくてはならない。しかし男は洞穴にいる時間が短いために、言葉以外の合図や、対人コミュニケーションを身につける暇がなかった。狩猟者である男は、遠くにいる獲物を追跡するため、注意がそれないようもっぱら前方が見えるように進化した。女の視野が広くなったのは、忍び寄る捕食動物をいち早く見つけるためだ。

(3)なぜ男は女に嘘をつけないのか

一対一のコミュニケーションでは、メッセのおよそ60~70%を非言語コミュニケーションが占めているという。声色は20~30%、言葉にいたってはわずか7~10%にすぎない。こうした情報を女は優秀な感覚装置で分析する。しかも左右の脳のあいだで情報をすばやくやりとりできるので、言葉や視覚、その他の情報を統合し、解釈するすべに長けている。面と向かっているとき、男が女に嘘をつけないのはそのためだ。

 

感想

男性と女性の違いは、狩猟時代からの本能による。様々な観点での男脳と女脳の違いをわかりやすく解説してあり、読み物としてとても面白かったですし、実生活にもきっと役立つ知識になります。