BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★★来場者4倍のV字回復!サンリオピューロランドの人づくり 小巻亜矢

f:id:akinaritodoroki:20210130203043j:plain

目次

プロローグ

第1章 すべては1本のリポートから始まった

第2章 朝礼と「かわいいトイレ」の効果は絶大!

第3章 人生は「想定外」でできている

第4章 ピューロランドの桃太郎が鬼退治しない理由

第5章 課題の「深読み」で、はぐくむ力を強くする

エピローグ

 

気付き

(1)「期間限定」「お試し」と言えば反対されない

何かを始めるときには、多少なりとも社内で軋轢が生まれるもの。「期間限定」や「お試し」というキーワードで実験させてくださいという姿勢で入れば反対されない。逆に、「改革」という旗を振ることはしない。改革という言葉は聞き手に現状を否定しているという印象を与える。

(2)ときには毒を吐く

人間、ときには愚痴を言うことも絶対に必要。心の中に溜まった毒は、そのままにしておくと腐ってしまう。そして心身を蝕んでいく。毒を吐く時間と場所を決めて、宣言してから吐き出してしまった方が、スッキリとした気分で過ごすことができる。

(3)上司の指摘の本質を考える

上司から指摘を受けたら、その本質は何かを見極めることが重要。直せと言われたから直しましたでは、何も良いことがない。考えない体質になってしまい、結果に対して無責任になる。

 

感想

ハローキティマイメロディシナモンロールといったかわいらしいキャラクターを有するサンリオのテーマパーク「ピューロランド」を運営するサンリオ子会社の社長による著書です。就任2年間で黒字転換を果たした人づくりの方法、そして小巻氏自身の壮絶な人生の歩みなどが綴られています。ピューロランドには一度行ってみたくなりました。

 

NEXT ACTION

  • 新しいことを始めるときには、軋轢を生まないように柔らかく始める。