BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★★★あなたの才能があなたを苦しめる 大嶋信頼

f:id:akinaritodoroki:20210214204711j:plain

目次

はじめに

第1章 欠点は最大の長所!?

第2章 嫉妬の攻撃をはねのける!

第3章 人は「発作」でうそをつく

第4章 「自己免疫」を整えて、迷惑な人を寄せつけない!

第5章 才能あふれる人たち(読者Q&A)

おわりに

 

気付き

(1)善意のフリをして足を引っ張る嫉妬の攻撃

 一般的に人は「相手が有利で、自分が不利」という条件で嫉妬の発作を起こす。そして、嫉妬される側は相手から嫉妬の電流を浴びた時に、相手の電流によってダメージを受けて「自分は不利」という状態になり、脳の電流のバランスが乱れて発作を起こし「自己破壊的」になってしまう。嫉妬で発作を起こしていると、自動的に口から「適当なうそ」が出てきてしまって、本人は「自分は親切心で相手に必要な情報を伝えている」とか心底思っている。正直、人間は「自分とその家族のことしか考えられない(下手をすると家族もどうでもいい)」のが本音。他人の将来のことを心配しているなんて大うそ。でも発作を起こしている時は「相手のためを思って言っている」と信じて疑わない。自分が悲観的な思考になっている時は、嫉妬の攻撃を受けている証拠。ネット上の炎上も「ルサンチマン」が原因で「自分がこれまで応援してきてあげた」ということで「自分の方が立場が上」だったのが、自分の方が下であるとなると嫉妬の発作が起きて「自分は弱者だから何をやってもいいんだ」というとんでもない思考になる。

(2)人は自分の事だけで精いっぱい

本心では他人なんてどうでもいいと思っているし、世間がどうなろうと自分自身は関係ない、というのが多くの人の中に流れる共通認識。善意を持っているように見える人たちも「ものすごい罪悪感」を抱えているから、その償いとして「いい人」になっているだけ。

(3)高潔さも嫉妬の条件

「謙虚で清く正しく生きる」人は嫉妬のシャワーを浴びまくる高潔さには謙虚さもつきもの。謙虚な相手は「自分よりも下」とみなすが、「清く正しい」というのは「自分よりも優れている」となる。なぜなら。嫉妬の発作を起こす時、「うそ」をついているために高潔さとは無縁になる。だから自分はうそで汚れているという自覚がなんとなくある。そこに「真面目な高潔な人」が近寄ってきたら「私よりもきれい」と思って嫉妬の発作を起こし、うそをつきまくる。高潔な人の「うそをつかないようにする態度」が周りの嫉妬を招く。「うそ」で高潔さを汚して、「みんなと同じうそつきですよ」とカモフラージュすることで、誰からも足を引っ張られなくなる。

 

感想

心理学の本もいくつか読んできましたが、嫉妬によって人を破壊すること、そしてそのことに本人は気付かないということが衝撃的な気付きでした。無意識に人を破壊してしまっていないか、気を付けないといけないと思いましたし、このことを知っていることで、自分も守れると思いました。