BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★★★「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく 東大思考 西岡壱誠

目次

はじめに

PART1 日常生活で「地頭力」がグングン高まる東大思考

 CHAPTER0 「東大生の頭のよさ」は日常生活でつくられる

 CHAPTER1 原因思考で「たくさんのことを一度に記憶」できるー東大生は「覚えることを最小限に」絞り込む

 CHAPTER2 上流思考で「難しいことを超わかりやすく要約」できるー東大生は「物事の背景」から考える

 CHAPTER3 目的思考で「どんな人にも必ず伝わる説明」ができるー東大生は「何のため」を明確にする

 CHAPTER4 裏側思考で「普通は思いつかないひらめき」が湧くー東大生は意識的に「複数の視点」で考える

 CHAPTER5 本質思考で「どんな問題もスラスラ解決」できるー東大生は「ミクロ」と「マクロ」を行き来する

PART2 「地頭がいい人」の頭の中はこう動いているー「東大思考」実践編

 CASE0 東大思考は「あらゆる場面」で「一生」使える

 CASE1 「よく覚えてるな、そんなこと!」と言われる人の頭の中【原因思考】

 CASE2 「めっちゃプレゼンうまいね!」と言われる人の頭の中【上流思考】

 CASE3 「あの人の指示、わかりやすい!」と言われる人の頭の中【目的思考】

 CASE4 「なんでそんなこと思いつくの?」と言われる人の頭の中【裏側思考】

 CASE5 「あの人に任せておけば大丈夫!」と言われる人の頭の中【本質思考】

おわりに

 

気付き

(1)本質はミクロとマクロの間にある

原因思考、上流思考、目的思考、裏側思考はすべてミクロとマクロを行き来するもの。原因思考は、結果(マクロ)から原因(ミクロ)を思考する。上流思考は見えているミクロな事柄から物事の流れというマクロを知ろうとする行為。目的思考は手段(ミクロ)を目的(マクロ)から逆算する行為。裏側思考は見えているミクロな事象に対して、マクロな見方を考える行為。そして、本質はいつもミクロとマクロの間にある。日常の解像度を上げることで、ミクロとマクロの間にある本質をつかむことができる。そして、本質には既に名前が付いていることが多い。

(2)原因思考で丸暗記せずに覚える(ペリー来航の例)

「1853年にペリーが来た」という年号を東大生は丸暗記しない。それが1853年だった理由を探す。ペリー来航の数か月後に、ヨーロッパでクリミア戦争が起こっている。当時、アメリカは「ヨーロッパで緊張が高まっている今なら、他国に邪魔されずに日本を攻めることができるかもしれない」と考えたのではないかと推測できる。また、アメリカが西海岸に領土が到達したのが1848年であり、そこから4~5年かけて黒船を作り上げたと考えられる。

(3)一を聞いて十を知る

一を聞いて十を知るというのは、1の情報から10の情報を想像できるという意味ではない。1に対する「ものの見方」を10持っている状態である。創造力とかインスピレーションではない。頭のいい人は、1つの考え方、1つの立場に縛られずに物事を考えることができる。

 

感想

東大生の思考法について、こんな風に考えているのかと驚くことばかりでした。英単語をカタカナ語や語源と結び付けて覚えることは自分もやっていましたが、ペリー来航の年号を暗記せずにその理由を考えるということは全く発想がありませんでした。事例は少しわかりにくかったですが、何度でも読む価値のある本だと思いました。

★★部下の哲学―成功するビジネスマン20の要諦 江口克彦

目次

はじめに

第一則 熱意とやる気がある

第二則 誠実である

第三則 明るさがある

第四則 思いやりがある

第五則 信念と使命感を持つ

第六則 すぐに行動する

第七則 シャープになる

第八則 聞き上手である

第九則 叱られ方がうまい

第十則 他人を立てる

第十一則 ”けじめ”をつける

第十二則 工夫をする

第十三則 報告・連絡・相談をする

第十四則 プラスαの仕事をする

第十五則 勉強、努力をする

第十六則 記号言葉をうまく使う

第十七則 遅刻、早退、無断欠勤をしない

第十八則 虚勢を張らない

第十九則 素直な心を持つ

第二十則 目標を立てる

 

気付き

(1)三つの誠実さ

誠実さは、人に対して誠実であること、仕事に対して誠実であること、自分自身に対して誠実であることの三つがある。まず第一に相手に対し、その人の人格に対して誠実であること。上司と部下の関係に限らず、すべての人間関係の基本はやはり誠実さである。

(2)明るさが仕事を生み、評価を生み出す

結局上司というのは、頼みやすい部下に仕事を頼むものである。喋りやすい部下、話しかけやすい部下、そういう明るい部下にはどんどん仕事が集まってくる。上司や部下の関係に限らず、人間社会の一般的な法則としてもそう言えるだろう。

(3)能ある鷹は爪を出さなくてはいけない

部下が何らかの才能を持っているのなら、何かをやる自信があるのなら、それをどんどん上司に言ってきてほしいもの。数多くの部下を持てば持つほど、部下の潜在的能力を発見するのは物理的に難しくなる。本田宗一郎氏は「いちいちこちらで才能を探すのは面倒くさい」と言っているほどである。

 

感想

「上司の哲学」の姉妹本です。松下幸之助氏に直接従事した著者です。こちらは部下向けのものですが、基本的=本質的で勉強になりました。

★★「人の上に立つ」ために本当に大切なこと(原題:The 21 Indispensable Qualities of a Leader)ジョン・C・マクスウェル

目次省略

 

気付き

(1)70:25:5の法則

リーダーには優先順位と集中力が重要だ。70%を強みに割り当てて、25%を新しいことに、そして5%を弱点に割り当てる。

(2)相手が話していないことを聞く・人間の六つの共通点

本当に聞かなくてはならないことを聞き逃さないためにすべきこと。人びと(部下、顧客、競争相手、助言者)の話を聞くことをスケジュールに組み込む。相手の立場に立って考える。行間を聞く。リーダーは人びとを理解しなければならない。人間というものは、自分が特別であると感じたがっている。だから誠実な気持ちで彼らをほめよう。人間はより良い明日を待ち望んでいる。だから彼らに希望を示そう。方向性を求めている。だから彼らに代わってうまく舵をとろう。自己中心的である。だから、真っ先に彼らのニーズに応えよう。落ち込みやすい。だから彼らを励まそう。成功を欲している。だから彼らが勝つのを手伝おう。リーダーはこれらの真理を認識し、一人ひとりを人間として扱わなければならない。

(3)リーダーにとってビジョンはすべてである

ビジョンは内面から始まる。まずは自分の内面を見つめることだ。そして、ビジョンは過去から生まれる。無から生まれる神秘的な資質ではない。本物のビジョンは遠大で、参加するすべての人たちに付加価値を与える。また、ビジョンは磁石のように、資源を集めるのに役立つ。

 

名言Select

  • 才能は選べないが、人格は自由に選べる。
  • リーダーシップとは、人びとに正しいことをさせる勇気の表現である(ジム・メラード)
  • 重要なことをするには、二つのことが必要である。計画と不十分な時間だ。
  • あなたの成長は、あなたの人となりを決定する。あなたの人となりは、あなたが引きつける人を決定する。あなたが引きつける人は、あなたの組織を決定する。

 

感想

世界的な名著のようですが、読むまでは知りませんでした。意外とコンパクトですが、本質がギュッと詰まっている本です。

★一流役員が実践している仕事の流儀 安田正

目次

はじめに

第1章 平社員と部長と役員の違い

第2章 三流の仕事 二流の仕事 一流の仕事

第3章 平社員で終わる人 部長止まりの人 役員に上り詰める人

おわりに

 

気付き

(1)ワインに「飲みやすい」と言ってはいけない。「特徴に乏しい」と言っていることに等しい。特にフルボディの赤ワインには飲みやすいと言わないように。一流は「素晴らしいチョイスですね」と言う。

(2)一流は、人の話をメモするのではなく、話を聞いて湧いてきた自分のアイデアをメモする。

(3)ネクタイにはディンプル(大剣の根元のえくぼ)を作る。外資系会社の外国人によっては、ネクタイにディンプルがない人とは話したくないと言う人さえいるほど。

 

感想

「仕事の哲学」の姉妹本です。一流の人は、目の前の仕事ができるだけでなく、あらゆることに造詣があることがわかりました。

★★バナナの魅力を100文字で伝えてください 誰でも身につく36の伝わる法則 柿内尚文

目次

はじめに

第1章 人は、正しいかどうかではなく「伝わったこと」で判断する

第2章 「伝わる」は7階建て構造

第3章 伝える技術 伝わる技術

第4章 「伝わる」人が実践している4つの行動

第5章 「伝えるのが面倒な人」への対応策

おわりに

 

気付き

(1)「伝わる」の7階建て構造

伝え方の課題は、伝える不足すなわち量の問題と、伝え方すなわち質の問題の二つである。伝わるとは、➀ゴール設定、➁納得感(理解する・腑に落ちる)、③相手ベース、④見える化、⑤聞く力、⑥親近感、⑦信頼感の7階建て構造になっている。また、伝え方とは「どう話すか」「どう伝えるか」のアウトプットに意識がいきがちがが、聞く力や親近感も「伝わる」の大事な要素である。

(2)ファクトとメンタルの法則

伝える時には、ファクトとメンタルを分けて考えること。さらに、両方を使うことが効果的。たとえば吉野家の「うまい、やすい、はやい」の「うまい」はメンタル、「やすい、はやい」はファクトである。ニトリの「お、ねだん以上。」は、ファクトとメンタルを両方のせた秀逸なコピー。

(3)結論を後にした方がいいとき

たいていの場合は結論から話した方が相手に伝わりやすい。結論を先に伝える場合は、論点の確認→結論→理由。論点の確認がちゃんとないまま話を始めたせいで、通る話が通らなくなることもあるので、先に論点の確認をすること。結論が後の方が良いケースは、厳しいことを伝える時、お客さんに商品やサービスを伝える時など。相手が原因や背景などをわからない段階で、いきなり結論を伝えることにリスクがある場合は結論は後にする。

 

感想

面白いタイトルですが、中身は伝え方についての本です。新しい学びがありました。

 

NEXT ACTION

  • ファクトとメンタルの法則を実践してみる。
  • 結論を先にするか、後にするかを使い分ける。

★一流役員が実践している仕事の哲学 安田正

目次

はじめに

第1章 平社員と部長と役員の違い

第2章 三流の仕事 二流の仕事 一流の仕事

第3章 平社員で終わる人 部長止まりの人 役員まで行く人

おわりに

 

気付き

革靴を履く時、平社員はカカトを潰しても気にしない。部長は靴ベラを使ってサッと履く。役員は必ずひもを結び直して履く。

 

感想

出世する人は、やはり人間力も高いということを感じました。

★★★ジーニアスファインダー 自分だけの才能の見つけ方 山口揚平

目次

はじめに

第1章 今こそ天才性を見つけよう

第2章 記憶を整理しよう

第3章 天才性を見つけよう

第4章 仕事と生活を再構築しよう

おわりに

 

気付き

(1)天才性とは

天才性とは、個人が生まれた時に授かっている、他者とはまったく異なる特性のこと。性質・キャラクターを表す個性や、能力を表す才能とは違い、固有のもの。人間は社会性と個性の掛け算で生存競争をくぐり抜けてきた種だが、昭和のコンストラクションの時代、平成のオペレーションの時代、そして令和のクリエーションの時代とパラダイムが変化している。これからは仕事を創る姿勢が必要。従来のストレングスファインダーからジーニアスファインダーへと転換していく。

(2)天才性を見つける

天才性を発掘するためには、自分の人生を振り返り、とげを抜いていくことが必要。振り返りの中でも特に重要なのは5~15歳くらいまでの期間。時間の心理的長さは年齢に反比例するため、50歳の人間にとって7歳までに人生の50%が経過していることになる。ちなみにとげが刺さった理由の8割は親からのものであることが多い。意識マトリックスで4つの方向(国語:想う、算数:描く、社会:観る、理科:感じる)から天才性を探す。

(3)仕事と価値

システムに対しての生き方は主に4つあり、➀システムの中で生きる、➁システムの外で生きる(アーティスト、フリーランスベンチャー経営者)、③システムを変える(少数の改革派、NPO、政治家)、④システムから逃げる(グローバル派)である。仕事の構造は、健康(エネルギー)を起点として、時間、価値、信用、貨幣を生み出すことである。価値とは、(専門性+確実性+親和性)/利己心という方程式で決まる。

 

感想

著者の独自の視点がとても面白かったです。読む時間がなければ図表だけを眺めるだけでも面白いと思います。

★★刑務官が明かす死刑の話 一之瀬はち

目次

第1話 執行担当に選ばれる条件

第2話 死刑に立ち会う刑務官

第3話 死刑囚の暮らし

第4話 死刑のルール

第5話 精神鑑定

第6話 死刑囚の移送

第7話 死刑が決まるまでの流れ

第8話 処遇部長

第9話 刑務所長

第10話 死刑に立ち会う医師

第11話 死刑に立ち会う検査官

第12話 教誨師

第13話 調達係 用度

第14話 拘置所で起こった事件

第15話 コロナ禍の拘置所

第16話 死刑にまつわる都市伝説

第17話 刑務官の過酷な仕事現場

おわりに

 

感想

普通に生活していればまず知りえることのない、刑務所の中のことを知ることができる本でした。

★★日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy 厚切りジェイソン

目次

はじめに

第1章 仕事・学業編

第2章 人間関係編

第3章 社会編

第4章 夢編

第5章 哲学編

第6章 人気ツイート集

おわりに

 

気付き

(1)自分の可能性を狭めない

やりたいことが大学で勉強していることと違うのなら、今軌道を変えなければ一生やりたくない仕事になるかも。今までの4年を捨てるか、これからの50年を捨てるか。つまり過去を捨てるか、未来を捨てるかということ。また無理やりに一つに絞るのは人間の可能性を制限することになる。英語には「本業」という意味の言葉はない。本業を決めてしまうことで、無理やりメインを決めてしまうことになり、自分の可能性を減らしている。ちなみにアメリカでは得意なこと、特技は聞き合ったりしない。代わりに何に興味があると聞く。

(2)どっちでもいいは卑怯

どっちでもいいは使わずに、どうでもいいを使う。自分にまったく関係のないことなら、本当にどうでもいいから。二つの選択肢のどちらが選ばれてようが人生に影響がないのなら、その話は関係ないからどうでもいい。仕事や将来に関わっていたりして絶対に選ばなくちゃいけない選択ならば、ちゃんと理由をあげてかたほうを選ぶ。重要の決断の放棄は無責任。

(3)実力を知らずに褒めない

挨拶しただけで日本語が上手だと褒められるのは腹が立つ。挨拶なんて日本語の教科書ですぐに学べること。14年毎日日本語を勉強してきた差を否定されているように感じてしまう。

 

感想

お笑い芸人の厚切りジェイソンさんの本ですが、外国から見た日本のおかしなところが鋭く書かれています。学びのある本でした。

★★サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法 チャディー・メン・タン

目次

序文(ダニエル・ゴールマン)

まえがき(ジョン・ガバットジン

イントロダクション サーチ・インサイド・ユアセルフ

1 エンジニアでさえEQで成功できる

2 命がかかってりうかのように呼吸をする

3 座らないでやるマインドフルネス・エクササイズ

4 100パーセント自然でオーガニックな自信

5 情動を馬のように乗りこなす

6 利益をあげ、海を漕ぎ渡り、世界を変える

7 共感と、脳のタンゴ

8 有能であってしかも人に愛される

9 世界平和への三つの簡単なステップ

エピローグ 空き時間に世界を救おう

 

気付き

(1)私の情動は私ではない

マインドフルネスの練習を十分に積めば、やがて微妙ではあるが重要な変化に気づく。情動は自分が感じるものにすぎず、自分ではないのだと思えてくる。情動は自分の存在そのものから、自分の経験するものに変わる。さらに練習すれば、ただの生理的現象に見えてくる。この変化は、自分の情動を克服できることを示唆している。なお、回復力には、内面の穏やかさ、情動的な回復力、認知的な回復力の三つのレベルで鍛えられる。

(2)脳のタンゴ

強い自己認識を持っている人は共感能力も高い。私たちは他人の生理的状態を真似ることで共感する(同調化・脳のタンゴ)。脳は自分の自己認識の装置を共感のために使う。共感能力は自己認識にかかっている。共感を深めるには、他人も「私とまったく同じ」と自動的に認識し、優しさをもって、誰にでも本能的に反応する心を生み出す必要がある。

(3)思いやりのあるリーダーシップ

思いやりは、他者の苦しみに対する気遣いの感覚と、その苦しみが取り除かれるようにしたいという強い願望とを伴う心の状態である。具体的には三つの要素がある:①認知的な要素(私はあなたを理解している)、②情動的な要素(私はあなたに同情する)、③動機づけの要素(私はあなたの役に立ちたい)。正真正銘のリーダーになるのは「私」から「私たち」に移行することが重要だ。

 

感想

マインドフルネスの最先端を走るGoogleのプログラムです。訳書の読みにくさもありなかなか頭に入ってこなかったですが、とにかくマインドフルネス(瞑想など)を実践しようと思いました。

★これだけは知っておきたい「ビジネス数字」の常識 椿勲公認会計士事務所

目次

はじめに これくらいは知らないと生き残れない!

プロローグ 専門家でない限り、この一冊で十分!

第1部 コスト感覚を身に付ければ、利益が出せる!

 Part1 「利益のカラクリ」を理解する

 Part2 「コスト」の中身を理解する

 Part3 Case Study どちらがトクか?あなたならどうする?

第2部 会計感覚を身に付ければ会社がわかる!

 Part1 決算書はココだけわかればいい!

 Part2 経営分析はこれだけできれば十分だ!

 Part3 Case Study 実際の会社の経営分析をしてみよう!

第3部 マーケティング感覚を身に付けなければ、売上は伸ばせない!

 

気付き

(1)粗利益率は製造業で23%以上、小売業で36%以上、サービス業で62%以上が望ましい。なお、営業マンは給料の粗利益は稼ぐ必要がある。

(2)おまけ付と割引、どちらが得か。顧客にとっては1つあたりの価格で考える。メーカー側では、工場の稼働状況に余裕があれば、固定費が既に回収できているので、おまけ付販売をした方がよい。

(3)赤字の製品を単純にやめればいいというわけではない。製造中止しても固定費が変わらないことがあり、その固定費を吸収するところがなくなり、他の製品が赤字になることがある。赤字よりも限界利益があるかが重要。

 

感想

かなりベーシックな内容ですが、読みやすかったです。

★★世界一わかりやすいコスト削減の授業 若井吉樹

目次

はじめに

プロローグ 突然の呼び出し

1限目 「現場」を知らずしてコスト削減はできない

2限目 できるだけこまめにつくろう

3限目 「ムダな動き」をなくせ

4限目 お互いに助け合えるしくみをつくる

5限目 結局、人を切る以外に方法はないのか?

6限目 「人を生かす」コスト削減の秘訣

7限目 価格の引き下げに挑戦する

8限目 人を大切にする会社 人に大切にされる会社

おわりに

 

気付き

(1)ECRSの原則と動作経済の法則

現場の作業や動作の改善を考える時のポイントはECRSの法則。すなわち、Elimitate(なくせないか)、Combine(一緒に出来ないか)、Rearrange(順序の変更はできないか)、Simplify(単純化できないか)。動作を取り除くことで、今までは減らせなかった時間を減らすことができるのが「動作経済の法則」。差表をする人がどのような動作を心がければ疲労が少なくよりたくさんの仕事をこなすことができるようになるかというものである。身体の使用、作業場の配置、設備・工具の設計に関する原則である。

(2)標準作業と段取替

いざという時に代打を頼めることが大事。安心して任せるためには、Man、Machine、Material、Methodの4つのMを有効に活用することが必要(標準作業)。段取替は、つくる製品を切り替える時の事前準備から、次の製品をつくりはじめるまでのことを言う。内段取(つくることをやめないとできないこと)と外段取(つくることをやめなくてもできること)の二種類がある。

(3)外注に頼むと損をする

いくら単金が安いからといって外注に仕事を出したとしても、これまで仕事をしていた自社の従業員がその分ほかに新しい仕事をしなければ、結局は損をする。

 

感想

3時間で読めると帯に書いてありましたが1時間以内で読めたと思います。工場の生産管理についてはあまり学んだことがなかったので、おそらく基本的な内容なのでしょうが、新鮮な学びがいくつかありました。

★中国:世界の工場から世界の市場へ~経済・食品・包装・環境~ 竹内一夫

目次

第1章 中国経済・社会の現状と展望

第2章 中国産業競争力と技術力

第3章 中国の食品工業と食品安全

第4章 中国の包装産業動向

第5章 中国の資源・エネルギー戦略

第6章 中国の環境問題とリサイクルの現状

第7章 中国に関するよくある質問(FAQ)

 

感想

著者が東洋紡の方なので、プラ包装関係の話に偏っています。2010年の本ですが、中国は特に1年ごとに状況が変わる国であると感じます。

★★21世紀の難問に備えて〈上巻・下巻〉 ポール・ケネディ

目次

<上巻>

序文と謝辞

第1部 グローバル・トレンド【世界の概況】

 第1章 プロローグ ー古い課題と新しい課題

 第2章 人口爆発

 第3章 通信革命と金融革命、そして多国籍企業の興隆

 第4章 世界の農業とバイオテクノロジー革命

 第5章 ロボットとオートメーションと新しい産業革命

 第6章 自然環境にせまる危機

 第7章 国民国家の将来

第2部 リージョナル・インパクト【各地域への影響】

 第8章 西暦二〇〇〇年以降の世界に向けた日本の「プラン」

 第9章 インドと中国

<下巻>

 第10章 発展途上世界の勝者と敗者

 第11章 旧ソ連邦と崩壊した帝国

 第12章 ヨーロッパとその将来

 第13章 アメリカのジレンマ

第3部 結論

 第14章 二十一世紀に備えて

解説 ー高坂正堯

 

感想

1993年の古い本ですが、学生時代からずっと持っていた本です。刊行から約30年経ちましたが、世界の変化は加速しているように思えてなりません。世界の問題は単純なものではなく、人口、経済、技術、環境が深く絡みついており、あまり表立って口に出しにくいですが、人口が増えることが大きな原因であるということは少なくともわかりました。

★★チャートで考えればうまくいく 一生役立つ「構造化思考」養成講座 安藤芳樹

目次

はじめに

chapter1 一生役立つシンプル思考法 「セブンチャート」の基本

 1 センテンスチャート

 2 定義チャート

 3 YES NOチャート

 4 要素チャート

 5 VSチャート

 6 プロセスチャート

 7 ランタンチャート

chapter2 脳内にチャート変換器をインストールしよう! セブンチャートトレーニン

chapter3 あなたは複雑に考えすぎている… 思考のアウトプットトレーニン

chapter4 「君の提案書、なんでこんなに見やすいんだ?」 実践!YESと言われる資料作り

おわりに

 

感想

現代文のテキストのようですが、タイトルにもあるように一生役立つフレームワークが学べます。短時間で読めるので、どなたでも一度読んでおくことをおすすめしたいと思った本です。