BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

学問・雑学

【中の人の著書】Environmental Thinking:環境分野の思考法から学ぶ日常生活へのヒント 轟晃成

目次 はじめに 【導入】環境問題とは何か? 根本的な議論 ~人間中心主義と自然中心主義~ 環境問題タイプA 人間の健康への悪影響(Ache) パターン① 急性・慢性毒性(有害化学物質への暴露) パターン② 内分泌攪乱 パターン③ 変異原性(放射能・未知のヒト…

★★人新世の科学: ニュー・エコロジーがひらく地平 オズワルド・シュミッツ

目次 まえがき ー人新世の科学 第1章 持続可能性への挑戦 第2章 種と生態系の価値 第3章 生物多様性と生態系機能 第4章 飼い馴らされた自然 第5章 社会-生態システム思考 第6章 驕りから謙遜へ 第7章 人間による人間のための生態学 第8章 生態学者とニュー・…

★★沈黙の春 レイチェル・カーソン

目次 まえがき 一 明日のための寓話 二 負担は耐えねばならぬ 三 死の霊薬 四 地表の水、地底の海 五 土壌の世界 六 みどりの地表 七 何のための大破壊? 八 そして、鳥は鳴かず 九 死の川 十 空からの一斉爆撃 十一 ボルジア家の夢をこえて 十二 人間の代価…

★★野球の科学 筒井大助

目次 第1章 ピッチングを科学する 第2章 バッティングを科学する 第3章 フィールディングを科学する 第4章 走塁を科学する 第5章 作戦を科学する 第6章 練習を科学する 第7章 精神面を科学する 感想 結構本格的で、雑学というよりも実際に野球をプレーする人…

★★エントロピーの法則―地球の環境破壊を救う英知 ジェレミー・リフキン/竹内均

目次 序章 地球温暖化を防ぐ英知 ー人類が初めて直面した”進歩”に対するブレーキ 1章 「エントロピーの法則」とは何か ー現代世界の混迷は、この法則の無視から開始された 2章 人間は、何を信じて生きてきたか ーギリシャから現代まで、西洋思想の歴史的考…

★★図解 社会学のことが面白いほどわかる本 浅野智彦

目次 はじめに プロローグ ちょっとだけ「社会学への招待」 第1章 社会学でわかる「私」という存在 第2章 社会学でわかる対人関係 第3章 社会学でわかる家族 第4章 社会学でわかる会社と仕事 第5章 社会学でわかる文化・風俗 第6章 社会学でわかる国家と政治…

★★環境問題とは何か 富山和子

目次 序章 環境問題の量と質 第一章 自然に対する思い違いをしていないか 第二章 森林はなぜ大切か 第三章 木を植える文化の国 第四章 日本人はいつ頃から木を植えてきたか 第五章 水問題を考える 第六章 「持続可能な開発」とは何か ー自己完結型社会 第七…

★★地球温暖化/電気の話と、私たちにできること 田中優

目次 はじめに 第一章 人類は滅亡に向かった着実に進んでいる 第二章 なぜ温暖化は止まらないのか 第三章 地域・家庭でできる二酸化炭素排出削減 第四章 送電網(グリッド)から自由になり、地域で発電・蓄電しよう 第五章 森林資源を活用した「炭素貯金」 …

★引っ越しで人生を変える 安彦和美

目次 はじめに 第1章 「引っ越しする」と決まったら 第2章 引っ越し前のスケジュール 第3章 いよいよ、搬出と搬入 第4章 引っ越しは、「転機」と「移動」である おわりに 感想 キャリアコンサルタントによる引っ越しをテーマにした本です。引っ越しの具体的…

★★これでいいのか滋賀県 鈴木士郎・岡島慎二

目次 まえがき 第1章 滋賀県ってどんなトコ? 第2章 滋賀県の歴史は当然、琵琶湖から始まる 第3章 滋賀県民ってどんなヒト? 第4章 そこそこ大都市なのに存在感が無い大津市 第5章 新住民が激増する湖南地域は理想郷か!? 第6章 近江の伝統が生きる湖東地域…

★★★新・環境倫理学のすすめ 加藤尚武

目次 はじめに 第1章 京都議定書の意義と限界 第2章 持続可能性とは何か 第3章 石油が枯渇する日 第4章 保全保存論争 第5章 自然保護と生物多様性 第6章 生物学と環境倫理学 第7章 ペンタゴン・レポート 第8章 自由市場と平等 第9章 国際化 第10章 リスクの…

★★ちいさな花言葉・花図鑑 宇田川佳子

感想 花言葉索引もありますので、創作活動などのネタにも使えそうです。もちろん、パラパラと眺めていても面白いです。

★★生物はなぜ死ぬのか 小林武彦

目次 はじめに 第1章 そもそも生物はなぜ誕生したのか 第2章 そもそも生物はなぜ絶滅するのか 第3章 そもそも生物はどのように死ぬのか 第4章 そもそもヒトはどのように死ぬのか 第5章 そもそも生物はなぜ死ぬのか おわりに 気付き (1)生き物が死ななけれ…

★★いのちと環境: 人類は生き残れるか 柳澤桂子

目次 はじめに 第一章 地球という環境 第二章 人間と環境 第三章 成長の限界 第四章 人間と気候変動 第五章 人類は生き残れるか 第六章 行く手をはばむもの 第七章 人類の未来に向けて

★彼女を守る51の方法―都会で地震が起こった日 渡辺実

目次 Brave Story ~ぼくたちが地震に襲われた日~ 第1章 Survive 第2章 Refuge 第3章 Life 第4章 防災ライフスタイル 感想 阪神大震災を念頭に、被災した時にどうしたらいいかのマニュアル的な本です。古いですが、中身はまともなので、一度読んでおく価値…

★まんがでわかる 福沢諭吉『学問のすすめ』 齋藤孝

目次 はじめに まんがを読む前に知っておきたい福沢諭吉のこと 第1章 出会い~有様の不同なるが故にとて他の検知を害するにあらずや~ 第2章 現代へ~天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず~ 第3章 再会~我心をもって他人の身を制すべからず~ 第4章 …

★★それで寿命は何秒縮む? 半谷輝己

目次 予習編 誤解を避けるための最低限の予備知識 第1章 ママさん必見!いろいろな飲み物・食べ物の損失余命 第2章 知らずにしている、なっている…あなたの行動・体質の損失余命 第3章 ホンネで解説!やっぱり気になる放射線リスクの損失余命 復習編 自分な…

★カラー図解 免疫学の基本がわかる事典 鈴木隆二

目次 PART1 免疫学の基礎知識 PART2 免疫システムの仕組み PART3 免疫システムの補助因子 PART4 感染症とアレルギー PART5 自己免疫疾患 PART6 移植免疫・がんと免疫 感想 新型コロナウイルスの時代でもあるので、基本的なことを知りたいと思い、読んでみま…

★★入門!論理学 野矢茂樹

目次 はじめに 第1章 あなたは「論理的」ですか? 第2章 「否定」というものは、実はとてもむずかしい 第3章 「かつ」と「または」 第4章 「ならば」の構造 第5章 命題論理のやり方 第6章 「すべて」と「存在する」の推論 おわりに 感想 論理学の入門書です…

★★あの人の声はなぜ魅力的なのか~惹かれる声と声紋の科学~ 鈴木松美

目次 はじめに 第一章 声と音の適材適所 第二章 音の不思議を科学する 第三章 声の秘密にズームイン 第四章 テンポと周波数 第五章 個人を特定する”声紋” おわりに 気付き (1)良い声とは 日本人に好まれるのは、低くて響きのある声(周波数60~90Hz)。声…

★★思いどおりに作詞ができる本 田口俊

感想 「ウイスキーがお好きでしょ」で知られる作詞家による本です。作詞は完全に感性によるものかと思いきや、理論的な部分があり、面白かったです。

★★感染症と文明 ー共生への道 山本太郎

目次 プロローグ 島の流行が語ること 第一章 文明は感染症の「ゆりかご」であった 第二章 歴史の中の感染症 第三章 近代世界システムと感染症 第四章 生態学から見た近代医学 第五章 「開発」と感染症 第六章 姿を消した感染症 エピローグ 共生への道 付録 …

★★感染症 広がり方と防ぎ方 井上栄

目次 第一章 病原体の伝播経路を知る 第二章 清潔化の歴史 第三章 清潔社会で起こる感染症 第四章 世界のなかの感染症 第五章 新型インフルエンザ 第六章 エイズ/性感染症 感想 この本を買ったのは4年前で積読になったいたのですが、新型コロナウイルスが流…

★★★一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書 山﨑圭一

目次 序章 人類の出現・文明の誕生 第1章 ヨーロッパの歴史 第2章 中東の歴史 第3章 インドの歴史 第4章 中国の歴史 第5章 一体化する世界の時代 第6章 革命の時代 第7章 帝国主義と世界大戦の時代 第8章 近代の中東・インド 第9章 近代の中国 第10章 現代の…

★★文化人類学の思考法 松村圭一郎・中川理・石井美保

目次 はじめに すべての考える人のために 序論 世界を考える道具をつくろう 第Ⅰ部 世界のとらえ方 1 自然と知識 環境をどうとらえるか? 2 技術と環境 人はどうやって世界をつくり、みずからをつくりだすのか 3 呪術と科学 私たちは世界といかにかかわっ…

★★図解 マナー以前の社会学常識 岩下宣子

目次 一章 おいしい料理で、楽しい食事 二章 日々の暮らしをなめらかにする、お見舞い・贈答・弔事 三章 恥をかかない日常のふるまい 四章 好感がもたれる言葉づかい 五章 いつも気になる、おつきあいのお金 感想 社会人としては、知っておかないといけない…