BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

小説・文学・読み物

★★長野のトリセツ 昭文社旅行ガイドブック編集部

目次 Part1 地図で読み解く長野の大地 Part2 長野を駆け抜ける鉄道網 Part3 長野で動いた歴史の瞬間 Part4 長野で育まれた産業や文化 感想 長野の地理が面白そうと思い手に取ってみた本です。このシリーズは長野以外も足を運ぶときには買ってみても面白いか…

★あなたは「言葉」でできている ひきたよしあき

目次 プロローグ あなたは「言葉」でできている CHAPTER1 言葉を科学する 考察篇 あなたをイメージさせる言葉とは? 言葉が放つ不思議なちから CHAPTER2 言葉力をアップする 表現篇 なぜ、あの人の話は引き込まれるのか? 相手に興味を抱かせるテクニック CH…

★★最後は臼が笑う 森絵都

痛快なオチの恋愛短編小説です。

★★神様の定食屋 中村颯希

お品書き 一皿目 チキン南蛮 二皿目 天たまかけご飯 三皿目 具だくさん豚汁 四皿目 フレンチ風オムライス 五皿目 「てしをや」名物・唐揚げ おかわり ほくほくおでん 感想 ほんわかとした気分になれる小説です。

★★生きてさえいれば 小坂流加

目次 第1章 手紙 第2章 春夏秋冬 第3章 六角ボルト 第4章 ブラックホール 第5章 半分色の違う血 第6章 12歳のポストマン 感想 『余命10年』の著者の遺作です。後半は特に引き込まれました。

★★仕事と人生に効く教養としての映画 伊藤弘了

目次 プロローグ 「トイ・ストーリー」は難しい? 第1講 映画を見たらどんないいことがあるか ー人生が劇的に変わる5大効用 第2講 映画史を知ればビジネスの基本がわかる ーイノベーションと産業の歴史 第3講 日本の古典映画はなぜ世界で評価されるのか ー黒…

★★日本人はなぜ欠けた茶碗を愛でるのか――日本のことがよくわかる本 中山理

目次 はしがき 序の巻 1 日本人はどうしてすぐに謝っちゃうの? 2 日本のアニメが世界中でヒットするのはどうして? 3 血液型性格判断が日本人に人気なのはどうして? 4 日本のトイレにトイレ専用のスリッパがあるのはどうして? 5 日本のカプセルホテ…

★★はつ恋 村山由佳

目次 卯月 ~花の名前 皐月 ~遠くのひと 水無月 ~虹色の雨 文月 ~打ち水のあと 葉月 ~外に咲く花 長月 ~ひとりの夜 神無月 ~金色の香り 霜月 ~最後の日々 師走 ~月に祈る 睦月 ~この年に 如月 ~いつかのこと 弥生 ~爛漫 後悔 爆発 初恋

★★余命10年 小坂流加

切ないラブストーリー 自分が余命10年になった時にどんな気持ちになるんだろうか胸を突きさされそうになります。 来年映画化されます。

★★★運転者 未来を変える過去からの使者 喜多川泰

目次 プロローグ デッドライン 運転手 ポイントカード 幸せの種 TAXI すべての努力は報われるか 蕎麦の味 実際あるけど、絶対ない 最後のレッスン 第二の人生 新しいスタート エピローグ 名言Select 多くの人は「運がいい」と言うとき、その前のことをまった…

★★津波からの生還 東日本大震災・石巻地方100人の証言 三陸河北新報社「石巻かほく」編集局

目次 はじめに Ⅰ 石巻市 Ⅱ 女川町 Ⅲ 東松島市 感想 東日本大震災で津波から生き残った100人の証言集です。2012年に発行されました。学生の時に石巻・女川を訪問した時に購入した本です。読み終わるまでに震災から10年が経過してしまいました。しかしまずは知…

★★和歌のルール 渡部泰明ほか

目次 はじめに ルールさえ知っていれば、和歌は、今よりずっと楽しめる 第1章 枕詞 -それは古風な約束事の言葉、訳せないけれど、意味がないわけではない。 第2章 序詞 -一見関係なさそうな事柄なのに、人の心に形を与え、わかった気持ちにさせてくれる。 …

★★地球の秘密―SECRET OF THE EARTH 坪田愛華

目次 第1章 地球の歴史を探れ‼ 第2章 自然界のバランスを知ろう‼ 第3章 現在の地球を探れ‼ 第4章 みんなで地球を守ろう‼ 第5章 その後のおはなし 第6章 感想(この本を作って) 名言Select 空を見ていると、自分がとても小さく見えるって言うけど、私は逆。…

★★ゴミ人間 日本中から笑われた夢がある 西野亮廣

目次 はじめに 山に登って絶望を見た 育児放棄をした過去 巡り巡る物語 信じ抜くんだ。たとえ一人になっても。 ファンとは何か? 時代が変わった日 僕らが起こした事件 「面白い」を基盤から作る 鳴り止まないエンターテイメント 『映画 えんとつ町のプペル…

★★宝くじで1億円当たった人の末路 鈴木信行

目次 第1章 やらかした人の末路 第2章 孤独な人の末路 第3章 逃げた人の末路 第4章 変わった人の末路 第5章 怠惰な人の末路 第6章 時代遅れな企業の末路 第7章 仕事人間の末路 気付き (1)グロテスクな漫画は子供から取り上げず一緒に読む グロテスクな漫…

★★堕落論  坂口安吾

日本は負け、そして武士道は亡びたが、堕落という真実の母胎によって始めて人間が誕生したのだ。 生きよ、堕ちよ。堕ちること以外の中に人間を救う道はない。 感想 とても短いですが、難解でした。

★★詩と出会う 詩と生きる 若松英輔

目次 はじめに 言葉は心の糧 第1章 「詩」とは何か 岡倉天心と内なる詩人 第2章 かなしみの詩 中原中也が詠う「おもい」 第3章 和歌という「詩」 亡き人へ送る手紙 第4章 俳句という「詩」 正岡子規が求めた言葉 第5章 つながりの詩 吉野秀雄を支えた存在 第…

★★置かれた場所で咲きなさい 渡辺和子

目次 はじめに 第1章 自分自身に語りかける 第2章 明日に向かって生きる 第3章 美しく老いる 第4章 愛するということ 名言Select 信頼は98%。あとの2%は相手が間違った時の許しのために取っておく。 感想 心にしみる言葉がたくさんありました。

★★病魔という悪の物語 ―チフスのメアリー 金森修

目次 はじめに 第一章 物語の発端 第二章 公衆衛生との関わりのなかで 第三章 裁判と解放 第四章 再発見と、その後 第五章 象徴化する「チフスのメアリー」 おわりに 感想 「チフスのメアリー」と呼ばれる、腸チフスの健康保菌者(キャリア)となってしまっ…

★★★人間失格 太宰治

感想 名作中の名作。映画版を見たり、解説を聞いたことはありましたが、原作を読んだのは初めてでした。意外と短く、とにかく引き込まれる筆致で一気に読んでしまいました。特に映画版では女性関係に特化していましたが、少年時代の闇など、女性関係にも見ど…

★★アタラクシア 金原ひとみ

感想 男女関係や人間の綺麗ではないところを生々しく描いています。 「アタラクシア」とは哲学用語で心の平静のことですが、 とても逆説的に聞こえます。

★★★ペスト カミュ(訳:宮崎嶺雄)

名言Select 愛は幾らかの未来を要求するものであり、しかもわれわれによってもはや刻々の瞬間しか存在しなかったのである。 感想 コロナ時代の今こそ読むべき本。色々な人が解説もしています。 解説を聞いた後でしたが、難解で長いため読むのは疲れました。 …

★★★新しい道徳 北野武

目次 第一章 道徳はツッコみ放題 第二章 ウサギはカメの相手なんかしない 第三章 原始人に道徳の心はあったか 第四章 道徳は自分で作る 第五章 人類は道徳的に堕落したのか? 名言Select 道徳は便宜の異名である。「左側通行」と似たものである。道徳の与え…

★★パラサイト・イヴ 瀬名秀明

科学系のホラー小説。 本物の科学者が書いているだけあって妙にリアリティがあり怖いです。

★★すぐそばも幸せにできないで。-半径5メートルのレシピ 高島大

目次 はじめに 第1章 すぐそばを幸せにする 第2章 夫婦で幸せになる 第3章 親子で幸せになる 第4章 恋愛で幸せになる 第5章 自分を幸せにする これから結婚されるあなたへ贈る手紙 名言 Select 「不幸せな人」は現実を見て心を決め、「幸せな人」は心を決め…

★★ようこそ、おまけの時間に 岡田淳

目次 1 茨の中、ひとりぼっち 2 ここでおこったことはだれも知らない 3 きみ、ほんとにきみかい? 4 おまけの時間にようこそ 5 茨とのたたかい 6 おわりは、はじまり 感想 児童文学ですが、大人でも楽しめました。子供も大人も、本当の自分と、社会の…

★女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと 西原理恵子

目次 はじめに 第一章 母と娘のガチバトル 第二章 スタート地点に立つために、できること。 第三章 夢見る娘とお金のハナシ 第四章 かあさん子育て卒業宣言 第五章 巣立ちのとき 第六章 女の子が生きていくときに、覚えていてほしい5つのこと。 終章 女の子…

★★誰も知らない世界のことわざ エラ・フランシス・サンダース

感想 身の回りのものでの例え方は世界で色々。ものの見え方が少しだけ変わりました。

★★翻訳できない世界のことば エラ・フランシス・サンダース

感想 面白かったです。言語は、それが育まれた文化において重要であるものにフォーカスされる、ということを感じました。

★★孫氏の兵法 守屋洋

目次 Ⅰ 始計篇 Ⅱ 作戦篇 Ⅲ 謀攻篇 Ⅳ 軍形篇 Ⅴ 兵勢篇 Ⅵ 虚実篇 Ⅶ 軍争篇 Ⅷ 九変篇 Ⅸ 行軍篇 Ⅹ 地形篇 Ⅺ 九地篇 Ⅻ 火攻篇 ⅩⅢ 用間篇 名言Select 逃げるのは積極戦略。トップとしての資格が問われるのは、劣勢に立たされた時の判断である。撤退の時期を誤らな…