BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★5年後も会社から求められる人、捨てられる人 井上和幸

f:id:akinaritodoroki:20210725151703j:plain

目次

はじめに

第1章 5年後も会社から求められる人、捨てられる人

第2章 ヘッドハンターはあなたの「どこ」を見ているのか

第3章 「あと一歩」が届かない人が捨てるべき習慣

おわりに

 

気付き

(1)会社で自由を獲得するには

自由を獲得したければ、自分が会社に対して正当に自由を求められる立場にあるかどうかを考えてみる。会社からもらっている給料の額面の、中小・ベンチャー企業なら2倍、大企業なら3倍以上の粗利を会社にもたらしていれば、会社とWin-Winな関係=仕事の自由を主張できる関係になっている。

(2)大切なのはポリシーではなく目標の達成

価値観の本質は「何を基準にどう生きていくのか」というポリシーと、目標を達成する過程の行動の方向性を示すガイドラインがある。例えば「挨拶をする・しない」ということが、価値観の基準に値しないと考えるのは構わないが、「挨拶をしない」ということにどんな目的があるのだろうか。逆に「挨拶をする」ことには仕事を円滑に進めることにつながるという目的がある。

(3)最初から効率ばかり考えない

効率化の目的が、ただ”仕事をラクにすること”や”ムダを省いて時間を短縮すること”だと思っている人は、まだ仕事に対して情熱を燃やしきれていないのではないだろうか。仕事をラクにしたいという気持ちの根底にあるのは、「仕事はたくさんした方が損で、短時間で済ませた方が得である」というものだ。「得か損か」という考え方よりも「のめり込めるか否か」を優先させて、ワクワクする仕事、長く続けられる仕事、エネルギーと時間を惜しまずにできる仕事にたどり着くことを目標としよう。

 

感想

ヘッドハンターによる本ですが、一般的に仕事ができる人とできない人の差について、よくある話として振り返ることができます。

 

NEXT ACTION

  • 根拠のない自分のポリシーよりも目標の達成に照らして考える。