BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★12万人が学んだ投資1年目の教科書 高橋慶行

f:id:akinaritodoroki:20210811132259j:plain

目次

第1章 投資1年目から投資家マインドを身につけるための6箇条

第2章 投資1年目から「安定投資家」になるための5箇条

第3章 投資1年目から利益を出すための9箇条

第4章 投資1年目から大損しないための8箇条

第5章 投資1年目から知っておきたい相場の仕組み5箇条

おわりに

 

気付き

(1)投資を自分でするメリット

一つは「お金を使ってお金を増やす」という収入タイプがこれからの時代には適しているから。労働収入だけで生活するには限界がある中、自分の頭脳に蓄積された経験や知識のそのものがお金に変わるという投資による金融収入源があることで心の安心感が持てる。さらに、世の中の動きがわかるようになる。事実をもとに自分で判断する力を養っていく「自立に向けた総合的な教養」も育むことができる。投資にはインベストメント(株式投資など)とトレードがあるが、初心者にはトレードがおすすめ。

(2)ダウ理論

ダウ理論とは、市場での値動きを評価するための理論。①価格(平均株価)はすべての事象を織り込む、②トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される、③主要なトレンドは3つの段階から形成される、④価格は相互に確認される必要がある、⑤トレンドは出来高でも確認されなければならない、⑥トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する。

(3)自分だけの取引ルールを作ろう

継続して利益を上げるという点においては自分だけのトレードルールを作るという姿勢が必要となる。トレードルールというのは自分の目標利益や投資用資金、自分の性格や日常的に使える時間、使える時間帯など、自分だけの条件を加味して自分流に作っていくもの。そして、経済に関心を持ち、相場との関係を学び続けよう。経済というものは、一般家庭、企業、政府の3つの登場人物が絡み合いながら作っていくものである。

 

感想

株式投資について知りたいと思っていましたが、投資よりも投機(トレード)に重点を置いた本でした。グラフの読み方など難しい内容もありますが、その世界のことがなんとなくわかりました。しかし当然本を読むだけでなく少しでも実際にやってみる方がわかるのは言うまでもありませんが。