BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★マンガでよくわかる 教える技術 石田淳

f:id:akinaritodoroki:20210905171003j:plain

目次

Prologue 行動科学で「教える技術」とは?

Chapter1 「教える」とはどういうことか?

Chapter2 どう伝えればいいのか?

Chapter3 ほめることが人を成長させる

Chapter4 継続するために

Epilogue 教える技術は最高のワザ

 

気付く

(1)知識と技術を分ける

教える内容は知識と技術に分類する。知識とは、聞かれたら答えられること。技術とは、やろうとすればできること。

(2)「わかりました」をあてにしない

何かを教えたら、その都度本当に理解したのか?本当に身についたのかを確認することを習慣にする。一つは復唱させること。次にレポートを書かせること。そして、成功パターン・失敗パターンを考えさせること。

(3)プロンプトとフェイディング

プロンプトとは正しい行動が起きるように補助してあげること。自転車の補助輪やプールで使うビート板のようなもの。フェイディングは、最終的にプロンプトなしで正しく行動できるよう、徐々にプロンプトを外していくこと。幼児の自転車に補助輪を付けているのは、補助輪なしで自転車に乗れることを目指しているが、職場では補助輪をつけたまま部下を走らせ続ける上司が少なくない。

 

感想

テーマごとに漫画になっており、わかりやすかったです。

 

NEXT ACTION

  • 教えた時には、復唱させる。