BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★★仕事と人生に効く教養としての映画 伊藤弘了

f:id:akinaritodoroki:20220104112244j:plain

目次

プロローグ 「トイ・ストーリー」は難しい?

第1講 映画を見たらどんないいことがあるか ー人生が劇的に変わる5大効用

第2講 映画史を知ればビジネスの基本がわかる ーイノベーションと産業の歴史

第3講 日本の古典映画はなぜ世界で評価されるのか ー黒澤・溝口のすごい仕事術

第4講 絵画のように映画を見る ー人間の真実を描いた小津の『東京物語

第5講 映画で考える「家族のあり方」 ー是枝裕和海街diary』の視線劇

第6講 映画のトリックに騙されてみる ーヒッチコックから学ぶ「バイアス」にとらわれない方法

第7講 映画の「嘘」を知る ー人の心を動かす映像戦略

最終講 あなたの感想が世界を変える ー情報を整理し、表現する力

 

気付き

(1)映画の効用

映画を見るメリットは、①感情の起伏を経験し、内省を深めることができる。②他人の人生を疑似体験できる。③異文化に触れることができる。④知識を身につけるきっかけになる。⑤人間としての魅力が増す。映画で疑似体験した複数の人生を現実の自分の人生に持ち込むことができる。たくさんの人生を知っている人は、それだけ他者への想像力を働かせることができ、広い視野から物事を眺めることができるようになる。

(2)語りの経済性

古典的なハリウッド映画は「物語を優先する」ことが特徴。各種の技法は、効率的な語り(語りの経済性)を実現するために動員されている。最小限のショットで効率的に映画を語ることは、現実的な経済、すなわち予算の問題とも関わってくる。

(3)映画の感想でコメント力を鍛える

映画の感想・コメントを継続的に書いて地力をつけていると、いざというときに身を助けてくれる。ボキャブラリーや知識が蓄積されることで、表現の幅が広がる。

 

感想

僕自身も、人生に効くと信じて映画をたくさん見て、この姉妹ブログの映画ブログも運営していますが、その背中を押してくれるような本でした。