BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★★これからの思考の教科書 論理、直感、統合ー現場に必要な3つの考え方 酒井穣

f:id:akinaritodoroki:20220123175757j:plain

目次

はじめに

第1部 ロジカル・シンキング(垂直思考)

 1 説得力を高めるためのロジカル・シンキング

 2 問題解決力を高めるためのロジカル・シンキング

 3 上手に話をするためのロジカル・コミュニケーション

第2部 ラテラル・シンキング(水平思考)

 1 ラテラル・シンキングを支える3つの発想法

 2 ラテラル・シンキングを刺激する3つのツール

 3 ラテラル・シンキングの考察

第3部 インテグレーティブ・シンキング(統合思考)

 1 記号としての言葉、象徴としての言葉

 2 考えるとは、どういうことか

 3 サバイバル・シンキング(生存思考)

 4 インテグレーティブ・シンキングとは何か

 5 インテグレーティブ・シンキングに関する考察

おわりに

 

気付き

(1)ロジカル・シンキング

論理的な思考法を身につけるということは、すなわち「個々の言葉の関係性がしっかりしていて、よく整理されている話」をつくり上げる力を得るということ。与えられた情報を、本質を失わない形で整理して再構成する「要約力」こそが、ロジカル・シンキングの本質。事実→理由→提案(結論)という構造において、構造が崩れるのは、ベースになっているのが事実ではなくて、たんなる推測や思い込みである場合、事実から提案が生み出されるときの理由に、因果関係が成立しない場合の二つしかない。

(2)ラテラル・シンキング

推論の方法は、インダクション(帰納法)とディダクション(演繹法)のほかにアブダクションがある。アブダクションこそ科学の諸概念や理論を生み出す唯一の論理的操作であり、もっともすぐれた科学的発見の方法である。アブダクションは「驚くべき事実Cが観察された。しかし、もし説明仮説Hが真であれば、Cは当然の事柄であろう。よって、説明仮説Hが真であると考えるべき理由がある」という形式である。技術の世界ではTRIZという発明の発想法がある。それは、①分割、②先取作用、③逆転の発想、④動きを取り込む、⑤周期的作用、⑥ピンチをチャンスに、⑦セルフサービス、⑧パラメータの変更といった原理がある。

(3)インテグレーティブ・シンキング

「学び」のサイクルは、気づき→言語化(ブログ・ロジカル)→関連付け(結びつける力・ラテラル)→再定義(共通点抽出・ロジカル)→気付き(情報収集・ラテラル)という、4つのステップがらせんを描くように発達・発展するもの。そして、この学びのプロセスは現実的には自己完結的ではなくて、組織の中で分業が可能であるという点が重要なポイント。

 

感想

シンプルな本ですが、読むとスッキリします。昔読んだ以来の読み直しですが、今であればよりいっそう実感を持って理解することができました。