BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★書く習慣 〜自分と人生が変わるいちばん大切な文章力〜 いしかわゆき

目次

はじめに 人生なんて、「書く」だけで変わる

第1章 言葉と仲良くなれば書けるようになる

第2章 習慣になれば書くのが楽しくなる

第3章 ネタを見つけられると止まらなくなる

第4章 ちゃんと伝わると嬉しくなる

第5章 読まれるともっと好きになる

第6章 「書く」ことが与えてくれるもの

おわりに 「書く」ことで変わるもの、変えちゃいけないもの

 

気付き

(1)好きなものを見つける

好きなものについて書くと、自分の中にある愛から生まれた熱量がギュッと詰まり、読んだ人にもその連鎖が広がっていく。情報量の多い今の時代、もっとも信頼できるのは「好き」というピュアな気持ち。好きなもの、熱狂できるものを見つけるには、心に読白が必要。好きという感情はとても儚い気持ち。好きだと思っているうちは、それが人生の糧になったりするのに、忙しくなって心の余裕をなくしてしまうとすぐに忘れてしまう。

(2)簡単な言葉を使うとは、思考すること

広く伝えたいことがあるのなら、「この言葉は中学生でも知っているレベルの言葉かな?」と、段階を一段スイっと降りて考えてみる。読み手に辞書を引かせたり、ググらせたりする必要なある文章は、思っている以上に届かない。

(3)自分しか知らないことを書こう

無意識のうちにやっている、自分では無益に感じられるその行為が、体験したことのない誰かにとっては「有益」になる。新しい発見を与えられたら、それは有益。

 

感想

何でも書いてみようと背中を押してくれる本です。