BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★★日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy 厚切りジェイソン

目次

はじめに

第1章 仕事・学業編

第2章 人間関係編

第3章 社会編

第4章 夢編

第5章 哲学編

第6章 人気ツイート集

おわりに

 

気付き

(1)自分の可能性を狭めない

やりたいことが大学で勉強していることと違うのなら、今軌道を変えなければ一生やりたくない仕事になるかも。今までの4年を捨てるか、これからの50年を捨てるか。つまり過去を捨てるか、未来を捨てるかということ。また無理やりに一つに絞るのは人間の可能性を制限することになる。英語には「本業」という意味の言葉はない。本業を決めてしまうことで、無理やりメインを決めてしまうことになり、自分の可能性を減らしている。ちなみにアメリカでは得意なこと、特技は聞き合ったりしない。代わりに何に興味があると聞く。

(2)どっちでもいいは卑怯

どっちでもいいは使わずに、どうでもいいを使う。自分にまったく関係のないことなら、本当にどうでもいいから。二つの選択肢のどちらが選ばれてようが人生に影響がないのなら、その話は関係ないからどうでもいい。仕事や将来に関わっていたりして絶対に選ばなくちゃいけない選択ならば、ちゃんと理由をあげてかたほうを選ぶ。重要の決断の放棄は無責任。

(3)実力を知らずに褒めない

挨拶しただけで日本語が上手だと褒められるのは腹が立つ。挨拶なんて日本語の教科書ですぐに学べること。14年毎日日本語を勉強してきた差を否定されているように感じてしまう。

 

感想

お笑い芸人の厚切りジェイソンさんの本ですが、外国から見た日本のおかしなところが鋭く書かれています。学びのある本でした。