BOOK LOG DIARY

~成長とは気付きにより思考が変わり、行動が変わり、結果が変わることである~

★★部下の哲学―成功するビジネスマン20の要諦 江口克彦

目次

はじめに

第一則 熱意とやる気がある

第二則 誠実である

第三則 明るさがある

第四則 思いやりがある

第五則 信念と使命感を持つ

第六則 すぐに行動する

第七則 シャープになる

第八則 聞き上手である

第九則 叱られ方がうまい

第十則 他人を立てる

第十一則 ”けじめ”をつける

第十二則 工夫をする

第十三則 報告・連絡・相談をする

第十四則 プラスαの仕事をする

第十五則 勉強、努力をする

第十六則 記号言葉をうまく使う

第十七則 遅刻、早退、無断欠勤をしない

第十八則 虚勢を張らない

第十九則 素直な心を持つ

第二十則 目標を立てる

 

気付き

(1)三つの誠実さ

誠実さは、人に対して誠実であること、仕事に対して誠実であること、自分自身に対して誠実であることの三つがある。まず第一に相手に対し、その人の人格に対して誠実であること。上司と部下の関係に限らず、すべての人間関係の基本はやはり誠実さである。

(2)明るさが仕事を生み、評価を生み出す

結局上司というのは、頼みやすい部下に仕事を頼むものである。喋りやすい部下、話しかけやすい部下、そういう明るい部下にはどんどん仕事が集まってくる。上司や部下の関係に限らず、人間社会の一般的な法則としてもそう言えるだろう。

(3)能ある鷹は爪を出さなくてはいけない

部下が何らかの才能を持っているのなら、何かをやる自信があるのなら、それをどんどん上司に言ってきてほしいもの。数多くの部下を持てば持つほど、部下の潜在的能力を発見するのは物理的に難しくなる。本田宗一郎氏は「いちいちこちらで才能を探すのは面倒くさい」と言っているほどである。

 

感想

「上司の哲学」の姉妹本です。松下幸之助氏に直接従事した著者です。こちらは部下向けのものですが、基本的=本質的で勉強になりました。